無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010/01/29

ぶらり汐留

「新しい人生のはじめかた」という映画の試写会に行ってきた。場所は新橋。

試写会まで時間があったので、東京駅から銀座を通って新橋まで歩いた。
有楽町にはしょっちゅう行くが新橋は久しぶりだ。
新橋駅汐留地区に、高層ビルが林立する街ができてもう数年になる。
その街の一角に「旧新橋停車場駅舎」があって、小さな博物館になっていた。
入館無料なので立ち寄る。

S

それから隣の「パナソニック電工」の脇を通ると、「木田安彦展」のポスターが
目に入った。このビルの中にある「汐留ミュージアム」で開催されている。
その強烈な色彩やタッチと「西国三十三所」のテーマにひかれて入ってみた。
木版画「西国三十三所」とガラス絵「日本の名刹」をみていると、静かに手を
あわせるどころか、浮かれて思わず駆け出したくなるわ。

S_2
(パナソニック電工ビル)

汐留といえば、まだビルが完成したばかりの頃、「汐留シオサイト」にある「カレッタ
汐留」の47Fで食事をしたことがある。その時たまたまフロアにおいてあった
椅子が気に入って、写真まで撮ってきた。

それからしばらくしてニューヨークの「MoMA ニューヨーク近代美術館 」に行き、
この椅子が作品として陳列されているのを発見してビックリ!MoMA ではグッド
デザインの生活用品なども展示しているのだ。
やっぱりあの椅子はタダモノじゃなかったわ(^o^)v
デザインも素敵だし、何より座り心地がバツグンで、いつまでも身をゆだねて
いたくなるのだ。

S_3
(左端の上から2番目が、私が好きな47Fの椅子)

このビルには沢山の椅子がおいてあって、もちろん自由に座ることができる。
今回は時間がなくて47Fまで行けなかったが、地下のトイレ近くにあった椅子が
似たような座り心地で良かった。(↓一番手前の茶色の椅子)

S_4

ところで映画「新しい人生のはじめかた」は、ダスティン・ホフマンとエマ・トン
プソンの熟年コンビ主演で、どうってことないストーリーなんだけど、同じく熟年が
テーマの「60歳のラブレター」より楽しめた。私が1年前に旅行したロンドンが
舞台で、ヒースロー空港やパディントン駅などが出てきて懐かしかった。

でも「新しい人生のはじめかた」なんてタイトル、何だかお説教臭い感じがする。
「LAST CHANCE HARVEY」(HARVEYはダスティン・ホフマン演ずる主人公の名前)
という原題のほうが映画の内容に合っていると思うわ。

2010/01/25

タジン料理

タジン鍋に最初にであったのはモロッコ旅行のときだった。
マラケシュのホテルで、夕食にルームサービスで注文したのが、このタジン鍋の
料理だった。

Kusukusu1s
(低性能カメラで写した写真をスキャンしたので画像が不鮮明 ↑)

私はたしか「クスクス」をたのんだはず。それで運ばれてきたのが、この料理だった
ので、今までずっとこれがクスクスだと思っていた。

でもその後シチリアのトラーパニで食べたクスクスが、まったく別の料理だった
ので、場所が変われば同じ料理でもずい分違うんだとビックリしたことを覚えて
いる。

Kusukusu2s

お米のような穀物の上に、とろっと甘めに煮込んだ野菜やマトンがかけてある。
量が多いので夜と翌朝に食べても残ってしまった。
不味くはないが美味しくもなく、持て余してしまった記憶がある。

ところでタジン料理のサイトを見ていたら、モロッコではこのタジン鍋で作った
料理はすべて「タジン料理」と呼ぶと書いてあった。同じ料理でもタジン鍋以外で
作ったらタジン料理とは言わないらしい。

それからチュニジアにもタジン料理があるが、モロッコのタジンとはまったく
別のお料理らしい。タジンってどういう意味なのかしら?

2010/01/24

タジン鍋で料理

先日買った「タジン鍋」を使ってみた。

最初はパエリャは作りたかったけど、準備不足でけっきょくお手軽蒸し料理に
なってしまった。

まずお鍋にうっすらとオリーブオイルをひき、にんにくで香りをつける。
そこにスーパーで買った鍋用肉団子を並べて炒め、ぶつ切りトマトとケチャップで
味付けし、あとは冷蔵庫のなかの野菜をのせるだけ。

火の通りにくい野菜を下にしてフタをし、トロ火にかけると、すぐに野菜の水分が
にじみ出てフタがコトコトゆれる。10分くらいして火を止め、しばらく蒸らすと
こんな感じになった(↓)

Img_2826s

それをかき混ぜてお鍋から直接食べた。水をまったく入れていないのに、野菜から
こんなに水分が出るなんてビックリ。

Img_2828s

今回はケチャップ味にしたけど、キムチを使っても美味しそうだ。
もっとお手軽に、蒸した食材をポン酢で食べてもいい。
今回はキャベツ、白菜、しめじを使ったけど、野菜の味がそのまま残っていて、
美味しかった。

焦げ付かないので洗うのも簡単と、モノグサな独り者にとっては強い味方になり
そうな「タジン鍋」だった。

2010/01/21

ハイセンスな街青山

午前中は、昨夜ビデオを撮っておいた「深夜の演奏会」、辻井伸行さん演奏、
読売日響の「ラフマニノフ」を聴いて過ごし、午後からは旅行資料を貰うため
南青山の「イタリア政府観光局」に行った。

観光局は青山霊園の近く、「玉窓禅寺」というお寺のすぐ隣にある。

S
(静かな玉窓禅寺)

ミラノ、ボローニャ、ローマの都市マップが貰えてよかったわ。

観光局を出て表参道近くにある「根津美術館」まで歩いた。

S_2

新装成った根津美術館は、平日の昼間でもたくさんの入館者がいた。
そのほとんどが中高年以上の年代だけど。
展示品は茶道具が中心だし、お庭も茶室や素朴な石仏などが配置された静かな
たたずまいなので、ここはちょっと若い人向きじゃないわね。

そこから表参道に行き、「新潟県物産館ネスパス」に立ち寄った。
うららさんのブログに載っていた「越乃景虎の梅酒」があるかも知れないと思った
のだが、蔵元にもないものがこんなアンテナショップにあるわけないdespair

ところがここで思いもかけず故郷のお酒「越の誉」の梅酒を見つけたのだ。
ラベルに出雲崎産の「釜谷梅使用」と書いてある。そんな梅あったかな?

S_3

「越乃景虎」は故郷柏崎の隣町「長岡」のお酒だが、私には馴染みがなかった。
いつも夕食を買うデパ地下に陳列されているが、まだ飲んだことは無い。
とても人気のある蔵元らしいので、飲んでみたいけど。

「越乃景虎」には馴染みが無いが、「越の誉」は物心ついた頃から身近な存在
だった。子供のころ我家にはいつも安い「越の誉」の一升瓶があった。

それで、梅酒があるのは知らなかったが、つい懐かしくなって買ってしまった。

デイパックは梅酒と旅行資料と分厚い単行本(1Q84)でズッシリ重くなったが、
これも旅のトレーニングと思って、表参道から代々木駅まで歩いた。

いつもウォーキングする下町と違って、青山から表参道にかけては東京でもっとも
センスのよい高級感のある地域だ。

S_4
(プラダのビル)

たまには、こういうお洒落な通りを歩くのもいいわね。
歩数計を持っていかなかったのでどれくらい歩いたか分からないが、まあ1万歩は
いったんじゃないかな。

2010/01/17

モバイルパソコンから

ほとんど使っていなかったモバイルパソコンなので、ちゃんと役立てるためには
いろいろ手を加えなければならない。

まずワード・エクセルを使うために、「マイクロソフト・オフィス」をCDから
インストールしたが、利用するためには「認証」を受けなければならないのだ。
面倒臭い。あれやこれやで半日もかかってしまった。

それからワードやエクセルで作った資料とデジカメの写真を取り込んだ。

パソコンを使うためには変圧器が必要かと思っていたが、いろんな人の話を聞くと
ACアダプタが100-240Vとなっているので、必要なさそうだ。
念のためにメーカーのサポート係りに問い合わせメールを送っておいた。
返事くるといいけど。

変圧器は必要なくても、電源ケーブルとプラグは現地仕様のものがいるんでしょう。
いろんな形の差込口に対応できる「海外用プラグセット」があるので、プラグは
これで大丈夫だと思うけど。

