無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 東京も桜咲く | トップページ | 高齢化社会の医療費 »

2010/03/25

カラヴァッジョ散歩(ローマ)

最近の検索フレーズランキングに「カラヴァッジョ」の名をよくみる。
現在ローマで「カラヴァッジョ展」をやっているので、GWにこの展覧会を目的に
ローマに行く人もいるんでしょう。

それで、多少なりとも参考になればと、「カラヴァッジョ訪ねてローマ散歩」を
アップすることにした。

まずはクィリナーレ広場で開催中の「カラヴァッジョ展2010」

Img_3120s
(ローマ市内のあちこちに展覧会を知らせるボードがあった)

私が行ったのは、展覧会が始まったばかりの2月23日夕方6時ごろだったので、
スンナリ入場できた。でも館内はかなり混雑していた。東京の展覧会の混雑ぶりに
比べれば、人が途切れるのを待ってジックリ鑑賞できたので、だいぶマシでは
あったけど。


(you-tubeの画像を貼り付けてみました)

聞くところによると、この「カラヴァッジョ没後400年展」は、現在イタリアの
展示会入館者数記録を大幅に更新中で、連日長い行列ができているとか。
展覧会ってものは、没後400年等伯展もそうだったけど、終わりに近づくに
つれて混雑がひどくなる。ねらい目は週末の夜かな。夜遅くまでやっているからね。

Img_3129s
(クィリナーレの丘からクィリナーレ通りを行くと四つの噴水がある。
クィリナーレの丘は広いので、展覧会場に行くにはクィリナーレ通りを行くのが
一番分かりやすい)

この展覧会は美術館から作品を集めたようで、教会にある大作は出展されていな
かった。でも教会のドラマチックな大作こそカラヴァッジョの魅力と思うので、
やっぱり見ておかないとね。教会巡りしながらローマ散歩したら、中身の濃い
時間を過ごせるんじゃないかしら。

私のオススメのコース。
まず朝一番でポポロ広場にある「サンタ・マリア・デル・ポポロ教会」に行く。
広場の上にあるのが、広大なボルゲーゼ公園のピンチョの丘。ここも絶好の撮影
ポイントだ。ピンチョの丘からスペイン広場方面に歩くと、スペイン階段の上に
出る。

Photo_2
(ボルゲーゼ公園)

Photo_3
(ピンチョの丘からスペイン階段に行く途中のレストラン。むかしはイモリが
チョロチョロしているカフェだった)

でもカラヴァッジョ巡りには、ピンチョの丘には上がらないで、ポポロ広場から
のびるメインストリート「コルソ通り」を歩く。途中には映画「アマルフィ」の
舞台になった「プラザホテル」がある。

ブランド店が軒を連ねる「コンドッテイ通り」を左に見ながら通り過ぎ、ナボーナ
広場に向かって右の道に入ると、サンタゴスティーノ教会がある。
ここで「ロレートの聖母」を見ることができる。

Caravajjyo1s

そのすぐ近くにあるのが、カラヴァッジョ3部作のあるサン・ルイジ・デ・フラン
チェーゼ教会だ。ここはまるでカラヴァッジョ美術館のようだ。

3himg0040s

そしてナボーナ広場でひと休み。

他にも、徒歩圏内にカラヴァッジョ作品のある美術館がいくつもあるが、主な
作品は今回の展覧会に出展されているのでパス。
ヴァチカン博物館の「キリストの埋葬」も展覧会場にあった。

この辺りはローマ観光の中心地なので、訪ねる場所はいくらでもあるが、石畳の
道は疲れるので歩きすぎないようにしないとね。

« 東京も桜咲く | トップページ | 高齢化社会の医療費 »

旅・ヨーロッパ」カテゴリの記事

コメント

数年前にローマに行った時、その後エジプトからの往復トランジットでローマに立ち寄った時にカラヴァッジョをこつこつと観に行きました。最近はガイドブックにもカラヴァッジョめぐりが出ていますが、それだけ点在しているということだと思います。
展覧会で美術館に数点ずつあるのがまとめられていたら観に行こうという人もいるかもしれませんね。
私はマルタに行ってカラヴァッジョ観てみたいです。

HANAさん、マルタ島のカラヴァッジョの大作は、サン・ジョバンニ大聖堂の中の特別室のような(礼拝堂?)部屋に掲げられていました。
でも部屋が暗いうえに、カラヴァッジョの絵画が高いところにあるので、近眼の私はよく見えなかったんです。

教会の美術作品はどこも暗くてよく見えない(-_-;)
教会の意図は芸術作品の鑑賞じゃないので、仕方ないですけど。やっぱり双眼鏡が必要かも。

サン・ジョバンニ大聖堂の外に出たら、目がクラクラするほど明るくて、周囲には露店が並び上野アメ横か香港女人街みたいな雰囲気なんです。教会の中と外のあまりの落差にビックリしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京も桜咲く | トップページ | 高齢化社会の医療費 »