無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009/08/30

ツーデーパスで近場旅(3)

ツーデーパスの仕上げは「小海線」に乗って終点の小諸に行くこと。
「小海線」の出発駅「小淵沢」に行くと、近くの諏訪湖で花火大会があるらしく
駅はやたらと混雑していた。

Img_2435s

「小海線」は小淵沢~小諸 間78.9Km の間に31の駅がある。
時刻表を見ると、全部の列車が全線を走っているわけではなく、小諸行きに乗る
には2時間ほど待たなくちゃならない。その前に「野毛山」止まりがあるので、
これに乗って清里まで行き1時間ほど時間をつぶすことにした。

Img_2442s

2輌連結の列車はワンマンカーだった。
車輌には電光掲示板もあって、小海線の説明などが流れている。
ここで初めて、この列車が「世界で初めてのハイブリッドカー」ということを
知った。全部の車輌がハイブリッドというわけじゃないから、たまたま乗ることが
できてラッキーだったわ。

Img_2456s

それから「鉄道駅の標高としては日本の1位から9位までを小海線が占めており、
野辺山駅の標高(1,345メートル)が日本一」ということも、清里駅の掲示板で
知った。そういえば耳がつーんとしたことがあったわ。気圧が平地よりも低いん
でしょうね。でもそれ以外はあまり高地という感じはなかった。もちろん八ヶ岳
山麓を走るわけだから、気分は爽快だし空気は新鮮だったけど、スイスアルプスの
山岳列車のように列車が斜めになるということはなかった。

Img_2453s

清里駅前は若者やファミリー向けのショップが並び、高原という雰囲気ではない。
列車が清里に近づくころから空模様があやしくなり、清里に着いたら雨が降り
出した。駅から徒歩10分ほどのところにある「清里北澤美術館」に行こうと
思っていたのだが、雨脚はどんどん強くなり土砂降りになってきたので、駅前を
ぶらっと歩いただけで駅舎に戻った。

夏休みということもあって、列車には沿線の家族連れがたくさん乗っていた。
でも座れないことはなかったけれど。
清里から終点小諸に向けて列車はコトコトと走っていく。沿線には高原野菜の畑も
見える。(小海線全線2時間10分程)

Img_2454s

小諸には午後5時半ごろ着いた。さあこれからどうしようか‥‥。

Img_2471s

小諸は鉄道で旅する者には「陸の孤島」みたいなところがある。小海線で佐久平
まで戻って新幹線に乗るか、軽井沢まで行って新幹線に乗るか、どちらにしても
JR各駅停車を乗り継ぐ旅はここで途切れてしまう。

Img_2466s

私は「しなの鉄道」で軽井沢まで行くことにして、待ち時間1時間ほどのあいだ
小諸散策することにした。ラッキーだったのは、小諸の名所である旧城下町が
駅の近くだったことだ。駅前にある懐古園はもう閉まっていたけれど。

Img_2463s

短時間の町散歩だったけど、小諸は開発から取り残されたような静かな町で、
時代がちょっと後戻りしたような情緒が漂っていた。
そのあと「しなの鉄道」で2~30分ほど行った軽井沢は、木立のあいだに
モダンな家が見えかくれして、小諸とはずい分雰囲気が違う。私は小諸のほうが
好きだけど、お金があったら軽井沢の別荘暮らしも悪くないわねwink

軽井沢駅前のバス停で横川行きのバス時刻を見たら、最終便が出たあとだった。
新幹線が通る前は横川駅で「釜飯」を買うのが風物詩だったけど、今は軽井沢と
横川をJRバスがつないでいるだけ。横川の釜飯はもっぱらデパートの駅弁祭りで
買うものになってしまった。

けっきょく「各駅停車の旅」は軽井沢で行き止まり、新幹線の臨時便に何とか
席がとれたので、それで帰宅した。臨時便だからやたら停車するし行先も上野
までだったけれど、それでも所要1時間ちょっとだからやっぱり速いわ。

