無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« インターネット検索・北京のホテルとエケコ人形 | トップページ | 中国のモダンアート(中国美術館) »

2010/05/16

中国のモダンアート(大山子798芸術区)

私が持って行ったJTBの「タビトモ」という北京のガイドブックに、「大山子
798芸術区」のことが載っていた。

7981s

中国のモダンアートが世界的に注目されていて、北京には芸術家たちが集まって
制作している地域があると聞いたことがある。どうやらその地域というのがここ
らしい。

7985s

北京3日目は朝早く天壇公園に行き、午後はこの芸術村に行くことにした。
ガイドブックには東直門バスターミナルから401路バスと書いてあったのだが、
私は何を勘違いしたのか798芸術区に近い三元橋に行ってしまった。
ここもバスが通るのだが、どこで何行きに乗ればいいか分からず、結局そこから
タクシーに乗った。料金18元。

79812s

ここは元軍事工場だったところで、工場番号が798であったことから「798
芸術区」と呼ばれている。バスが走っている大通り(酒仙橋路)から狭い路地に
入って行くと、(入口に798と書かれた看板がかかっている)あるある奇妙な
オブジェのようなものが。

79816s

最近は工場跡地を美術館として再生したものが多い。ごつごつした機械設備が
巨大なモダンアートみたいに見える。

79810s

ギャラリーも大小いろいろ。東京の画廊もあった。たいてい入場無料だが、撮影
禁止のところもある。

79813s

7984s

79817s

芸術区にはオシャレなカフェやレストランがあるので、その雰囲気に誘われて
訪れる人も多いようだ。新しい観光名所になりつつある。お腹が空いたので、
レストランで「東京之旅」(Tokyo trip)というお料理を食べた。

7982s

7986s

7987s

きのこ、パプリカ、ブロッコリーなど何種類もの細切れ野菜とパスタを煮込んだ
もの。パスタがうどんのようだったけど味は悪くない。ペロッと平らげた。

79818s
(ユンディ・リのコンサート、聴きたいな。あいちトリエンナーレのポスターも)

79820s
(このオブジェはわりと好き)

帰りは「東直門外」行きのバスに飛び乗った。(東直門外と東直門が同じところ
なのか別なのか?)車掌さんに1元渡したら何か言っているが、通じないもの
だから、あきらめて1元の切符を切ってくれた。

でも乗っていた距離からして、1元じゃなさそうだ。私はバカの一つ覚えで、
バスは1元と信じ込んでいたんだけど、車内の路線図にはゾーンごとに料金が
違うような表示がしてあった。
終点の東直門バスターミナルで下車するとき、1元札を何枚か出して不足額を
払おうとしたが、気のよさそうな車掌さんは、「いいのよ」と言って受け取らな
かった。そういえば1元の市内バスはワンマンで、車掌は乗っていなかったな。

79824s

東直門は大きなバスターミナルで、地下鉄やエアポートエクスプレスの乗り換え
駅でもある。入口に近いところに、大山子方面に行くバス乗り場があった。
このルートだと13番のバス停でおりる。

79822s

79823s

ちなみに、ガイドブックに書いてあった401路のバスは奥の1番乗り場。

バスターミナルの真向かいには「銀座モール」という大きなショッピングモールが
あって、吉野家など日本のファストフード店がそろっていた。
地下で地下鉄とつながっている。

東直門はどこに行くにも便利な駅だ。ここから徒歩圏内のホテルに泊まるのも
いいかもしれない。

(写真をクリックすると拡大されます)


« インターネット検索・北京のホテルとエケコ人形 | トップページ | 中国のモダンアート(中国美術館) »

旅・中国」カテゴリの記事

コメント

ろうまさん、798芸術区の紹介ありがとうございました。

やはり面白そうですね。一度行って見る価値がありそう。
昔工場だったのがスペースの面でも芸術家にとっても刺激になるのかもしれませんね。

このあたり倉庫街だったNYのソーホーと通じるところがります。
おしゃれなお店が出来始めるとそういう人たちが集まってますますおしゃれになるのでは。

しかしなぜこの料理が「東京之旅」なのか。まぁ美味しければよいのですけど。

HANAさん、こんにちは。

最近は、古い建物をアートギャラリーに再生させる試みが、世界各地のブームになっていますね。アートと工場の残骸が、ふしぎとマッチしています。廃れた工場が、別の魅力を見せていますわ。

作品の良し悪しは判断できませんが、世界遺産めぐりに疲れたらこういうところでブラブラするのも楽しいです。空港から市内へ行く途中にあるので、もし帰国便が遅い時間だったら、荷物を空港においてタクシーで往復してもいいんじゃないかしら。

確かにTMさんの言われるとおり。
文化世界遺産ってお城に教会、神社仏閣、そしてお墓参りみたいな感じですものね。

レストランで召し上がられた「東京の旅」
なんでこんなネーミングなんだろうと私も思って拝見していました。
あちらの人の東京のイメージってこうなのかしら。

うららさん、798芸術区は中国というよりアメリカみたいな雰囲気でした。カフェもレストランも洋風でしたから。

このお料理がどうして「東京之旅」なんだろうって、私も不思議に思って注文したんですよ。いろんな野菜が入っていたので、何でもあるごった煮都市って意味かしら?

たしかにお料理はごった煮でしたわ。

中国はビールの種類が多くて、また美味しいんです。
これまで中国では燕京ビールばかり飲んでいましたが、このときは青島ビールにしました。青島はビールの本場ですから、やはり美味しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インターネット検索・北京のホテルとエケコ人形 | トップページ | 中国のモダンアート(中国美術館) »