無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009/12/30

くたびれ気味の年の瀬

今日も仕事だったが、普段より早めに終わったので、有楽町の交通会館にある
日本各地のアンテナショップで買い物することにした。
くたびれちゃってお料理する元気も出ないので、各県物産館で特産品を調達して
おせち代わりにしようと思ったのだ。

有楽町へ行く前に、新宿南口サザンテラスにある広島県と宮崎県に立ち寄る。
広島県では、「レモン粉末」と「かき醤油味付けのり」を買った。
宮崎県は、混んでいたしとくに欲しい物もなかったのでパス。

東京駅、有楽町周辺には各県の「アンテナショップ」がたくさんある。

私のいちばんの目当ては「富山県」の銘菓「月世界」と「鹿の子餅」だったが、
わざわざ出かけた「いきいき富山館」はもうお休みに入っていた。残念。

交通会館内のアンテナショップでは、富山のほか和歌山も静岡も休み
だった。そのぶん開店している「北海道どさんこプラザ」と「むらからまち
から館」は観光客などでごった返していた。

下は今日買った特産品。

S
左より
「すりおろし りんご、なし 焼肉のたれ」広島県世羅町
「鰹昆布 粉だし」兵庫県芦屋市の味噌元
「栗きんとん」熊本県山江村
「レモン粉末」「味付けのり」広島県

関係ないけど、最寄コンビニの私の「お気に入り」は 、この(↓)の商品です。

S_2

「ししゃも」はパックに穴があいていて、このままレンジでチンできる。焼酎の
お供にピッタリ。「マカロン」はブラックコーヒーのお供にちょうど良い。

今日はデパ地下に寄らず、駅の花屋でバラ、チューリップ、カーネーションなど
買って帰った。とりあえずお花だけは飾っておこう。明日はまず掃除しなくちゃ。

2009/12/28

曹操の陵墓発見!

曹操(155~220年)の陵墓が発見されたというニュースに、久々に心が
浮きたった。曹操らしき人物の骨もあったという。古代のロマンだな~。

日本でいえば卑弥呼の時代だから、曹操は間違いなく古代の人なんだけど、自分と
変わらない身近な人間に感じられから不思議だ。

諸葛孔明の敵役として見られがちな曹操だが、実際は詩人で有能な人物だったと
いわれている。発見された陵墓はいつ公開されるのかな?ぜひぜひ行ってみたい。

Img_2363s
(曹操はどれでしょう?)

話は変わるが、今朝のNHKニュースで「年末年始を巣篭もりする人が増えた」と
巣篭もり族をターゲットにした商品を取り上げていた。
お正月がだんだん「ハレの日」でなくなって、長いお休みを持て余す人も多いんで
しょうね。

私もそのひとりだけれど、ことによったら30日まで仕事になるかも知れず、
そうなると巣篭もってもいられない。
ハレもロマンもあったもんじゃないわ。わびしい話だ‥‥(-_-;)

2009/12/27

秘境に憧れるけど‥

緊縮財政の引きこもり年末年始にそなえて、図書館から本を3冊を借りてきた。

「秘境添乗員」金子貴一著
「ボローニャ紀行」井上ひさし著
「黒いスイス」福原直樹著

「秘境添乗員」は半分くらい読んだ。面白い。
こういうハードな旅にはまっちゃうと、単なる観光旅行では物足りなくなるんだ
ろうなあ。「カラコルム・ハイウェイの旅」など、私がむかしプランを練った旅も
あった。けっきょく実行できなかったけど。

ああいう旅は勢いで一歩踏み出さないとダメでしょうね。
あれこれ考えていたら、行けなくなってしまう。

著者の言葉だと、パキスタンから中国へ抜けるこの旅は「添乗員殺しのコース」だ
とか。一人で旅するだけでも困難を極めるのに、年代も性格もさまざまの客達を
引き連れていくなんて、途方もない艱難辛苦って気がする。

でも他人の苦労は蜜の味(^o^;)、トラブルが奇想天外であればあるほど体験記は
楽しい。異文化と格闘した著者の話を読みながら、秘境とカルチャーショックを
少しばかり味わったのだった。

F1000004_6s
(図書館の近くの北斎通りにはこんな神社↑があります)

2009/12/23

気が早いけど旅行準備

今日は朝からイタリア旅行のホテル探し。

条件は
1、料金(1泊1万円前後)金額に大差なかったら現地でカード払い。
2、立地(駅から徒歩圏内)
3、評判(利用者の口コミ)
4、キャンセルポリシー

それに今回はインターネット状況もチェックした。
もしかしたら、モバイルパソコンを持っていくかも知れないので。

午後になって、ミラノ2泊、ボローニャ2泊、ローマ2泊のホテル予約を完了
した。ホテル探しを始めると、「もっと良い条件のホテルがあるかもしれない」と
いろいろ見てまわるので、時間を浪費してしまう。

