無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 今日はお休み | トップページ | アクティブな高齢者 »

2009/07/09

天使と悪魔

今日はお休みだったので、久しぶりに映画を見ようと「TOHOシネマズ」に
行った。お目当ては「ハゲタカ」だったが、何と今日だけ午後の上映がお休みで
夜9時の上映しかない。

仕方ないから他の作品を見ることにして、上映プログラムのリストをチェック
した。

「愛を読むひと」は主演のケイト・ウインスレットが本年度のアカデミー主演
女優賞を受賞した話題作で、21歳年下の男性との恋のお話というのも、中年
オバサンに勇気を与えてくれそうな気がするconfident

でもマザーさんのブログによると、決してロマンチックな物語ではなく、かなり
重い内容のようだ。蒸し暑いお天気のせいで頭がスッキリしない私としては、
深刻な映画は気が乗らない。

そんなことで、全編「ローマ」ロケという「天使と悪魔」にした。

映画の感想は、「バチカンとローマ当局が、こんな撮影をよく許可したもんだ」
という驚きに尽きる。ローマの代表的な史跡をふんだんに使っての映像は圧巻
だった。理解できないところもあったけれど、決して教会を賛美した内容では
ない。

ローマに行ったら「天使と悪魔」に出てきた所を歩いてみるのもいいんじゃない
かしら。

Himg0044s
パンテオンの天井。

「バチカン」「パンテオン」「ナボーナ広場」「サンタンジェロ城」は、観光客が
必ず訪れる名所だし、「サンタ・マリア・デル・ポポロ教会」と「サンタ・マリア・
デッラ・ヴィットリア教会」は、ローマを代表する広場にあり、地下鉄駅から
歩いてすぐだ。

Caravajjyo1s

サンタ・マリア・デル・ポポロ教会では、カラヴァッジョの大作が必見です。

« 今日はお休み | トップページ | アクティブな高齢者 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ろうまさん、「天使と悪魔」見ました。

撮影はほとんどは本物そっくりのセットとCGだったそうですよ。
だって教会の中で火は燃やせないでしょう。
バチカンの中もかなり再現されていたとか。

前のダヴィンチコードもそうですが、この「天使と悪魔」ツァーっていうのもすでにあるそうです。

ローマ観光には大いに寄与したのではないかと思います。観光名所がてんこ盛りでしたからね。多いに楽しみました。ろうまさんは住んでおられたから懐かしい部分が多かったでしょう。

ローマはロケ地としては最高かもしれません。

天使と悪魔はダビンチ・コードの続編だと聞いていますが、ダビンチ・コードは私の頭では理解できませんでした。
でもトム・ハンクスはグリーンマイル以来好きな俳優さんです。
バチカンは人が多くて何処をどう歩いたか忘れてしまいましたが、イタリアはもう一度行ってみたいです。

HANAさん、こんにちは。

あー、やっぱりCGですか。
私みたいなアナログ人間は、CGにコロッと騙されてしまうわ。だって、どこも本物ソックリでしたもんねぇ‥‥。

サン・ピエトロ大聖堂の広場によくもあんな大群衆を集めたもんだ、ひょっとして本物のコンクラーベのときの映像を使ったのかしら‥‥なんて、真剣に考えてしまいましたわ。「サンタ・マリア・デル・ポポロ教会」はセットだと思いましたけど。

「天使と悪魔」に出てきた史跡はローマ市内の中心部に集まっているので、散策にはピッタリですね。もっともバチカンだけで半日はかかりますが。

ローマは頑張って歩き回るのがイチバンです。ガイドブックには載っていない街角の噴水や彫刻など、楽しい発見がたくさんありますから。

映画の中でいちばん魅せられたのは、上空から映したローマの街です。歴史がつまっている街だな~と感激しました。

マンデーさん、こんにちは。

ダヴィンチ・コードは私も見ましたが、よく理解できませんでした。今回の「天使と悪魔」は前作よりは分かりやすかった気がします。内容はともかく、ローマの街をたっぷり鑑賞できたので、それで大満足ですわ。

バチカンはローマの中にあって独立した国なので、かなり広いです。サン・ピエトロ大聖堂とバチカン博物館に行ったら、もうヘトヘトになってしまいますわ。

最近は観光客が急増して、ローマはとっても混雑していますね。私も数年前に行ってビックリしてしまいました。満員の地下鉄やバスでは、いつスリに遭うかと気が抜けません。

そういうものすべてがローマらしいと、気分を変えて楽しむしかないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日はお休み | トップページ | アクティブな高齢者 »