無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 北京旅行 お茶でひと休み | トップページ | 龍馬展 »

2010/06/03

天壇公園 庶民の熱気むんむん

天壇公園は今回の北京旅行で目的にしていた唯一の世界遺産だ。

明代に皇帝が祈りをささげたところで、祈念殿などの建築群をとりまくように
広大な公園が広がっていて、一般市民がさまざまなパフォーマンスを繰り広げて
いる。建築物よりこっちのほうが断然面白かったな~。

S

地下鉄「天壇東門駅」でおりて、東門から入る。案内板には日本語も。

S_2

東門から祈念殿に向かって長い屋根つき廊下が延びている。(72長廊)
むかしは祭祀道具を運ぶために使われたらしいが、今は囲碁やカラオケなどを
楽しむ人たちで満員盛況だ。

S_3

一人っ子政策をすすめている中国にとっても、高齢化社会は深刻な問題だ。
高齢者が健康で暮らせるよう、どこの国も対策を練っているだろうが、中国では
市内にある広大な公園を市民のレクリェーションの場所として活用している。

S_4

S_5

高齢者がここに来て交流すれば、心身ともに活性化されるし、それぞれの状態も
知ることができる。何より経費が安く済む。グッドアイディアだわ。

S_6
(天壇公園内の2kmのウォーキングコース)

S_7

いちばん多く見かけるのがダンスのグループだ。

S_8

入場料が必要なところは観光客だけ。

S_9

この観光客グループは男性は黒、女性は赤のユニフォームを着ていて、目立った。
どこかの宗教団体かしら?

S_10

S_11

西門の周辺は、すみれが絨毯のように群生していて、見ごたえあった。
建築物よりパフォーマンスとすみれ方が印象に残った、世界遺産「天壇公園」
だった。

« 北京旅行 お茶でひと休み | トップページ | 龍馬展 »

旅・中国」カテゴリの記事

コメント

すみれの群生って見たことないですが、小さな花だけに余計迫力ありそうですね。

私が中国を旅したのは2007年が最後ですが、その時もお揃いの色の帽子を被った集団とか、お揃いの洋服を着た集団によく出会いました。
まるで幼稚園か小学校の遠足みたいな中国の団体旅行者でした。
そして、中国の方って赤と黒のコーディネイトがお好きな感じがしました。
それ以来、赤と黒の配色になると中国っぽいなと思ってやめることがよくあります。

ろうまさん、天壇公園は今までに3度行きました。

最初ははじめて中国に個人で行った時。2日続けて行ったんです。
まだ外国人料金があったころで、中国人と比べて法外に高い入場料を払っていたのに、すぐ閉まってしまって翌日はまた払えと言われて着れちゃいましたよ。でも頑張ったら前日の券で入れてくれました。
広くて見どころが多いですよね。

数年前に格安ツァーで行った時、このたむろしている老人たちを見ました。楽しそうでした。でも、見学時間がたったの15分sign02次にシルク屋さんに1時間近くいたのでその時間あればもっと天壇公園の良いところがわかったのにと思うと残念でした。

地図に日本語の案内が表示されるようになったのはオリンピックがきっかけかも知れません。どちらにしても旅行しやすくなりました。

私も一昨年、西安の公園で、たくさんの人達のグループが、パフォーマンスをしているのを見て、こういうのいいなぁ~、と思いました。
やはりダンスのグループが多く、中にとっても上手いカップルとかいてしばし見とれてしまいました。

>うららさん

黒と赤のおそろい衣服の集団は、みんな欧米人だったんです。
観光客はラフな格好が普通でしょ?だからちょっと異様な感じがしました。
サテンっぽい上下の衣服はパジャマみたいで、これが中国人だったら、そんなに不思議に思わなかったかもしれません。中国人(上海人?)はパジャマで外出するって言いますからね。

すみれの野原は圧巻でしたよ。写真をたくさん撮ってしまいました。
でも私は植物の知識がないので、たぶん(すみれ)だろうとしか言えないんですが。

>HANAさん

天安門広場に3度というのは分かりますが、天壇公園に3度も行く人はあまりいないんじゃないかしら(^_^)
外国人料金があった頃というのはスゴイですね。その頃のほうが、頑張って広大な公園内を歩き回ったかもしれません。簡単に中国旅行できない時代でしたからね。

その時代の中国の状況と比べれば、今は隔世の感がありますね。
インターネットも(検閲はやめろ!>中国当局)電子機器も、信じられないスピードで普及しました。

それにしても、堂々と人前でパフォーマンスを披露する中国人を見ると、日本人とのメンタリティの違いを痛感しますわ。

>マンデーさん

私が最初に公園のパフォーマンスを見たのは、上海の魯迅公園でしたた。公園内には高齢者向け健康遊具のようなものがあって、日曜日だったせいか医療従事者が無料健康診断をやっていました。

その後杭州の西湖のほとりや、西安の「阿倍仲麻呂の碑がある公園」など、中国の公園というとダンスや合唱をするグループに出会いました。

それにしても中国人は物怖じしない民族ですね。下手でも恍惚と歌や踊りを披露しています。内気な私なんぞ、圧倒されっぱなしですわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北京旅行 お茶でひと休み | トップページ | 龍馬展 »