この記事はモバイルでアップしているが、キーボードが小さいしマウス無しの操作
に慣れていないので手間ひまかかる。

まるで関係ないが、先日ウォーキングがてら買ってきた「洋菓子のレモンパイ」の
チョコレートケーキは、やわらかくて優しい味で美味しかった。ぺロッと2個
食べてしまったもの。

Img_2822s

それから今日買ったのは「タジン鍋」2100円。電子レンジに入る大きさなので、
一人用にちょうど良さそう。他のお店で見たものは3~4000円はしたから、この
値段はお得だと思う。昨日入荷したばかりなのに、もう在庫がなくなりそうなんだ
とか。

Img_2824s

これで蒸し野菜料理をどんどん作ってダイエットするぞ!!

2010/01/14

北斎のお墓があった

今日は朝方とても冷え込んだようだ。ようだ‥というのは、今日はお休みで布団の
中でグズグズ寝坊していたので、朝の寒さは体験できなかったのだ。

お昼ごはんを食べてから図書館に向かった。予約していた「1Q84」上下巻が
準備できたとメールがあったのだ。半年くらい待ったかな。

お昼ごろにはだいぶ暖かくなって、ウォーキングにはピッタリのお天気になった
ので、その足で先日買えなかったケーキを買いに行くことにした。
どうせ歩くのなら、まだ通ったことのない道のほうが楽しいので、今日は「厩橋」を
渡ることにした。
(日本橋に行くときは両国橋、浅草寺から帰宅するときはあづま橋を渡った)

S

厩橋のたもと(墨田区側)にあるのは「厩橋地蔵尊」。小さなお社があるだけだ。

S_2

橋を渡ると台東区になる。そこで目に入ったのが、このモダンなトイレだ。つい
カメラを向けたくなるわね。(↑)

台東区は浅草寺、上野などを抱えているので、観光には力を入れている。
街角にはこんな観光名所の載った地図があった。

S_3

それを見ると、めざす洋菓子店のすぐ近くに「葛飾北斎の墓」があるではないか。
北斎といえば墨田区亀沢の生まれで、93回もの引越しを繰り返した奇人だが、
引越し先はほとんど近所だった。つまり今の墨田区に生涯住み続けた人なのだ。
その北斎のお墓が、なぜ隅田川を越えた浅草にあるんだろう?

ともあれ、せっかくの機会なので、ケーキを買ってからそのお墓を見に行くことに
した。でも案内図には大雑把な場所しか載っていなかったので、町内をあちこち
歩き廻ったが見つからない。近所の人にも聞いてみたが分からない。

それにしても浅草界隈にはお寺が多いな~。
探し回っているあいだに、御府内八十八カ所のお寺をいくつも見つけたもの。

ケータイカメラで写した小さな地図に目を凝らして、「北斎のお墓」が「誓教寺」
というお寺にあることを、何とか読みとることができた。

S_4

お寺の門は閉まっていたが、となりの狭い通用門があいていたので中に入る。
東京都の旧跡に指定されていて英文の説明などもあるが、お寺には人影も無く
ひっそりとしていた。墓地に入ってすぐのところに、小さな北斎のお墓があった
ので、お参りしてカメラのシャッターを押した。

2s

そこから浅草橋方面に向かう。途中で「鳥越神社」に立ち寄った。メジャーな
神社だけど、こちらも訪れる人の姿はなかった。

今日の歩数15000。帰宅前にデパ地下をさまよったので、カウントが上がったわ。

2010/01/11

今日のウォーキングは浅草方面

「洋菓子のレモンパイ」というお店のチョコレートケーキが美味しいと、春風亭
小朝が新聞に書いていた。お店は浅草近くにある。(地下鉄田原町すぐそば)
ウォーキングがてら行くのにちょうどよい距離なので、日曜日に浅草橋から歩いて
買いにいった。

ところがお店はシャッターが下りていた。お店のカードがあったので見たら、
日、月休みとなっている。ガッカリ。でも半分はウォーキングが目的だから、
また来ればいいと思いなおした。久しぶりに浅草寺にでも行ってみようか。