この次各駅停車の旅をするときはもっと下調べをしなくちゃ。
でもいつも旅から帰ると同じことを言っているような気がするわ。

2009/08/27

錦糸町河内音頭盆踊り

昨日と今日は「錦糸町河内音頭盆踊り大会」だった。

F18s
(駅の構内にも提灯がぶら下がっている)

盆踊りといっても櫓を囲んで踊るのではなく、舞台で歌い手の皆さんがつぎつぎ
自慢ののどを披露するコンサート(?)的なスタイルなので、舞台の前には座り
込んで耳を傾ける人たちが集まっている。

中央が踊りのスペースで、おそろいの浴衣姿の人たち、飛び入りの若者、
サラリーマンなどがテンデンバラバラにリズムにあわせて飛び跳ねている。

F13s

そしてその後ろが「お花見」さながらで飲み食いするファミリーやグループ。
こちらは踊りも歌もそっちのけで宴会を繰り広げている。

私はいつもここで「たこやき」を食べるのだが、今日は「大阪焼き」とやらに
してみた。でもやっぱり「たこやき」のほうが良かったかな‥‥。

2009/08/23

糸魚川が「世界ジオパーク」に

新潟県の糸魚川が洞爺湖や島原半島とともに「世界ジオパーク」に認定された。
日本のジオパークはこれが初めてだという。

世界ジオパークは「地質の世界遺産」と呼ばれ、19カ国63地域が認定されて
いる。重要な地形や岩石、火山といった特徴を生かし、観察やガイド付きツアー
などを整えているのが条件とか。

糸魚川は、故郷の柏崎と姪が住んでいる富山の中間にあるので、何度も通った
ことがある。親戚もいて縁はあるのだが、でもいつも通過するだけだった。
だからフォッサマグナも見たことがない。

最近「うららさんのブログ」に翡翠のお話がアップされ、世界でも数少ない産地
として糸魚川の地名があったばかりなので、「まあ何てタイミングがいいんで
しょ」と嬉しくなった。

ツーデーパスで近場旅(2)

相模線に乗って八王子までやってきた。八王子、高尾は通勤の中央線が走って
いるから、何だか旅行気分がそがれてしまうわ。このまま電車に乗って東京方面に
向かえば我家に着いてしまうものねぇ。

でももちろん家には帰らない。通勤快速や特急「あずさ」が行ったあとで、やっと
来た各駅停車「中央本線、甲府行き」に乗り込んだ。時刻表を見ると甲府に着くのは
7時過ぎになる。この時間帯の鈍行列車は、甲府に近づくにつれて乗客がどんどん
少なくなって、ちょっと寂しい。途中「勝沼ぶどうの里」とか「石和温泉」とか
途中下車したくなるような駅を通過した。

ホテルは甲府駅から徒歩13分くらいと、ちょっと距離がある。
食事するところがあるかどうか分からなかったので、駅前のデパ地下でたった
一つ残っていたお寿司パックとワインを買った。

Img_2407s

もっと地元の食べ物を味わいたかったけど‥‥。計画性がないから、こんなことに
なるんだわ。(←自戒)

Img_2398s

駅前はちょっと寂しかったけど、ホテルの周囲は飲み屋街で明るかった。
これならどこかお店に入って美味しいもの食べられたなあ。こんなお寿司パック
なんか買うことなかったわ。

ホテルはインターネットで予約した「ドーミーイン甲府」
アウトバスのシングルルームで朝食バイキング付き6,900円は、ビジネスホテルに
しては高いかな。でも天然温泉付きだし、ホテルはきれいで部屋もビジネスに
しては広いし、ベッドもセミダブルくらいの大きさで、居住性は良かった。

この日はお盆休みの真っ只中だったので、ファミリー、山歩きのグループ、一人客
などでホテルは満員だった。この時期はビジネス客がいないから、何とかシングル
ルームを予約できたが、もう少しあとだったら満室になっていただろう。

Img_2406s

部屋に備えてあったお茶で一息ついてから、これもホテル備えの上下の部屋着を
着て最上階にある温泉に行った。ちょっと混んでいたけれど、芋の子を洗うという
ほどでもなくて、ゆっくりお湯につかることが出来た。夜の露天風呂はリラックス
できたわ。

翌朝はたっぷりブュッフェ朝食を食べ、こんなに食べるから旅に出ると太るんだと
反省しながらホテルをチェックアウトし駅に向かった。お盆休みの土曜日のせいか
街は人通りもなくひっそりしている。

Img_2414s
(甲府城跡、舞鶴城公園)

駅前のバス停で「山梨県立美術館」に行くバスを待つ。隣でバスを待っていた
年配の女性が「今年はミレーの作品が増えて、とても充実しましたよ」と教えて
くれた。甲府駅すぐ隣の「舞鶴城公園」の展望台にあがると目の前に富士山が見え
るので、よくスケッチに行くとのこと。「今日は富士山が見えないですね」と
言うと「夏の富士山は雪がなく黒いシルエットだけでつまらない」と話していた。

こんな近くにいてもその姿が見えないなんて、富士山は気まぐれな山だわ。

Img_2424s

「山梨県立美術館」にはミレーの作品だけを集めた「ミレー館」があった。
自然のなかで生きたミレーは山梨のイメージに合っている。
欧米の巨大美術館に行くと大作・名作が目白押しで、ミレーがあったとしても
じっくり鑑賞する余裕がない。でもこうやってしみじみ作品を眺めていると、
黙々と働く素朴な人々の心情が伝わってくるようだ。

「ハンス・フィッシャーの世界」という特別展もやっていたので、こちらも見て
きた。「長靴をはいたネコ」の童話をここで初めて読んだわ。

Img_2429s

美術館のレストランでちょっと早めのランチを食べる。
とくに変わったメニューはないけれど、明るくてきれいなレストランは雰囲気が
良い。夏休みにもかかわらず混んでいないし‥‥。だいたい東京の美術館が混雑
しすぎなのよね。

広い公園には美術館だけでなく「山梨県立文学館」もあるのだが、これから小海線
に乗らなくちゃならないので、そちらに立ち寄る時間はなかった。野外の彫刻を
ちょっと見ただけで、駅行きのバスに乗った。

2009/08/20

ツーデーパスで近場旅(1)

8月のお盆休みに、JR東日本が最近売り出した「ツーデーパス」を使って近場
各駅停車の旅に出た。

パスの範囲は、東京を中心にして伊豆・熱海や房総の海岸地帯から山梨、長野の
山岳地帯、新潟や福島の一部とかなり広く、2日間でくまなく廻るというわけには
いかない。

それで今回は、以前から行きたいと思っていた熱海の「MOA美術館」と甲府の
「山梨県立美術館」を訪ね、それから山梨出身の知人オススメの「小海線」に
乗って長野県まわりで帰るというプランを立てた。

夏休み真っ最中のことなので、ホテルだけはインターネットで予約した。
甲府市内のビジネスホテルだが、温泉付きなのが気に入った。

1日目の朝、東京7時40分発の伊東行きに乗る。熱海に着くのは9時半。
若者や家族連れで車内は満員だった。

Img_2386s
朝っぱらから駅弁(深川めし)を食べる。列車の旅はやっぱり駅弁だよね~。

Img_2387s
東海道本線は湘南から伊豆にかけて海沿いを走る。海をみるとウキウキするわ。

熱海駅には「MOA美術館」の案内板があった。バスで直行する。

Img_2390s

美術館は小高い丘の上に建つデッカイ建物で、入口から延々とエスカレーターに
乗って上がって行く。入口のロッカーにカメラを入れてしまったので、写真を撮る
ことが出来なかった。

「アフリカの美」という特別展では、アフリカの彫刻、祭祀の道具、仮面などと
それに影響を受けたヨーロッパの画家たちの作品が並べて展示されていた。
この展覧会については、少し前に「日曜美術館」で取り上げていたので関心が
あった。

こうやって同時に見てみると、アフリカのほうがパワーで勝っているし、造形的
にも完成度が高い感じがする。すごいな~。

MOA美術館の後はさっそく甲府に向かう。持参したハンディ時刻表の路線図を
見ると「身延線」が富士駅から甲府駅まで延びている。これに乗れば今日中に
「山梨県立美術館」にも行けるかもしれない。

Img_2393s

富士方面に向かう列車の中で路線図をながめる。
ここで私は路線図の上にある「TOICA」の文字に気づくべきだった。
そう、富士はJR東日本のエリアではないのだ。当然身延線もツーデーパスの
エリアから外れている。

でも時刻調べに忙しい私はそこまで気が廻らなかった。昼食のため富士で途中
下車しようとして、はじめて分かったのだ。

さあどうしようか‥‥。このまま身延線で甲府まで行くという手もある。検札が
なかったら割増料金は取られない。でも見つかったら何千円も取られてしまう。
小心者の私はけっきょく熱海まで戻ることにした。

Img_2394s

熱海に着くと、午前中には見なかった「きれいどころ」の皆さんの歓迎を受け
タオルのハンカチを貰った。でもこれ以上熱海で時間を使うわけにはいかない。
駅ビルのレストランであたふたと「アジのたたき定食」を食べ、東京方面行きの
東海道本線に飛び乗った。

Img_2397s
(けっきょく、こんな変わり映えのしないメニューになってしまうのよね)

熱海から甲府にはどう行くのが最も効率がいいのか。
私が選んだルートは茅ヶ崎で相模線に乗って橋本まで行き、そこで横浜線に乗換え
八王子、そこから中央本線で甲府まで行くというもの。乗換がうまくいっても
甲府に着くのはだいぶ遅くなりそうなので、ホテルには電話を入れておいた。

茅ヶ崎では運よく横浜線乗り入れの八王子行きに乗ることが出来た。
駅ビルでコーヒーを買いホッと一息つく。遅くなっても甲府は都会だから大丈夫
だろう。美術館は明日の朝一番で行くことにしよう。

2009/08/18

インフルエンザ

休み明けの薬局に、立て続けに「タミフル」の処方せんを持った若者がやって
きた。保険証を見ると関東圏の人ではない。だいぶ遠いところ。
夏休みで東京に来てインフルエンザにかかってしまったのか、すでにインフル
エンザにかかっていて東京でそれが分かったのか。

この時期のインフルエンザだから新型の可能性大だが、薬局は詳しいことを
聞かずに薬を出すだけだし、本人も「新型インフルエンザだ」なんて言わない
から、本当のことは分からない。
インフルエンザでなかった人は、こちらが聞きもしないのに「検査したら違って
いて良かった」などと言うけど。

それにしても患者はほとんど20代くらいの若者ばかり。若者はこの時期とくに
仲間同士で行動することが多いから、あっという間にうつってしまうんでしょう。

予防するといっても限度があるから、かかっても自然治癒する体力をつけるのが
いちばんの対策だと思う。

昨日は、真昼の猛暑の時間帯に用事があって出歩き、熱中症気味になって
しまった。帰宅してすぐ横になったのだが、頭痛がするし汗をかいて暑いのに
足先が冷える。
夕食もとらずにすぐに寝たら、今日は何とか回復したが、いっしゅん新型イン
フルエンザにかかったんじゃないかと心配したわ。

2009/08/13

ツーデーパスで近場旅

今日はお休みだったので、駅で明日とあさって利用のツーデーパス(5,000円)を
買い、それから東京駅近くにある「旅の図書館」に行ってガイドブックに目を
通した。

今回の旅の目的は列車に乗ることと美術館に行くことなので、途中下車はしない
つもり。列車を乗り換える駅で待ち時間があったら、ちょっと町をぶらぶら歩く
かも知れないけど。

だからガイドブックに目を通すといっても、見るのはもっぱらB級グルメとか
美味しいカフェとか食いもの関連情報ばかり。

海外旅行のときもレストラン情報を集めていくのだが、実際に行くとなるとそう
簡単にはいかない。目指すレストランがなかなか見つからず、疲れはてて近くの
テキトーなレストランですませてしまうことが多いのだ。

だから今回も、駅の立ち食いそばとかマックとかで終わっちゃいそう‥‥。
まあ1回くらい美味しいものを食べられればいいわ。

そうそう地震で東名高速が不通になっているようだけど、JRは大丈夫だよね?

2009/08/09

怖い依存症

のりピー酒井法子が覚せい剤所持の疑いで逮捕されたのには、本当にビックリ
した。頭の回転が速くてシッカリしたタレントという印象が強かったけど、その
イメージを保ちながら芸能界を生き抜くということは、大きなプレッシャーとの
たたかいでもあったんでしょう。

ニュースによると、違法薬物が蔓延しているのは芸能界に限らないらしい。
主婦など一般の市民が麻薬に手を出すケースが増えているという。

日々の暮らしの悩みや不安から逃れるために、麻薬に頼ってしまうのだろうか。
それが事態をいっそう悪化させるということを、じゅうぶん承知していても、
止めることが出来なくなってしまう。薬物依存は本当に怖いわ。

薬物にかぎらず、いろんな依存症に陥って抜け出せない人がいる。
現代病みたいなものでしょうね。人間の心(というか脳)は、とても繊細で壊れ
やすいものだとしみじみ思う。

私がなるとしたら、どんな依存症かな?
お金がないから買い物依存症にはなりたくてもなれないし、二日酔いで苦しんで
以来スッカリ酒量が減ったので、アルコール依存症も大丈夫そうだし‥‥。

ともあれ依存症にならない為には、何でも適当にすませるノウハウを見につけ
なくちゃね。真面目で頑張る人ほどうつ病になりやすいというから、レベルの
高い生活を目指すより(目指せないけどcoldsweats01)病気にならないようにしないと。

それにはやっぱり食事が大事というわけで、リーズナブルで、手軽で、栄養バラ
ンスのとれたお料理をマスターしようと、レシピだけはいろいろ集めている。

2009/08/06

お盆休み

14日~16日はお盆休み。状況次第では13日も休みになるかも知れないので、
どう過ごそうかな。この暑い時期に家でゴロゴロしているわけにもいかないし。

そんな時ふと目に入ったのが「この夏新発売ツーデーパス」のチラシ。
2日間5,000円で、東京を中心に新潟、長野、静岡、福島などかなり広いエリアが
乗り放題というチケットだ。また一部の私鉄も含まれていて、東京湾フェリーにも
乗船できる。

これを利用してぶらっと1泊2日の美術館めぐりでもしてこようかな。
お盆休みはファミリー用ホテルは満員だろうけど、ビジネスホテルのシングル
なら逆に空いているんじゃないかしら。

まだ行ったことがない熱海の「MOA美術館」にとりあえず行って、そこから
甲府のほうを廻ろうかな。

20090802142613s
(先週の日曜日、東京国際フォーラムで日本各地の物産展をやっていた)

寝苦しい毎日が続くので、身体がだるくて仕事をする気がしない。
だからと言って、休みでゴロゴロしていると、それも体に良くないし。

そう言えば、最近風邪をひいて熱がある人が多いような気がする。
冷房で風邪をひいたのか、それとも新型インフルエンザなのか、薬局には熱の
ある人がよく来る。

こんな時にインフルエンザにかからないようにしないと。

2009/08/02

メキシコ美術

今朝の「日曜美術館」はメキシコ美術だった。
(再放送は来週日曜日の夜8時から)

メキシコシティ滞在では、鮮やかな色彩と強い主張、そして民族の哀しみが印象に
残るメキシコ美術をたくさん見ることができた。

メキシコ美術は壁画が大きな比重を占めているので、展覧会でその全貌を見る
ことは出来ない。壁画ばかりは、現地に行かないとね。

Img_0209s
(文部省の建物)

私が何ヶ所か見たなかで、いちばん心に残ったのは「文部省」の回廊に描かれた
ディエゴ・リベラの壁画群だ。あのエネルギー、押しの強さ、草食系の日本人
にはちょっとついていけないって感じだけど、血の濃さが違うんだから仕方ないわ。

Img_0208s
(現在も文部省の建物として使われているので、仕事の邪魔にならないよう静かに
歩いた)

Img_0210s

フリーダ・カーロが暮らした街を見るつもりでメキシコシティに行ったのだが、
そこでディエゴ・リベラというスゴイおっさんを発見したって感じ。

どっちにしても、とにかくスゴイわ。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »