無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 面白そうな本を発見 | トップページ | メキシコ美術 »

2009/07/30

映画アマルフィ

今日はお休みだったので、映画「アマルフィ」を見てきました。

いや~、良かったですわ。最近私が見た映画の中では、満足度ナンバー1です。
タイトルは「アマルフィ」だけど舞台はローマが中心で、「天使と悪魔」同様
ローマの名所がたくさん出てきます。

「天使と悪魔」に比べ普通のローマの風景がいっぱいで、イタリアらしい雰囲気が
たっぷり詰め込まれていました。
スペイン階段やテルミニなど、私にとって思い出のある場所がつぎつぎと画面に
あらわれて、つい身を乗り出しちゃいました。

Malta_127s
(映画の舞台になったカピトリーノ美術館)

主役の二人(織田と天海)が泊まるホテルプラザは、コルソ通りの真ん中にあって、
立地の良さはナンバーワン。ここからは、スペイン階段と高級ブランド店が立ち
並ぶコンドッティ通り、トレビの泉、パンテオン、ナボーナ広場等々、名だたる
名所が「気軽なお散歩圏内」ですからね。

ホテルプラザはエントランスが豪華なので、よく映画に使われるようですが、
お部屋はそんなに高級感ないようです。一度くらいは泊まってみたいな。
ビンボー個人旅行者にとっては、テルミニ駅からちょっと離れているのが難点
ですけど。

もちろんアマルフィのうっとりするような映像も、それからサラ・ブライトマンの
「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」も、イタリアの魅力をこれでもかとアッピール
していましたね。

主役の織田裕二は好きな俳優ってわけじゃないんですが、もう圧倒的なイタリア
ロケの迫力の前には、俳優の好き嫌いなん吹っ飛んでしまいました。

「映画のメーキングビデオ」を見るだけでも、けっこう楽しめそう。

« 面白そうな本を発見 | トップページ | メキシコ美術 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アマルフィのTV宣伝見てる限りはどうなんだろうと思ってました。
でもイタリアで暮らされた経験のおありのTMさんおススメなら見ないといけませんねぇ。

ローマではサヴォイホテルを便利しましたが、たった2泊しかできなかったのでまだ上辺しか見てない。
イタリアは年老いても行けるだろうと、先に辺境地区をセレクトしています。

2004年にシチリアや南部中心に周った時にアマルフィの海岸をドライブできました。
その時までアマルフィという地名すら知らなかったのです。
日本の海岸線とは趣が異なり、今でも風光明媚な景色が蘇ります。
地中海あたりが一番好きな場所なんです。

うららさん、こんにちは。

馴染みのあるローマの風景がたくさん出てくるので、それだけで気に入ってしまいました。
「天使と悪魔」は「バチカンと教会」が舞台でしたけど、「アマルフィ」はローマの街角のショットが多いんです。そのせいかイタリア的雰囲気が感じられましたね。ちょっと油断すると、すぐドロボーに狙われる‥とかね。

私も辺境優先に旅行したいんですが、だんだん体力的に厳しくなってきたので、イタリアの地方をめぐってローマに寄って帰る旅のほうがいいかな~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 面白そうな本を発見 | トップページ | メキシコ美術 »