お店のすぐ近くに芸人の名前が書かれた塀があった。

S

ここは本法寺というお寺で、こんな説明が書かれた案内板があった。

S_2

住宅街の一角の訪れる人もない静かなお寺‥‥こんなひっそりとした所が好き
なのよね。

でもそこから10分も歩くと、対照的な雰囲気の浅草寺地区になる。
連休ということで、浅草寺はたくさんの観光客や参拝客で大混雑だった。

S_6

賽銭箱の前は人垣が出来ているので、皆さん離れたところから小銭を投げている。
おまけに本堂は修築工事中。これじゃあ、ご利益あまり期待できないわね~。
私は本堂でのお参りをあきらめ、境内にある銭塚地蔵のほうですることにした。
(花やしき遊園地の近く)

S_3

商売繁盛のご利益があるそうだ。案内板に「塩とローソクと線香」をお供えすると
あったので、私もそのセット(100円)を買った。

S_4

しばらくは観光客気分になって人ゴミにもまれながらぶらつく。
六区あたりの飲み屋はどこも超満員。若い女性も子供連れの家族も、通りにせり
出したビニールテントの居酒屋でくつろいでいる。

S_5

数軒ある天麩羅料理店の前には、どこも入店待ちの行列ができていた。どうして
天麩羅なのかしら?

隅田川にかかる「あづま橋」に行くと、こちらは建築中の東京スカイツリーを
撮る人がたくさんいた。

S_7
(ビールのオブジェがあるアサヒビール、その隣が墨田区役所ビル)

浅草のある台東区は「スカイツリーを眺めるのなら浅草からのほうがベター」と、
墨田区と張り合っているようだ。タワーが出来ようが出来まいが、浅草は都内
トップクラスの名所なんだから、お互いに知恵を出し合って地域を盛り上げて
ほしいわ。

S_8

隅田川を渡ったところに、墨田区の観光案内所が出来ていた。
このあいだ来たときには、こんなの無かったな。アサヒビールのビルの1階には
しゃれたビールカフェがオープンしていた。これも前に来たときは無かった。
タワーの完成はまだ先だけど、観光客対策は早くもスタートしているようだ。

S_9

工事現場にもたくさんの人がカメラを構えていた。
完成した塔ならいつでも見られるけど、工事中の塔は今しか見られないという
ことで、記念撮影する人が多いみたい。確かに‥‥ね。

あちらこちら道草したこともあって、今日のウォーキングは18000歩ほど。

2010/01/10

屠蘇

先日「みりん」を買ったら、「屠蘇散」のティーバッグが付いてきた。
説明文によると、中国は三国志の時代、名医が種々の薬草を調合して酒に浸して
飲んだのが始まりという。邪気を屠り、魂を蘇らせるところから「屠蘇」と名づけ
られたとか。

「おとそ」というのは正月に飲むお酒のことだとばかり思っていたが、年末年始頃
になると薬局に「おとそはありますか?」と言ってくる人がいるので、これは
お酒のことでなく漢方薬のようなものだと気が付いた。でも現在は「屠蘇」を
おいている薬局は少ないんじゃないかしら。

「大晦日の夜に屠蘇散をみりんか清酒に浸し、元旦に雑煮を祝う前に飲む」と
あったが、みりんを買ったのが年を明けてからだったので、ちょっと霊験も薄れた
かな。でも日本酒に浸して翌日飲んでみたら、薬草の味がかなり強くなって
体に効きそうな気がした。

ところで調味料といえば、先日の日本橋ウォーキングでこんな小さな唐辛子屋を
見つけた。(ブログのひとつ前の記事、薬研堀不動尊の赤いのぼりの店)

S

薬味や調味料にこだわる人がいるんでしょうねぇ。
閉店まぎわの値引き惣菜ばかり買っている私には、縁がなさそうだわ。

F1000010s

近くの浅草橋には「世界の油」という看板をかかげたお店もある。こちらのほうが
使い途ありそう。
私は何にでもオリーブ油を使ってしまう。ときどきゴマ油を香り付け程度にたらす
ことはあるけれど。このお店も前を通っただけだけど、今度入ってみようかな。

2010/01/07

江戸散歩

今日はお休み。お昼頃図書館に本を返却に行き、前からいちどは入ってみようと
思っていた両国駅近くの「うなぎ屋」でランチを食べた。素朴な食堂みたいな
お店だけれど、美味しかった。

すっかり満腹になって歩いていたら「日本橋まで3km」の文字が目に入った。

3kms

3kmなら皇居一周より短いじゃないの。これくらいなら歩ける。
うなぎで重くなったお腹を少し軽くするためウォーキングしようと、自宅とは
反対の隅田川に向かった。

S

両国駅近くの「両国花火資料館」が開いていたので、ちょっと立ち寄る。
一部屋だけの小さな博物館だ。ちなみに墨田区は「小さな博物館」運動をやって
いて、東京23区のなかで最も博物館が多いらしい。

S_2

両国橋の手前にあるのが「もゝんじやの豊田屋」享保3年創業の猪料理店という
立て看板があった。

S_3

隅田川にかかる両国橋を渡るともう中央区日本橋、「薬研堀不動尊」の赤い
のぼりがたなびいている。

S_4

せっかくだからとお参りすることにした。そういえば今年は初詣がまだだったな~。
百円でお線香を買ったが、マッチもライターもなかったので、我家の仏壇に立てる
ことにした。

S_5

このあたりの横山町や馬喰町は衣料品問屋街だ。「織物中央通り」を三越方面に
向かう途中「日本橋税務署」に寄ってトイレ休憩、ついでに確定申告書の用紙を
もらった。

S_6

そのすぐ近くでまたまた赤いのぼりが目に留まる。

S_7

「寶田恵比寿」という神社名が気に入ったので、お参りにいく。
日本橋七福神という色紙を持った人が数人訪れていて、テントの社務所のような
ところで押印してもらっていた。私は色紙がなかったので、100円のお賽銭で
お参りしただけ。

薬研堀不動尊も寶田恵比寿神社も、通りに面した小さな神社で参道もない。

喉が渇いたのでコーヒーショップでひと休みし、三越前を通り、日本橋を通り、
けっきょく東京駅から帰宅した。

S_8

途中あちこち立ち寄ったし、東京駅まで行ったので、5km以上は歩いたんじゃ
ないかしら。歩数計を持ってくればよかったわ。

2010/01/03

無線LAN

今日は、モバイルパソコンが無線LANにつながるかどうか確かめに、秋葉原の
コーヒーショップに行った。ここに「無線LAN」というプレートが出ていたのだ。

ところが普段はADSLを利用しているので、外で無線LANにつなごうとすると
どのネットワークしたらいいのか、パスワードが何のか分からない。前にいちど
千代田図書館で無線LANしたことがあるが、その時はとくに何もなくアクセス
できたんだけどなあ。

仕方ないので、パスワードが必要ないフリースポットにしたら、無事つながった
のだが、どういう訳か当のコーヒーショップのHPしか出ない。
無料にしても登録は必要のようだ。

ま、つながることが分かっただけでもいいか。
海外の空港なんかは「フリースポット」からアクセスってことになるんでしょうね?

イタリアのホテルはどこも無線LANができるところにした。そのうち1軒は
各室でADSLも出来るとなっている。ADSLをするとき、ホテルがLAN
ケーブルを貸してくれるのかしら?

持っていく予定のパソコンは10.4型の薄いやつだが、いま人気のミニパソコン
よりは重い。それで今まで持っていかなかったのだが、これじゃ宝の持ちぐされ
なので、今度は頑張って持っていこうと決めた。

いろいろ分からなことが多いが、何でもまずトライして学習していかないとね。
いつも旅先通信している皆さま、どんなことでもいいのでアドバイスをお願い
しますconfident

F1000001s

ところでコーヒーショップの隣の部屋では、コスプレのお祭りがあるらしく、皆さん
変身の真っ最中だった。いやあ、あそこまで変わったら誰が誰やら見分けが
つかないわ。正月そうそう「めでたい」ものを見たわ(^o^)v

F1000003s


2010/01/02

正月恒例皇居ウォーキング

今日もよいお天気だったので、かねてからプランを立てていた「皇居一周歩数
計測」をすることにした。

ところがお堀端に来てはたと気が付いた。今日1月2日は「国立近代美術館」の
入館料が無料じゃないか!まず美術鑑賞をして、それから皇居一周ウォーキングを
しよう。(たしか去年のお正月もこの美術館に行って、それから皇居を一周した
んじゃなかったかしら)

S_6

この美術館こには好きな絵が多い。また戦争画が展示されていて、それも印象に
残る。それが描かれた時代はいろんな思惑があったのかも知れないが、戦争を
知らない者が見ると、必ずしも戦意高揚のために描かれたとは思えない。

藤田嗣治の作品などは、戦争の悲惨さとともに藤田の画家としての力量を実感
するような大作だった。今回展示されていた小磯良平の大作にしても、敵味方の
軍人が集まって何やら反省会でもしているような、独特の静かな雰囲気が漂って
いた。

ざっと作品を見て美術館を出た。歩数計はすでに5000歩近くになっていた。
お堀端はランニングする人と観光客(おもに外国人)と一般参賀に来た人たちで
いっぱいだった。

S_5

皇居一周のとき私は時計と反対回りするのだが、今日はお天気が良すぎてその方向
だと陽光をまともに受けてしまうので逆方向に歩いた。もっとも方向はすぐに変化
するので、すぐにお日様と向き合うことになったけど。

大手門の前では普段は無料で入れる「皇居東御苑」が閉まっていて、がっかりした
外国人観光客がたむろしていた。
それにしても外国人観光客は、無料の観光スポットをよく知っているなあ。

S_3
(参賀を終えた人たちが列になって戻ってきた)

結局二重橋まで歩いて地下通路に入り、有楽町の国際フォーラム経由で東京駅
まで歩いた。お昼にレトルトカレーを食べてきたというのに、歩きすぎたのか
お腹が空いて、国際フォーラムのカフェでコーヒーブレークがてらスパゲッティを
食べてしまった。
ウォーキングで消費したカロリーよりも補給したカロリーのほうが多いような
気がするな~。これじゃウォーキング効果ゼロどころかマイナスだわ。

帰宅して歩数計を見たら19000歩を超えていた。

2010/01/01

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

大晦日は掃除、洗濯をしたりデパ地下でお刺身と煮物などを買ってきたりで、
ドタバタしていた。夜になってさて晩酌でもと思ったら、何と日本酒がない!
ワインや焼酎はあるのに‥‥。近くにコンビニがあるのだが、年末年始は一年で
一度だけの日本酒を飲む機会だから、コンビニのカップ酒なんて侘しい。それで
大晦日は焼酎のオンザロックですませた。

さて目出度く元日となり、午前中に駅前のデパートまでお酒を買いに出かけた。
こんな時我が街は便利だ。なんたって元旦からめぼしいショッピングモールや
デパートが営業しているんだから‥‥。

S
(福袋を求める人の行列ができていた)

今日は穏やかな良いお天気だった。東京スカイツリーがよく見える。毎日見ている
ので、高くなっているのかどうか分からないけれど、ニュースによるとすでに
六本木ヒルズの展望台より高いのだとか。

S_2

このお天気なら富士山も見えるんじゃないか。元旦くらい目出度いものを見て、
あらたまった気持になりたい。(←言うだけ)
ふっとそんなふうに思いつき、大混雑している神社仏閣の代わりに富士山を
拝むことにして、急遽「東京都庁展望台」に行くことにした。

展望台は空いていてエレベータにもスンナリ乗ることができた。たぶん初日の出の
ときは沢山の人がいたんだろうけど。日本人より外国人観光客のほうが多いくらい
だった。

S_3

S_4

富士山は見えたけれど、快晴すぎて白い山頂がお日様の光に溶け込んでしまい、
カメラではよく捉えられなかった。

富士山参拝をすませてから、都庁のある新宿西口は私のウォーキングコースなので
しばらく地下街を歩きまわった。少しでもカロリー消費しないと‥‥。

S_5
(さすがに通行人は少ない)

いつもは地下街ばかりだが、今日はちょっと地上に出て花園神社に行ってみた。
空いていたらお参りでもしようと思ったが、ここでも行列ができていたので、
甘酒を飲んだだけで帰ってきた。

S_6

最寄のデパ地下で、お酒とちっちゃな寅イラストのお菓子を買った。
目当てのお酒はなかったので、めずらしい山梨の日本酒にした。お菓子は福岡の
ものでマシュマロみたいな食感だった。

S_7

何はともあれ、今年一年つつがなく過ごせますように。


« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »