無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« ミラノです | トップページ | ミラノからボローニャへ »

2010/02/21

ミラノ2日目

今日のミラノは、本当に良いお天気でした。

S_2

ドゥーモではフェスティバルが開催されて、子供から大人まで仮装してパレード
したりで大騒ぎでした。

周辺の道路は撒き散らした紙吹雪でうもれていました。
何のフェスティバルだったのかしら?

S

いくつかのミュージアムにも行きました.。
私のイチオシは「レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学博物館」です。
これについては、帰国してからゆっくり書きます。

ブレラ絵画館とアンブロジアーナ絵画館にはカラヴァッジョの絵画があるので、
それが第一の目的でした。でも両絵画館とも入口に「カラヴァッジョはローマに
貸出中」と入り口に書いてあるのです。

前日にたまたまTVで見たニュースのことを思い出し、インターネットで調べて
見たら、「ローマの公式サイト」に「展覧会」のことが載っているではないですか!

展覧会は私がイタリアに着いた日から始まったようです。グッドタイミング!
がんばってパソコンを持ってきたかいがありました。
これを知らずもしローマ~ミラノの逆コースで旅行したら、怒り心頭の旅に
なっていましたわ、きっと。

« ミラノです | トップページ | ミラノからボローニャへ »

旅・ヨーロッパ」カテゴリの記事

コメント

ろうまさん、グッドタイミングでカラヴァッジョの展覧会がはじまったんですね。

前回もローマでカラヴァッジョの展覧会をご覧になったんではなかったですか?映画でも見たし、すごく充実した旅になりそうですね。

それにしても1週間ずれていたらミラノでは既に搬出され、ローマではまだ展覧会始まっていない、なんて悲劇的な状況になったかもしれません。しかし入口に張り紙してあるだけ良心的ですね。

お天気に恵まれた旅ほど楽しいものはありません。
帰国後にでも写真UPしてください。

 お天気が良くて良かったですね(^^)。毎日、イタリアのお天気サイトで確認しています。気温も上がって来た様で、絶好の観光日和だった様ですね。

 レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学博物館は、行くところがなくて行ったことがあります。ヴィンチ村のレオナルド博物館もその何年か前に行っていたので、比べると面白かったですね。近くにあるミラノ最古の教会、サンタンブロージョ教会はとても雰囲気のある良い教会でした。

 ブレラ絵画館とアンブロジアーナ絵画館も一度ずつ行きましたが、アンブロジアーナ絵画館の方はどんな感じだったか、良く覚えていないです。ブレラは学校に併設されていたんじゃなかったっけ?期待して行った「死せるキリスト」が思いの外、小さかったので驚きました。

 行った時は、あまり関心なかったので、素通りしてしまったのですが、ピエロ・デッラ・フランチェスカの「聖母子」があるんですよね。今、ピエロにはまっているので、今度は是非見たいと思います。ミラノで一番好きな美術館はポルディ・ペッツォーリで、3〜4回行ったと思いますが、最近は行ってなくて、ここにもピエロの絵がたくさんあった様なので、ミラノは一度は再訪しないといけないですね。今回も素通りの予定でしたが…(^_^;)。

 美術館でお目当てのものが貸し出されていること程がっかりすることはありませんね。でも、ローマで見れるのを楽しみに旅して下さいね。

 画像は結構、重いので、なかなかうまくアップ出来ないこともあると思います。通信環境の良いところでチャレンジして下さい(^^)。

HANAさん、本当にラッキーでした。

前回のカラヴァッジョ展は、本来はとっくに会期が終わっていたのに、評判が高くて延長されていたんです。そのときはカラヴァッジョについては名前を聞いたことがあるという程度だったんですが、展覧会の衝撃度が大きくてすっかり魅せられてしまいました。

日本に帰ってから画集を探したんですが、カラヴァッジョはその頃の日本では関心がうすくて、一人一冊の扱いじゃなかったです。

最近はイタリアだけでなく世界的にカラヴァッジョ人気が高いんじゃないかしら。それを目あてに訪れる人が多いので、わざわざ貸出中と掲示しているんだと思います。

ローマの展覧会の場所はホテルから歩いてすぐなので、まっ最初に行かなくちゃ。イタリアのことだから、どんなアクシデントが起きるか分かりませんからねぇ。

今日はちょっとした列車のトラブルがあり、パルマでの途中下車をやめてまっすぐボローニャに来ました。ホテルにチェックインしてから、さっそく街中散策に出かけました。ボローニャはまさに私好みの街です。明日も一日クタクタになるまで歩き回りそうです。

アトムズさん、レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学博物館があんなに大きいとは思っていませんでした。レオナルド・ダ・ヴィンチのコーナーも面白かったけど、私が気に入ったのはSLが何両も並んだ鉄道の部屋です。黒光りして、重量感があって、むかしの鉄道は存在感がありますね。鉄道ファンだったら、感動するんじゃないかしら。

レオナルド・ダ・ヴィンチが書き残したメモのコピーと、それをもとに復元した発明品が並んでいましたが、本物のメモがアンブロジアーナ絵画館にあったんです。古色蒼然とした図書館に展示されていましたが、ああいう図書館を見る機会がないのでそれも良かったです。

それ以外は、似たような絵画が多いので、あまり印象に残っていないんです。好きな作品だけをワイポイントで見たほうがいいですね。疲れ果てちゃって、何が何だか分からなくなりますからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミラノです | トップページ | ミラノからボローニャへ »