無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« ツーデーパスで近場旅(2) | トップページ | 錦糸町河内音頭盆踊り »

2009/08/23

糸魚川が「世界ジオパーク」に

新潟県の糸魚川が洞爺湖や島原半島とともに「世界ジオパーク」に認定された。
日本のジオパークはこれが初めてだという。

世界ジオパークは「地質の世界遺産」と呼ばれ、19カ国63地域が認定されて
いる。重要な地形や岩石、火山といった特徴を生かし、観察やガイド付きツアー
などを整えているのが条件とか。

糸魚川は、故郷の柏崎と姪が住んでいる富山の中間にあるので、何度も通った
ことがある。親戚もいて縁はあるのだが、でもいつも通過するだけだった。
だからフォッサマグナも見たことがない。

最近「うららさんのブログ」に翡翠のお話がアップされ、世界でも数少ない産地
として糸魚川の地名があったばかりなので、「まあ何てタイミングがいいんで
しょ」と嬉しくなった。

« ツーデーパスで近場旅(2) | トップページ | 錦糸町河内音頭盆踊り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ブログ紹介ありがとうございます。

糸魚川は35年ほど昔、信州合宿へ行く時北陸線から乗り換えた場所です。
たった一度通過しただけの地点ですが、フォッサマグナと翡翠産地でもあるので記憶に残る地名でした。

世界ジオパークなんてのもあったのですね。
糸魚川で下車したくなりました。

うららさん、昨日のニュースで「世界ジオパーク」なるものを知りました。東京では関東甲信越のニュースとして「観光客が来て、活気が出るとうれしい」という糸魚川市民のインタビューを流していました。

フォッサマグナと翡翠って、何か関連があるのかしら?

翡翠の詳しい成因はまだ未解明だそうです。
ウキペディアには次のように書かれています。

翡翠は主に蛇紋岩中に存在します。
プレートが他のプレートの下に潜り込むことで、地殻下のマントルに多く含まれるカンラン岩が水を含んで変質したものが蛇紋岩。
激しい断層活動で地上に揉みだされることにより蛇紋岩は地表付近に出現し、その途中で曹長岩や変玄武岩を取り込むと翡翠になると考えられています。

低温高圧でできると考えられてきたが、実際には翡翠中には石英がほとんど存在せず低圧鉱物との共生も見られることから、今後の研究解明が待たれている。

博物館には多くの鉱石が展示されていますね。

今まではその前を通り過ぎるだけでしたが、ラピスラズリにまつわる歴史を知ってから、石に対する興味がわいてきました。

古代から人々の祈りや願いをこめて、石は祭祀やアクセサリーとして大切に利用されてきたんですね。

こんばんは
ラピスラズリの歴史ってどんなのでしょう?
機会があれば書いてくださいね。

うららさん、私がラピスラズリに興味を持つきっかけは、NHKの「新シルクロード第5集 天山南路 ラピスラズリの輝き」を見たことです。
鳩摩羅什(くまらじゅう)という若き僧のことを知ったのもこの番組でした。

その鳩摩羅什の生まれ故郷クチャ(当時は亀茲国)は、ラピスラズリで彩られた町で、クチャのキジル千仏洞は群青色のラピスラズリをふんだんに使用していたそうです。今は荒廃しているようですが‥‥。

私も以前ラピスラズリについて書きました。
http://tmroma.cocolog-nifty.com/tmweblog/2005/05/post_818c.html

ウルムチに行った時ぜひクチャにも足を延ばしたかったんですが、時間がなくて断念しました。クチャはウルムチ、トルファンとカシュガルの間にあるので、最低でも2週間くらいかけてシルクロード「天山南路」を行く旅をしたいわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツーデーパスで近場旅(2) | トップページ | 錦糸町河内音頭盆踊り »