無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010/02/28

イタリアのホテル

今回の旅のホテルは、ミラノ2泊、ボローニャ2泊、ローマ2泊だった。
いつものようにすべてネットで予約した。

今回の私のホテル選びの条件
(1)立地は駅から徒歩圏内(イタリア国内を鉄道で移動するので)
(2)インターネットできること(初めてマイパソコンを持参)
(3)1泊すべて込みで1万円以下(80ユーロ以下)

まずミラノは「Hotel Florida」
venere.comで予約。

初日、二日目とも75ユーロ(コンチネンタル朝食付き)

場所をよく確認せずにミラノ中央駅まで行ったら、地図がおおざっぱでどこが
何通りか分からない。おまけに雨が降っていて暗く、カサと地図を片手に探し
まわるが見つからない。

ラッキーだったのは、このホテルがたまたま「歩き方」に載っていたこと。
そちらの地図を見たら、泊まるホテルの向い側に「ホテル ミケランジェロ」が
ある。「ホテル ミケランジェロ」は広いミラノ駅前広場のホテルの中でも高層で
目立つので見つけやすい。これはホントに助かったわ。

インターネットは無線LANを無料で利用できる。フロントで「インターネットを
使いたい」と言うと「自分のパソコン?」と聞かれ、「そうだ」と言ったら「Line
name」と「password」を紙にプリントアウトしてくれた。
2日間とも同じパスワードだった。

質素な部屋だけど、広いバスタブと広いダブルベッドの部屋で、この料金なら
じゅうぶん合格点だわ。
朝食はパンと飲み物だけのコンチネンタルタイプ。小さな朝食用の食堂で食べる。
TVはカードを差し込んでみる。反応が遅くて最初は壊れているのかと思った。

ちなみに今回の3ホテルに共通して良かったのは部屋の明るさだ。
夜ホテルで過ごす時間は長いから、ド近眼の私にはありがたい。
むかしはホテルの部屋が暗くて、サニタリールームで読み書きしたこともあった。
ビジネス客が増えるにつれて、ホテルの部屋が明るくなったのかしら。

ミラノのホテルの写真がないのは、たぶん疲れていてそんな気になれなかった
からだと思う。

ボローニャのホテルは「4 Viale Masini Design Hotel」
Booking.comで予約。
初日は65ユーロ、二日目は80ユーロ。どうして宿泊料が異なるのかは忘れて
しまった。あとで二日目を追加したからかな?

ここがいちばんお洒落なホテルだった。(写真をクリックすると拡大されます)

S_8

Img_2969s_2

バスタブなしシャワーのみだけど、私は普段からシャワーだけの生活なので苦に
ならない。無線LANが無料で利用できる。パスワードは24時間有効なので、
翌日も新しいパスワードをもらった。

朝食はビュッフェ式となっていたが、コンチネンタルに卵料理、ハム、チーズ、
果物などが増えた程度。

S_7

テレビは壁かけ薄型タイプ。リモコンでTVor映画ビデオorインターネットなどを
選ぶ。私は自分のパソコンでネットにアクセスしたので、画面で映したのはTV
だけ。キーボードもないのに、どうやってインターネットするのかしら?
ここの部屋がいちばん広くて明るかった。

ここもボローニャ中央駅から徒歩5分程度なのだが、中央通りでなくちょっと
寂しい場所にあった。大通りをはさんで向い側にバスターミナルがあり、24時間
営業のカフェなどもある。でも夜遅くなると周囲は薄暗いので心配だ。

ただホテルエントランスのすぐ前にバス停があり、ここにボローニャ旧市街の
外環道を周回している33番のバスが停まるので、遅くなったらこれに乗れば
いいと思った。
逆回りは32番でボローニャ駅の次にホテル向い側のバスターミナルに停まる。

ローマのホテルは「Yes Hotel」
初日、二日目とも71ユーロ。Booking.comで予約。
ハムやチーズなどの朝食付き。

インターネットの料金をきいたら「5ユーロ、residentは10ユーロ」という。
「resident」というのを「自分の部屋でインターネットをする」という意味に
受け取ったのだけど、本当はどうなのかしら?
どちらにしても料金を払うのならインターネットはしないつもりだった。
これが最初なら試す意味もあってアクセスしたけれど、もうミラノとボローニャで
出来たのでその必要も無い。2泊したらもう帰国するんだし。

