無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« コーヒーショップでお勉強 | トップページ | 日々の暮らし »

2010/06/29

漢方の記事

またまた漢方のお話です。

今日の産経新聞に「漢方のちから」(クローン病に「大建中湯」というタイトル)
という記事が載っていた。
(2)となっているから、どうやらシリーズものらしい。

「日本の漢方に海外の研究者が熱い視線を注いでいて、なかでも米国は日本の漢方
「大建中湯」を臨床につかうための研究を急ピッチで進めている」という内容。
(ちなみに漢方というのは日本で出来た言葉で、中国では中国医学と西洋医学を
合作した中医学がおこなわれている)

大建中湯は処方せんでも最も多く見かける漢方薬だ。
ちなみに、保険適用される漢方薬には番号が付けられていて、大建中湯は分かり
やすい100番となっている。これと1番の葛根湯(かっこんとう)だけは覚えて
いるんだけど、ほとんどは薬剤名を読むのにも苦労している。

Photo
(両国の漢方薬局)
Photo_2
(この高札、勉強になりそうだわ)

漢方ではないが、毎日新聞には「高脂血症の人、脳卒中死亡率は半分」という
コラムがあった。
クモ膜下出血の死亡率では、高脂血症でない人が17.3%なのに対し高脂血症の人は
6.3%だったという。脳梗塞や脳内出血でも同じようなデータになっている。

「コレステロールは血管の材料になるので、高いほうが血管には良いのだろう」と
いう研究者の言葉が載っていた。必ずしも「コレステロール=悪」じゃないのね。

クモ膜下出血で亡くなった母は、食物のない戦中戦後を生きてきたので痩せて
いた。コレステロールなんて身体のどこにもなさそうだったな~。
そのてん私はコレステロールたっぷりだから、クモ膜下出血に関しては少しは
安心していいのかな。1年ほど前に受けたMRI検査では、とりあえずセーフ
だった。

でも生活習慣病には気をつけないと。大事なのはやっぱりバランスなんでしょうね。

« コーヒーショップでお勉強 | トップページ | 日々の暮らし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ろうまさん、漢方薬局というと後ろに原料となる葉っぱや怪しげな乾燥した虫だとか爬虫類などが瓶に入って並んでいる暗ーいお店を想像しますが、いまや保険薬となって違うイメージですね。

たくさんの漢方が保険が効くようですが、漢字が多くて管理したりするのは大変そうです。原料が生薬だから産地や採取された時期によって効き目も違いがないのでしょうか。

ところで私はコレステロール高いです。
母は肝臓ガンでしたが、肝臓が悪くなるに従ってコレステロールが下がってきてコレステロールは肝臓でつくられるのでコレステロールが低いのは肝臓の機能が悪いからなんだということでした。
だからコレステロールが低い人は飢餓状態だとか、肝臓機能が悪いとか、消耗するような病気のことが多いのだそうです。
前の会社の同僚も高脂血症で薬飲んでいたのに、肝炎になって肝臓が悪くなったら高脂血症がなくなって、薬を飲まなくても良くなって喜んでよいのか悪いのかわからん、と言ってました。

という訳で今のところ私もコレステロールが高いのは肝臓が元気な証拠?と考えてます。

HANAさん、保険適用の漢方薬はエキス顆粒のものが多く、見かけは西洋薬と変わりません。こちらは医師の処方せん通りに出すだけです。

でも漢方薬局となると、その人の症状にあわせて生薬を組み合わせたりするようです。こうなると薬剤師の力量がものを言いますね。
私が知っている薬剤師は、漢方の専門家でない人も、病院に行かず自分にあった漢方薬を飲んでいる人が多いです。

生薬の質の違いは分かりませんが、西洋薬でもジェネリックは信用できないという人もいますから、効き目に大差はないと思うしかないですね。とりあえず飲んでみて、自分にあうかどうか確認するのが大事みたい。

それからコレステロールと肝臓の関係をおしえてくださって有難うございます。いや~納得しましたよ。私はお酒好きのわりには肝臓のγ-GTP数値がいいんです。bottleで肝臓を鍛えているからかと思っていました(^_^)v 無理やりコレステロールを減らして健康を害するより、現状維持を心がけたほうが良いようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コーヒーショップでお勉強 | トップページ | 日々の暮らし »