無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« マイケルと江戸の一日 | トップページ | ゴミ屋敷 »

2009/11/17

どこでもネット

むかし自宅で経理事務のアルバイトをやっていた時、バックアップ用にと購入した
ハンディタイプのノートパソコンがある。たいして使わないまま「宝の持ちぐされ」
状態が続いていたが、これではもったいないと少し前に千代田図書館に行って
「無線LAN」接続をした。

その時はインターネットに繋がったのだが、今度は自宅のADSLに繋がらなく
なった。メーカーのサービスセンターに持込んで見てもらおうと思ったのだが、
その前にもう一度自分でやってみようとマニュアルを取り出して、ボケた脳に
鞭打って読み返す。

どうやら「インターネットプロトコル」のところに違うものが入ってしまった
ようだ。(←意味は分かっていない‥^^;)「IPアドレスを自動的に取得する」に
したら、今度は無事つながった。

ついでに、いくつかの「ネットワーク設定」を保存しておける「ブロードバンド
チェンジャー」に自宅ADSLを登録した。

ところで、今迄は荷物になるのがイヤで旅行にパソコンを持っていかなかったが、
旅行好きの皆さんが海外から記事をアップするのを見て、私もトライしてみようと
思うようになった。夜ホテルで過ごす時間も長いしね。

ネットで「海外からの通信方法」を調べてみると、「海外対応モデム」を使った
ほうが良いと書いてある。どこでもブロードバンドが出来るとは限らないから、
電話回線を利用する方法が確実だというのだが、もし無線LANやADSLが
使えるところだったら、このパソコンをそのまま海外に持って行き「IPアドレス
を自動的に取得する」にするだけで、インターネットに繋がるのかしら?

どなたかお分かりの方がいたら、教えてくださいませ。

ちなみに私のハンディパソコンは
(LAN)100BASE-TX/10BASE-T(RJ45コネクタ)
(ワイヤレスLAN)IEEE802.11b準拠
モデムなし‥となっています。

« マイケルと江戸の一日 | トップページ | ゴミ屋敷 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私はUSAの場合しか知りませんが、最近はあちこちでPCを弄ってる旅行者を見ます。(^◇^)
主な空港は、無線LANが無料で使えたり、街中でも無線LANが使える店が増えてるそうです。
ホテルやモーテルでも無線LANや有線LANが使える所が多いです。
無料・有料はそれぞれですが。
PC持参なら無線LAN+LANケーブルが便利。

LAN環境のない場所はモデム持参が必要。
それに加えてモデムセーバーが必須。
しかもアクセスポイントやローミング等、の問題ありで、これはLANに押されて廃れてきたみたいです。

詳しい事は「海外 モバイル」等で検索してみて下さい。(^o^)/~~~

ろうまさん、私はあまり詳しくないので、ろうまさんのPCで使えるかどうかがわからないのですが、以前モデムを使って電話回線でアクセスポイントにつなぐ方式は結構大変でした。アクセスポイントも次々と廃止になってますので、ホテルについている無線LANやLANケーブルで接続するというのが普通です。

ヨーロッパは無線LANのところが多いです。イタリアなどは古い建物にケーブル入れるより電波で飛ばした方が簡単ですからね。安い三ツ星ホテル程度の方が無料で接続できる確率が高いです。ただし、あっても使えないことも。電波の状況が悪いと部屋では出来ない、ドアの近くしかだめ、とかロビーでしか使えないということもありました。無料の他、カードを買ってIDとパスワードを入れて使う方法とかホテル独自のシステムで課金される方法とかあります。セキュリティ対策で毎日違うIDとパスワードを一人に1つくれるホテルもありました。たくさん電波が飛んでいる場合どれで接続するかを選ばなくてはなりませんのでフロントに聞いた方が良いです。ただし、普通は技術サポートは無いと思ってください。
中国は私の泊ったところはLANケーブルでの接続が多かったです。

昔よりハードルは低く空港などでも使えますからチャレンジするのも良いかもしれません。現地で情報調べられるし。

 私は旅にパソコンは必需品。いや、現地通信する為に旅に出ているという主客転倒現象迄出ています(^_^;)。パソコン通信の頃はザウルスで通信してました。その後はMacのノートパソコンを持ち歩いていました。イタリアって本当に通信後進国で、モジュラーのホテルは少なくてカプラーのお世話になりました。もう、カプラーのお世話になることもないかと思い、前日、処分しましたが。
 海外ローミングもWindows用のソフトはあって、簡単に出来るのに、Macは全部手動でしなければならず、大変でしたが、市内料金で日本と繋がるのが魅力で頑張って繋いでましたねえ。旅に出る前に、国内で海外(交際通話料金が安いのでアメリカ)に繋いで練習していましたよ。
 今はLANがあって本当に便利ですね。小難しい設定しなくても、簡単に繋がりますから。前回、イタリアに行った時は、きちんと繋がりましたよ。1時間6ユーロというのは高いと思いましたけど。無料LANがあるホテルでは、繋がらなくてオーナーにもいろいろ見て貰ったのですが、結局解らず。でも、オーナーがレセプションの有線LANを貸してくれたので、問題なくインターネット、出来ました。帰国後、何気に見ていたら、多分「直前に使ったドメイン(IP?か何か忘れたけど)を記憶する」か何かになっていたので、これが邪魔していたのかなあと思います。
 今は、ネットする為の様なネットブックなので、もっと簡単に出来るんじゃないかなと思います。

欠食児さん、HANAさん、アトムズさん、コメントありがとうございます。

欠食児さん>
USAは、単なる印象ですが、いちばん簡単につながるような気がします。
今私が持っているミニパソコンとLANケーブルを持っていけば、面倒くさい契約などしなくても繋がるんですね?

「海外モバイル」で検索してみたんですが、古い情報ばかりで、あまり参考になりませんでした。どれも「海外対応モデム」を持って行ったほうが良いと書いてあるんですが、大型電気店でも「海外対応モデム」なんてなくて、あっても隅っこに隠れるように置いてあるんです。しかも2万円近くするんですよ。そこまでして海外からネットするくらいなら、インターネットカフェを利用したほうがいいですわ。

HANAさん>
なるほど、なるほど、やっぱりモデムで繋ぐ形式は廃れてきているんですね。
そりゃ電話回線でなければ繋げない地域もあるでしょうが、マスコミ関係者じゃないから、そこまでして通信する必要ないですわ。

HANAさんは、いつも旅先から写真や旅行記をアップするので、いいな~と思っていました。荷物になるというネックはあっても、旅している時点でのアップはひと味違います。お話を聞いて、実際にトライして場数を踏まなきゃならないと思いました。

昔は海外から「パソコン通信」するために、いろいろ奮闘したようですね。今もところによっては同じかも知れませんが、ケッサクな話がありそうですね。そのうちに「海外通信よもやま話」を聞かせてください。

アトムズさん>
アトムズさんも海外通信歴が長いんですね~。とくにイタリアからの通信となると、私に一番関係ありそうです。イタリアが通信後進国というのは納得です。むかしからイタリアは「防犯技術」以外は遅れていましたからねぇ。

LANは小難しい設定をしなくてもいいんですね。それを聞いて安心しました。イタリアのことだからスンナリとはいかないでしょうが、やってみる価値ありますね。

海外対応モデムを見に大型電気店を回遊coldsweats01したんですが、(話題の池袋のヤマダ電機やビックカメラまで行ってきました)ソフトバンクやdocomoがパソコンに差し込んで通信するものを売り出していて、定額で1週間4980円なんてパンフに載っていました。あれは便利なんでしょうかね?

 ろうまさん。海外対応モデムなんて、特別にいるのでしょうか?国内で使えているものなら、そのまま行ける気がするんですが。私は特に何も買いませんでしたよ。あと、言い忘れましたけど、一番、てっとり早いのは携帯です。mixiとブログとメールくらいなら、携帯で何とかなります。列車などの待ち時間やバールでお茶している時でも簡単にアップ出来るし、ストレスたまらないですね。ただ、パケホの対象外になるので、課金が高いというのがネックですが。

ろうまさん、昔電話回線を使ってモデムで繋げる方式のときは国によって電話をつなぐピンの本数が違ったので繋げられないこともあって海外用モデムとなったんじゃなかったかしら。

海外でネットにつなぐことが本当に良いのかどうかわかりません。時間もとられるし仕事や日常から離れたいと思って海外に出てきているのになかなかそれから離れられません。でもこれによってストなどのときには助けられたこともあるし、最近は途中でホテルの予約を入れたりするのであれば便利ですし、一人だと元気も出ますね。
反面ベルリンに行った時には到着直後に故障して重たいお荷物になってしまいました。でも今はお伴としてなかなか良いと思ってますので持っていかない選択はありません。
今はネット接続できるところしか泊ることはありませんが、9割以上の確率で接続できます。問題は料金で高級ホテルは有料の場合が多く、一日料金が20$以上のこともあって悩むところです。うまく繋がるかどうかはネットでの口コミなどみて確認してみてください。
でも繋がらなかったことなんてあまり覚えていないのはどうしてでしょう?
最近はさっさと諦めて考えを切り替えるからかしら。

アトムズさん>
私も海外からケータイでこのブログに記事をアップしたことはあるんですよ。
中国・広州の食堂から、食べるのもそこそこに必死に文章打って、目の前にある料理とビールをブログに載せました。私は普段あまりケータイを使わないので、文章作るのが遅いんですcatface (もっぱらオサイフケータイとして利用してます)

ブダペストのエリザベートご贔屓のカフェでも、ブログにアップしようと必死にケータイとにらめっこしましたが、操作を間違えてアップできませんでした。あとで、せっかく由緒あるカフェに入ったんだから、ケータイいじりなんかしないで、ゆっくりコーヒー飲めばよかったと反省しましたけど(^_^;)

海外からケータイでのアクセスは、手軽に持ち運べるメリットと、お金がかかるデメリットを秤にかけなくちゃならないですね。でもこの間大型電気店に行ったら、「パソコンのUSBポートに差込むだけでOK」というデータカードを宣伝していました。定額料金のようですが、これなんか使えるかも知れません。


HANAさん>
私がネットで調べたところによると、多くの国では自国で認定した機器しか接続できない決まりがあるんですって。「海外対応モデム」というのは、その決まりをクリアしている製品のようです。だから高いのかしら?

でも実際には、日本のパソコンに内臓されているモデムは海外でも問題なく使えるそうです。私のミニパソコンはモデムがないので、もし安かったら買おうと思ったんですが、LANでアクセスできるのなら買うことないですね。

たしかに、海外に行ってまでパソコンを相手にしなくても‥‥という気持もありますが、モバイルパソコンがあるので、とりあえずやってみたいんです。でも一日料金が20$以上なんて、ずい分高いですね。私は高級ホテルに泊まらないけれど、ホテルを予約するときにネット利用料金もチェックしたほうがいいですね。

この間大型電気店めぐりをしたんですが、今は「データ通信カード」が出回っているようですね。ドコモの場合だと、「パケット通信に対応した国と地域のみ」定額で通信できるうようです。こちらのほうが、安くつくかも知れません。

今すぐ海外旅行する訳じゃないので、ときどき電気店に行って最新情報を仕入れることにしますわ(^o^)v

海外では電話回線の方式が2線式とか4線式とか色々とあるので、それらを検出・調整するのがモデムセーバーです。(^◇^)
昔はモデムとペアで持っていく人が多かったとか。
今はLANやUSBインターフェイスの時代だから、昔話になりつつあるけど。

さあ、今日はWINDOWS 7 のインストールだ。(^o^)/~~~

欠食児さん、むかし海外からインターネットする人は、さまざまな機器を持参したんでしょうね。でも上手くつながったときは、喜びもひとしおだったんじゃないかしら。

パソコンを持っていかない私でも、海外旅行ではプラグにあわせる機器などいくつかの電気器具を持っていきます。こういう機器類は、けっこう重いんですよね。

>さあ、今日はWINDOWS 7 のインストールだ。(^o^)/~~~

私なんかXPで十分ですよ。WINDOWS 7の利点はどんなところでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マイケルと江戸の一日 | トップページ | ゴミ屋敷 »