S_10

ここはフロントのある所とは別に部屋の入口がある。カードをかざして建物の重い
扉をあける。ローマのホテルやペンションには、むかしの住宅をホテルに改造した
ものが多い。ひとつのビルの中にいくつものホテルが入っている。だからスペースが
なくてレセプションと部屋が別々なんてことになる。

部屋は狭いがけっこう大きいデスクがあった。部屋は中庭に面していたが、扉は
滅多にあけなかった。

ミラノとボローニャは広々したダブルベッドだったが、ローマのホテルは狭い
シングルベッド。でも寝心地は悪くなかった。
部屋は狭いけど、サニタリールームは広い。でもバスタブなしで、透明なドアの
ついたシャワー室のみ。シャワーカーテンよりプラスチックドアのほうが、水はね
気にせずシャワーを使えるのでいいわ。

ラテン系らしくどの部屋にもビデがあった。

2010/02/26

帰宅しました

ローマでも成田でも空港混雑でフライトが遅れ、成田からの電車もアクシデントで
遅れ、ヤレヤレといったところです。

ローマでは久しぶりに友人と会いました。外国でトシをとるって大変だな~と
思いました。日本にいても大変なんですからね。
私の前任者だった人なので、ローマ暮らしも30年以上になります。そんな人が
数人いるんですが、上手くやっている人も問題山積の人もいるようです。

ローマでは、善は急げとばかり、着いたその日に「カラヴァッジョ展」に行きました。
会場はクイリナーレ宮殿のある広場にあるんですが、夕方6時ごろなのに入館者で
混雑していました。

S

街角にはカラヴァッジョ展の案内看板もありました。

S_2

Img_3128s
(小高い丘にあるクイリナーレ宮殿。今は大統領官邸)

2010/02/23

ボローニャ名物ポルティコ

私がボローニャに行きたいと思ったのは、街中にはりめぐらされたポルティコの
ことを聞いたからだ。NHKの「世界ふれあい街歩き」がきっかけだったんじゃ
ないかしら。

Img_3009s

S_6

世界最古の大学のあったボローニャには、各地から多くの学生がやってきた。
その学生たちの住まいとして、通りに張出すように2階を増築したので、まるで
アーケードのようになったのだ。街中至るところ、メインストリートにも狭い路地
にもポルティコがあるので、お天気を気にせず何処にでも行くことが出来る。

Img_3003s

ポルティコを足のむくまま気の向くままに歩いてみたい。全長38kmもある
というから全部はとても無理だけど、せめて中心地は大通りから路地裏まで
歩いてみたい。その思いが今回実現したのだった。

S_3
(美しい天井のポルティコもある)

ポルティコといえば、この間読んだ田丸久美子さんの「イタリアのエッセイ」に、
「近郊のサン・ルカ教会に続くポルティコは世界最長3.5kmもあって壮観だ」と
書いてあったので、ぜひ行ってみたいと思っていた。

でも「歩き方」にも観光局から貰った地図にもその場所は載っていない。
田丸さんのエッセイのなかにあった「サラゴッツァ門から教会がある丘の上まで
延々と続く柱廊の景観はじつに壮観だ」という文章だけを頼りに、とりあえず
サラゴッツァ門に行ってみた。

このあたりは庶民的な雰囲気で、野菜や果物や生鮮食料品などのお店が
多い。ここのエノテカでランチを食べ、サン・ルカ教会に行く道を聞いたら
「遠い。20分はかかる」と言う。とりあえずその方向に歩き始めた。

でも大通りに沿って延びるポルティコはどこまでも続いていて、教会に向かう
坂になかなか行き着かない。バス停3つ分くらい歩いただろうか。やっとそれ
らしい柱廊が見えてきた。

S_7

最初はなだらかな坂だったが、しばらく歩いたら階段になった。
残念だけど、私のサン・ルカへの道はそこまでだった。

S_5

もし3.5kmがこの坂の長さだとしたら、とても上りきれないだろう。
これが朝一番だったら何とかなったが、その時はさんざん街中を歩いたあとで
疲れがたまっていた。それに人の姿がないのも気になった。上がったら下り
なくちゃならないが、こんなうら寂しい場所を夕方一人で歩くのは不安だった。

帰りは初めてバスに乗った。来るときも坂の下まで(20番のバスが通る)バスで
来たら、坂のポルティコもそんなに大変じゃなかったかもしれない。

2010/02/22

ミラノからボローニャへ

今日はミラノからボローニャに移動した。

S_3

ミラノ中央駅は、地下からホームのある2階(?)まで、動く歩道ができた。
地下にはスーパーも入っている。品揃えはパッとしないけど。
でもバールの数は少なく、レストランもないので、旅行客には決して快適な駅
とは言えない。そのせいか駅前広場に面したマクドナルドはいつも混雑している。