夕方になって食料買出しに駅前のデパ地下に行ったら、街はクリスマス気分で
賑やかだった。

2s

ムダ使いしたくないけど、何か買いたくなって、「水だけで劇的に汚れが落ちる
クロス」とか「サッとなでるだけで埃がとれるお掃除グッズ」を買った。

たいていは1~2回使って「あまり効果ないな」とお役御免になってしまうの
だけど、1回でも使えば部屋がきれいになるので、ムダじゃないわね。

S

夜はまたパソコンの前に座って「イタリア国鉄」のサイトで列車のチケットを
購入した。まだ2ヶ月も先だけど、30%割引のユーロスターを何とか買うことが
できた。ボローニャからローマまでで41ユーロ。所要時間は2時間22分。
窓際の席。

英語とにらめっこで頭も眼も疲れたけど、ときどきは英文を読んで脳のトレー
ニングしないとね。

2009/12/18

年末年始旅行

「年末年始は箱根の宿を予約しておく」と妹が言うので、そのつもりで何の予定も
入れないでいたのに、宿がとれなくて箱根はキャンセルになってしまった。

年末年始は休みが続くから、この機会をいかしたい。それで急遽旅行先を探し
始めた。日程的にヨーロッパやアメリカはムリだから、北京をメインにしてダメ
なら上海か台北かソウルにしよう。

でもこんなに押し迫ってからでは、しかもハイシーズン真っ最中では、チケットを
ゲットするのは所詮ムリな話だった。
「キャンセル待ちもダメ」と言われちゃって‥‥。

もうこうなったら少し早めでもいいと、連休をはさむ22日~24日もあたって
みたが、どれも満席。
あ~あ、いつも寸前になってジタバタする私。計画性がなさ過ぎる。

仕方ない。年末年始は東京でゆっくりし、2月ごろ念願のボローニャに行こう
かな。

2009/12/15

年の瀬の風景(第九とイルミネ)

日曜日に「第九」を聴きに行ってきた。

場所は「秋川キララホール」、JR五日市線「秋川駅」すぐのところにある。

中央線の立川駅で青梅線に乗り換え拝島に行き、そこで五日市線に乗り換える。
私の住まいからはだいぶ遠いが、チケットをプレゼントしてくれた妹宅からは近い。

「秋川キララホール」は座席数700程度なので、都心部にある大ホールに比べ
こぢんまりとした印象を受ける。そのぶんステージが近いので、演奏家や指揮者を
間近に見られるメリットがあるけれど。

このホールは音楽演奏を主目的に建てられたので、クラシックコンサートに最適の
残響効果があると評価されている。

Halls

オーケストラは「日本フィルハーモニー交響楽団」、指揮者は「西本智実」、
チケット発売初日に買いに行ったら長い行列ができていて、一人2枚までに制限
されていたとか。「第九(合唱付き)」と「西本智実」がマッチングしたら、そりゃ
行列ができるだろうな~。それに料金も4,000円と安いし。

西本智実さん、やっぱりカッコいいね。宝塚ファンさながらにオバサンが憧れる
のもムリないわ。その西本さんも来年は40歳とか。もっとも今の40代50代は
旬の年代だから、まだまだこれからだけど。ぜひぜひその美貌と体型を維持
してくださいませconfident

コンサートのあと食事をするために立川に行ったら、近くの「昭和記念公園」
「イルミネーション祭り」をやっていることに気づき、せっかくの機会だからと
食事を後回しにして行くことにした。

Park1s

新宿高層ビル街、丸の内、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン等々、食傷気味に
なるほど色んなイルミネーションを見たけれど、ここは広大な公園が舞台なので
仕掛けがダイナミックだ。入場料400円が必要だけど、一度くらいは見ても
損じゃないわ。

Glasss

水路に沿って「シャンパングラス」のイルミネーションが並んでいる。
突き当たりの何千個ものグラスを積み重ねた「クリスマスツリー」がシンボル。

Park10s
「海」がテーマの「イルミネーション広場」

Bands

公園内にはテントのお店がいくつも並び、レストランではバンド演奏もあった。
まさに「冬の夜のお花見」って感じ。寒いから宴会する人はいなかったけど。

会場を一通り廻ったら、寒いわ、お腹が空くわ‥‥もうヘトヘトで、ホテルの
レストランで食事をするつもりが、熱燗ちびちびの方がいいねと予定変更、駅前の
大衆居酒屋でお湯割り焼酎を飲んで体を温めたのだった。

2009/12/14

赤穂浪士討ち入りの日

今日12月14日は赤穂浪士が吉良邸に討ち入った日。

その吉良邸は本所松坂町(両国駅の近く)にあった。
ここでは義士祭も行われるが、吉良祭もある。

F1000001s

どうしても敵役になってしまう吉良上野介だけれど、じっさいは名君だったと
言われている。せめて地元くらいは吉良を贔屓にしてあげてほしいわ。

Kirateis
両国駅前の狭い路地(その名も横綱通り)にあるレストラン。

Gisigozens
近くのお蕎麦屋さんには「義士御膳」なんてメニューがある。
味はイマイチだったけど‥‥。

Img_2636s

ところで、この間行った笠間の日動美術館のとなりに「大石内蔵助の曽祖父と
祖父が住んでいた屋敷跡」があった。

笠間と縁があったなんて意外だったわ。

2009/12/10

年の瀬の風景(カレンダー)

12月はせわしない月だ。
1年の締めくくりもあるし新年の準備もある。
もちろん12月でなくても構わないものもあるが、照明器具の取替えとか手抜き
箇所の掃除なんかは、12月を逃したら1年中やらないような気がする。

それから12月でなければダメなこともある。そのひとつがカレンダーの調達だ。

毎年12月になると銀行に行って「ピーターラビット」のカレンダーを貰ってくる。
白い壁紙の部屋が、このカレンダー1枚あるだけで暖かい雰囲気になる。

Img_2707s
(去年のカレンダー)

このあいだ東京駅の八重洲地下街で恒例の「カレンダー展」をやっていたので、
アンケートに答えたらこの(↓)カレンダーが当たった。

Img_2708s

細長い月めくりカレンダーで、ひと月ごとに10の世界各地のエコ住宅が載って
いる。使い終わったらミニ冊子にできるようデザインされていてオシャレなので、
インテリアとして飾っておいてもいいかな。

去年かおととしは、この展覧会でJRの列車のカレンダーが当たった。
本屋で同じ物が3~4千円で売られていて、鉄道ファンには価値あるものだろうが
私はちょっと持て余してしまった。列車の写真は迫力あるけど、興味のない者には
なんだか殺風景な気がする。

でも捨てるのはもったいないので、カレンダーの寄付を募っていた北海道の町に
送った。カレンダーを売って福祉などの費用にするらしい。お礼状も送られてきた。
不要カレンダーが役に立ってよかったわ。


2009/12/07

ダイエット

ダイエット産業は不況知らずのようで、次から次へとさまざまなグッズや対策本が
発売される。

私もいろいろやった。お金や努力が必要なのは避けて、「苦労せずに痩せられる」と
いった類のダイエット法を見つけては、「何もしないよりマシ」とやってみる。

でもその心がけが悪いのか、これまで成功したためしがないけど。

数ヶ月前に「ドローイン」とやらを試みた。
腹式呼吸をしてお腹をひっこめるダイエット法。通勤電車に揺られながらやっている。
お手軽そのものだけど、やり方が悪いのか、バカスカ食べてお腹だけ引っ込めても
ダメなのか、まだ成果はあがっていない。

最近新聞の書評欄で見たのが「巻くだけダイエット」だ。
本が売り切れるほど人気が出たという。
さっそく本屋でパラパラ立ち読みし、「騙されたと思って巻いてみてください」と
いうコピーに誘われて「騙されてみるか~」と本を買ってしまった。

イラストの「やり方」も分かりやすそうだし、「ゴムベルト」が付いていてすぐに
出来るのも気に入った。

このダイエット法を始めて1~2日しかたっていないので、効果のほどはまだ
分からない。ゴムベルトといっても薄っぺらなので、むりやり巻いて切れて
しまうんじゃないかと気になる。

私のダイエット体験でいちばん効果的だったのは、「毎日体重を計る」ことだ。
体重が増えていたら、食べる量を減らそうという気になるもの。
成人病予防のためにも、アンチエイジングのためにも、やっぱり考えた食生活を
しなくちゃね。(←いつも決意ばかりしているけど‥‥^^;)

F1000027_1s
(池袋駅前にLABI1(ヤマダ電機)日本総本店ができて、もともと池袋を縄張に
していたビッグカメラとバトルを繰り広げている。
照明器具を買いたくて先日行ってみたのだが、店はやたら大きくても探している
品物は種類が少なかった)

2009/12/03

もう師走

今日はお休みだったけど、雨が降り続いていたので、外歩きはできなかった。
こんな日は大掃除でもやればいいんだろうけど、どうもその気になれない。

当面の課題は床のワックスがけと電球の取替え。

でもワックスがけのほうは今年もやれそうにないな。
電球はLED電球に替えたいと思っているんだけど、そうなるとシェードも替え
なくちゃならない。LDE電球専用のランプシェードってあるのかしら?

午後になって外出し、来年開催される「長谷川等伯展」のペアチケットを買った。

Img_2704s

当日券だと1500円だが、これは2枚で2000円とお得なのだ。(今月23日まで
販売)ペアといっても「必ず誰かと一緒に鑑賞する」必要はない。一人で2回
見てもいい。この手の展覧会はたいてい前期と後期で展示替えがあるから、2回
行く人も多いと思うわ。

夜は白菜と豚肉でクリーム煮をつくった。クリーム煮といっても、コンソメの素で
味付けし「パントリークリーム」という安い生クリームを入れただけ。
それにベビーリーフのサラダと白ワイン。最近はコンビニで安くて美味しいワインを
売っている。帰宅途中にフラッと立ち寄って買えるから便利だ。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »