無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« ツーデーパスで近場旅(3) | トップページ | 世界自殺予防デー  »

2009/09/06

9月の連休

今月の連休に東京の妹と2泊3日の予定で北陸旅行することになった。

富山の姪の病気見舞いが主目的だが、姪の負担になると困るので、北陸旅行の
ついでに立ち寄るということにした。

「北陸フリーきっぷ」(21,400円)を買い、急いで列車の指定席を取った。
上越新幹線で越後湯沢まで行き、そこで特急「はくたか」に乗り換える。
待ち時間を含めて所要4時間弱、昔を思うと北陸も近くなったものだ。

北陸新幹線が開通したらもっと行きやすくなる。でも上越新幹線と北陸新幹線の
谷間になる柏崎はますます不便になるわね。原発はあるわ、新幹線は通らないわ
じゃ、ホントに踏んだり蹴ったりだわ。

北陸フリーきっぷなので1日目は富山に泊まり、翌日は金沢に泊まることにした。
できたら和倉温泉あたりに宿をとりたかったんだけど、めぼしい温泉宿は満杯だし
ビジネスホテルさえツインルームはどこもうまっている。

こうなったら空いている可能性の高いビジネスホテルのシングルルームに一人ずつ
泊まるしかないと、HANAさんから教えてもらったJALのホテル検索サイトで、
予約できそうなホテルを探した。

先日山梨で泊まった温泉付きビジネスホテル「ドーミーイン」が良かったので、
富山と金沢でもそこにしたかったのだが、金沢は禁煙ルームを何とか予約できた
けど、富山は満室で他のビジネスホテルにした。こちらも「展望大浴場」がある。

日本のビジネスホテルは細かいサービスに気を配っていて感心する。
いちばん有難いのは部屋の明るさだ。外国のシティホテルは部屋が暗くて、本を
読んだりするのにいつも苦労する。一人だから、あまり広い部屋も使い勝手が良く
ないし。

まあビジネスホテルといってもピンからキリまであるが、コストパフォーマンスの良い
ホテルに当たった時は「やった!」という気持になるわね。

« ツーデーパスで近場旅(3) | トップページ | 世界自殺予防デー  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ろうまさん、北陸旅行楽しみですね。

夏休みもJRは空いていましたのでバスなどを使うよりずっと楽しく行けるんじゃないかしら。列車だったらビールなどもいただけますし。
ちなみに富山はお酒も地ビールもお魚もお米も美味しいので大好きです。

この手のフリー切符は往復の乗車券を買っていくよりお得度が高いですね。国鉄時代のミニ周遊券みたいですけど新幹線や特急も使えて前より便利なようです。
連休は旅館は稼ぎ時なのでなかなか一人や二人では取れないし高いですが、ビジネスホテルはこういうときはかえって空いてますからうまく行けるようになりました。spaも楽しんできてください。


ところで私は連休北海道に行きますが、途中羽田乗継にしているのですが、19日にはビッグサイトで旅行博があるのに気が付きました。乗り継ぎ時間では行けないので今最終便にキャンセル待ちをかけているんですが取れたら旅行博に行こうと思います。幕張で行われていた頃は無料だったけど今は有料ですね。でもいろんなイベントがあるから久しぶりに行ってみたいと思ってます。

北海道では大雪山や知床に行って一足早いfujimapleを楽しみたいと思ってるんですが熊が出没中で行けないかもしれませんsad

HANAさん、富山県と新潟県はお隣さん同士で、お米やお酒やお魚が美味しい点では似ているんですが、リッチ度は断然富山のほうが上です。富山県は持ち家比率が日本一で、しかも豪邸が多いんですよ。

五箇山とか高岡の瑞龍寺には行ったことがあるんですが、富山市内観光はしたことがないので、今回は富山県立近代美術館に行きたいと思っています。でも妹の都合もあるので、どうなるか‥‥。

ところで連休は北海道ですか。広い北海道ですけど、HANAさんはずい分いろんな所に行かれたでしょうね。紅葉が鮮やかな季節ですけど、クマが怖いですから、ムリな行動はしないで下さいね。

19日は世界旅行博だったんですね。私も2~3回行ったことがあります。各国のブースを廻っているうちに、ついついパンフが増えて身動きとれなくなってしまうんです。せっかくの資料も活用できなくて、結局はゴミになってしまうんですよね~。でもブースを見て廻るだけでも楽しいですけどね。

私は19日も仕事があって旅行博に行けませんが、もし行かれたらお話しをきかせて下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツーデーパスで近場旅(3) | トップページ | 世界自殺予防デー  »