ミラノからボローニャまでは普通切符にした。駅の時刻表を見ると、ボローニャ
行きの普通列車は2時間に1本しかない。私は9時20分発に乗ったが、それだと
パルマに10:56、ボローニャには12時8分に着く。パルマで途中下車すると
次の列車まで2時間か4時間の滞在時間になる。2時間じゃ食事もできないし、
4時間だとボローニャ着が遅くなってちょっと心配だ。

Img_2961s

列車は時刻どおりに出た。私はイタリアの列車をけっこう利用しているが、これ迄
困ったりストライキにあったりしたことがない。イタリアは鉄道大国なので、わりと
キチンと運行していると思っている。

走り出した列車は一寸先も見えないほどの深い霧の中を進んでいく。
あたり一面が白い煙に包まれたようだ。それに暖房が入ってないので寒い。普通
列車だから暖房入れないんだろうかと、体を縮めながら思った。

ところがパルマが近づいた頃になって、同じ車両にいた乗客がぞろぞろ前の車両に
移動しはじめた。何か車内放送があったらしい。そのうちに車掌がやってきて、
「どこまで行くのか?」と私に聞く。「パルマ」と言うと「それじゃ前の方に
行け」と言うのだ。この車両の暖房が故障しているので、次の駅で切り離すようだ。

他の車両は暖かった。すっかり冷え込んだ体がほっと一息ついた感じ。最初から
前の方に行けばよかったな~と、ちょっと悔しい。暖かくなると、だんだん眠くなって
きた。朝早く目が覚めたので、今頃になって睡魔が襲ってきたのかな。

パルマが近づいてきた。「歩き方」には「イタリア有数の芸術と食の都」と紹介
されている。心が動くが、ゆっくり食事もできないんじゃ、ただ疲れるだけで
終わるんじゃないかしら。すっかり眠くなってしまった私は、無理は禁物と自分に
言い聞かせて、ボローニャに直行することにした。荷物もあるし‥‥。

Img_2965s

ボローニャ中央駅は、ミラノよりずっと便利な駅だった。
学生の街なので気軽に利用できるバールやピッゼリアがたくさんある。
アイスクリームやハンバーガーを食べながら歩いている人もよく見かける。

行き先決めず足の向くまま散策するのにピッタリの街で、私はすぐ気に入った。
マジョーレ広場近くのレストランで遅いランチを食べた。ボローニャ風カツレツと
ミックスサラダとグラスワイン。ボリュームあったけどみんな平らげた。美味し
かったわ。

2010/02/21

ミラノ2日目

今日のミラノは、本当に良いお天気でした。

S_2

ドゥーモではフェスティバルが開催されて、子供から大人まで仮装してパレード
したりで大騒ぎでした。

周辺の道路は撒き散らした紙吹雪でうもれていました。
何のフェスティバルだったのかしら?

S

いくつかのミュージアムにも行きました.。
私のイチオシは「レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学博物館」です。
これについては、帰国してからゆっくり書きます。

ブレラ絵画館とアンブロジアーナ絵画館にはカラヴァッジョの絵画があるので、
それが第一の目的でした。でも両絵画館とも入口に「カラヴァッジョはローマに
貸出中」と入り口に書いてあるのです。

前日にたまたまTVで見たニュースのことを思い出し、インターネットで調べて
見たら、「ローマの公式サイト」に「展覧会」のことが載っているではないですか!

展覧会は私がイタリアに着いた日から始まったようです。グッドタイミング!
がんばってパソコンを持ってきたかいがありました。
これを知らずもしローマ~ミラノの逆コースで旅行したら、怒り心頭の旅に
なっていましたわ、きっと。

2010/02/20

ミラノです

何とかミラノのホテル」にたどり着き、インターネットにアクセスする
ことが出来ました。でも疲れました。年には勝てませんわ。

駅前のMACでハンバーガーを買ってきて、とりあえずそれで夕食
すませました。これからお風呂に入って、もう寝ます。

TVのニュースがローマでショーペロとか何とか言っているのが
気がかりです。同じニュースで、「クィリナーレでカラヴァッジョがどうの
こうの‥‥」沢山の作品が映し出されています。展覧会でもやって
いるのかしら?

2010/02/16

映画「カラヴァッジョ」

銀座テアトルシネマで先週の土曜日から上映されている「カラヴァッジョ」
見てきた。1時間前に行って何とかチケットを買えたけど、小さい映画館という
こともあってすぐ満員になってしまった。

主役の俳優は雰囲気あったわ。カラヴァッジョがあんなにカッコよかったかどうか
分からないけど。

カラヴァッジョの活躍の舞台だったローマの街と作品の数々が、スクリーンに
ふんだんに映し出され、光と影のコントラストがカラヴァッジョの心の明暗を
浮かび上がらせる。

せっかく手に入れた栄光も、その激しい気質が台無しにしてしまうのだ。
でもその抑えられない衝動こそが、ドラマチックな作品を生む原動力なのだろう。

カラヴァッジョ本のほとんどを書いている宮下規久朗氏(神戸大学の先生)の
最新の「カラヴァッジョ巡礼」を買った。カラヴァッジョの人生と作品、それが
現在どこにあるかなどが載っていて、彼の逃避行をたどりながら作品鑑賞するのに
ちょうどよい本だ。時間とお金があったらこういう巡礼をしてみたいわ。

Himg0040s

映画にも出てきたローマのサン・ルイジ・デイ・フランチェージ教会(↑)は、
三部作がかけられていて、まるでカラヴァッジョ美術館のようだ。
(前回のローマ旅行のとき)

マルタ島はもういいけど、シチリア、ナポリにもう一度行かなくちゃ。せっかく
シチリアのシラクーサまで行ったのに、その時はカラヴァッジョの絵画がある
ことを知らなかったのだ。

シチリアからローマに行き、たまたま開催中だった「カラヴァッジョ展」を見て
ビックリ仰天した。狭い展示室に、ところ狭しとカラヴァッジョの大作が展示
されていて、すごい迫力だった。

旅の行程が逆だったら、ぜったいにシラクーサでカラヴァッジョを見たのに‥‥。
口惜しいわ。

(この映画は順次全国公開されるようです。大阪はテアトル梅田、兵庫は
シネ・リーブル神戸、京都は京都シネマ、と書いてありました)

映画の帰りに円をユーロに替えた。レートは126.43円だった。

2010/02/14

カレーうどん専門店

いよいよマンションの大規模修繕工事が始まるということで、今日は説明会が
行われた。これでほぼ一日つぶれてしまったわ。これから夏頃まで打ち合わせ
やら報告会やらで忙しくなる。

説明会が終わってから、駅近くに最近オープンした「カレーうどん」のお店で
「和風味のカレーうどん+揚げなすのトッピング」を食べた。580円。

S_3

お昼をだいぶ過ぎていたけど、お店は満員だった。近くにはJRAのビルがある
ので、土日は競馬ファンでにぎわう。カレーうどん専門という珍しさも手伝って
たくさんのお客さんが来たんでしょうね。
タイ風カレーなど、いろんなカレーがある。私が食べた和風味はマイルドなカレー
スープって感じで美味しかった。うどんも歯ごたえあった。

S_4

旅行の準備は何もしていないけど、持って行くモバイルはいろいろいじっている。
とにかく動きが重過ぎるので、使わないソフトを削除しているが、思うように
いかない。反応がないからといって、せっかちに何度もキーを押したりしたら、
すぐにフリーズしてしまうわね。こころしないと‥‥。

ネットでカードリーダを買った。デジカメのSDカード、ケータイカメラのminiSD
カードなどを読み込むだけでなく、携帯電話の充電も同時に出来るというので、
旅行に持っていくのに最適だと思ったのだが、どうしてもminiSDの読み込みが
うまくいかない。そもそもカードがちゃんと入らないのだ。
今販売店にメールで問い合わせているところ。

明日は仕事だが火曜日はお休みの予定なので、ユーロに両替してこようかな。
イタリア国鉄のチケットがもうカード決済されたけれど、そのレートが133円
だった。今は120円台になっている。海外旅行者には有難い円高だわ。
もうしばらく、2月いっぱいは頑張ってほしい>日本円

「JAL天気情報」でイタリアの気温を調べたら、ミラノは冷え込んだ今週の
東京と同じくらい、ローマはその前の暖かった東京と同じくらいだった。
気温の変動がはげしくて体調をくずしがちな今日この頃だけど、旅行にそなえて
実地訓練していると思えばいいわね。

2010/02/09

JALはワンワールドに残留

JALはアメリカン航空と業務提携してワンワールドに残ることになったようだ。
私としてはスカイチームのほうがよかったけど。

スカイチームには大韓航空やアエロメヒコ、KLM、アリタリアなど、私からみて
使い勝手のよいエアラインが多い。(アリタリアは使い勝手よくないかな‥‥^^;)
アエロフロートもスカイチームだったよね。

ワンワールドはアメリカン航空中心のアライアンスで、南米に行くときに何度か
利用した。マイルはずっとアメリカンで貯めていたけれど、少し前からJALに
変更した。もっぱら陸マイラーだけど、それでも15000マイルくらい貯まっている。
JALでイタリアに行って来たら、もっと上乗せされるわね。楽しみだわ。

ANAが加盟しているスターアライアンスは、今まであまりご縁がなかった。
JAL同様陸マイラーだが、このあいだサイトを見たらこちらも15000ほど貯まって
いた。

JALにはSuica、ANAにはEdyと、それぞれ電子マネーをつけて、生活費は
出来るだけマイルに替えようと、日々涙ぐましい努力をしている。

S
(散歩途中に見つけたそば屋のメニュー)

2010/02/05

カラヴァッジョの映画

前回のローマ行きでカラバッジョの絵画めぐりをした。
その時に見られなかった作品をチェックしようと、インターネットで検索して
いたら、映画「カラヴァッジョ」が2月13日から上映されるという記事を
みつけた。

何でも今年は「カラバッジョ没後400年」なのだとか。
没後400年といえば「長谷川等伯」もそうじゃない?

私がひいきにする日本とイタリアの二人の天才画家が、同じ年に亡くなったとは
知らなかったわ。

長谷川等伯展は2月23日からなので旅行のあとになるが、映画のほうは旅行の
前に見に行こうかな。

2010/02/04

確定申告

旅行に持っていくモバイルパソコンに、エクセルやワードなどのソフトをイン
ストールしたら、ハードディスクが満杯になり動かなくなってしまった。

「さあ大変!」と不要ソフトを削除したが、それでも動作はとっても重い。
これで無事動くのかな~。何だか不安だな~。

最近発売されたパソコン誌に「USBメモリで仕事環境をまるごと持ち歩き」
という記事が載っていたので買ってきた。

最近のUSBメモリは大容量なので、それにソフトもファイルも入れておけば、
どこでも作業ができるしデータを見ることができる。そのぶんパソコンも軽く
することが出来る。

これはちょっと検討してみる価値があるわね。パソコンをリカバリするような
事態になっても被害を最小限に食い止めることが出来るし。

F1000009_4s
(梅が咲いていました)

ところで2月は「確定申告」の季節だ。
会社で年末調整をしておしまいという人もいるだろうが、もろもろの事情で確定
申告する人は多いだろう。

私は去年まで東京駅の確定申告コーナーに持って行った。ここで東京都の申告書を
受け付けていたので、いちいち郵送する手間がはぶけた。
でも今年は東京駅の会場がないので、5000円の税額控除がある「e-Tax」にトライ
する気になった。

まずインターネットでICカードリーダライタの値段を調べる。
EdyにもSuicaにも使えるSONY製(3000円弱)が良さそうだった。
じつはこのクラスより一つ下の機器なら、Edyのチャージ用に持っているのだが、
「公的個人認証サービス」対応じゃないので「e-Tax」には使えないのだ。

それから役所に電話して「電子証明書」を貰うにはどうすれば良いか聞くと、
出張所では取り扱わないので区役所に行き、住民基本台帳カード(ICカード)と
電子証明書を取得する必要があるという。

その費用が各500円。また申請には身分を証明するものとパスポートサイズの写真も
いるとか。何やかやで税額控除の5000円になっちゃうわねぇ。

ここらへんで「e-Tax」の熱意は一気に冷めた。まあまあのお天気だったら隅田川
沿いにある区役所までウォーキングする気になっただろうが、東京はここ数日
とにかく寒いのだ。

「e-Tax」は断念して、西新宿アイランドタワーの確定申告作成コーナーに行って
みた。ここにはパソコンがいくつもあって、それで作成した申告書をちょくせつ
送信できるのだ。つまり自宅から「e-Tax」するのと変わらない。
利用者識別番号もパスワードも決まるので、来年もし「e-Tax」することになったら
その番号を使うことになる。控えの申告書もプリントアウトしてくれた。

面倒くさい手続きがいらないので、これは便利だわ。
でも5000円の税額控除はなし。
「5000円というのはe-Taxにかかる経費みたいなもんですからね」と係りの人に
言われた。

まあ余計なお金がかからなかったから、それで十分満足だけど。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »