無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 中国みやげの余り物 | トップページ | またまた余ったお土産です »

2009/05/31

お土産のつづき&片岡球子展

自分が気に入って買ってきたものの、飾るスペースがなくて押入れのすみに入った
ままの人形たち。

Img_2371s

後ろ左のおじいさんはシチリアの漁師。その右の大きいおじさんはウルムチで
買った手作り人形で、地元の人がつくっているとわざわざ日本語の説明がついて
いた。真ん中の丸い台の上にのった木彫り人形は、オルゴールになっている。
木彫り人形で有名な(←と聞いている)Anri社せいのもの。むかしイタリアで
買ったのだが、こまかい部分が壊れてしまった。

「アンリの木彫り人形」については、ネットにこんな記事があった。

人形はかさばるが、ピルケースの類なら邪魔にならないし記念にもなる。
ビタミン剤などを持ち運ぶ人にはうれしいお土産じゃないかしら。

Img_2373s

左はプラハのミューシャ、右上はメキシコのフリーダ・カーロ、右下はシチリア
これからは小さいものを買うことにするわ。

気に入って買ったものの、日本に持ち帰ったらゴミと化してしまった物も数多い。

Img_2367s

このあいだロンドンで買った「シャーロック・ホームズの麻袋」二つ、バッグに
するには小さすぎる。貰っても始末に困るだろう。
それで考えた末に、トイレにつるして「領収書」と「説明書」入れにした。
ちょっとしたアイディアでしょ(^_^)v(←自画自賛)
真ん中はイタリアのどこかの町で買った飾りタイル。

午前中は昨日届いた「谷村新司」CDをパソコンに取り込み、気に入った数曲を
i-podに入れた。午後はそれを聴きながら、招待券を貰った「片岡球子展」
(日本橋高島屋で明日まで開催中)に行ってきた。

103歳で亡くなるまで精力的に絵を描き続けた片岡球子。
年をとるほど作品が大胆でエネルギッシュになって、岡本太郎も顔負けの爆発
ぶりだ。

薬局にもシャキシャキした90代の女性がくる。彼女たちに共通しているのは、
出歩くのが好きで話し上手なこと。来るたびに「本当に90歳代?」と信じられ
ない気持ちなる。

普通よりも早く老いる遺伝子の病気があるように、元気で長生きする人には遅く
老いる遺伝子があるのかも知れない。

« 中国みやげの余り物 | トップページ | またまた余ったお土産です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ろうまさんが、こんなにお人形を買って帰られるとは知りませんでした。でも各地いろいろ特徴がありますね。

ウルムチのなんて通天閣にあるビリケンさんみたいな顔してる。
私は最近はあまり買わないのですけど実用的なものが多いんですsmile
冷蔵庫には各地で買ったマグネットが張り付いてます。
マグカップも現地で買って使いつつ家に持ち帰ったりして。
でも買った時のことが思い出せて自分へのお土産は楽しいです。

HANAさん、こんにちは。

Anriの木彫りオルゴール以外は、お土産にするつもりで買ったんですが、「もう飾りものはいらない」と妹に言われてしまいまして‥‥coldsweats01
それでも性懲りも無く、この間のロンドン旅行では「クマのパディントン」を闘病中の姪っ子のおみやげに買ってしまいました。

お土産は実用品がいちばんですよね。海外のお土産ではチョコレートをよく買います。残ったら自分でコーヒーのお供に食べるつもりなので、選ぶときは私の好みが最優先です。

ろうまさん、旅先でお土産として買っても貰ってもらえない、配り損ねる、というときに手元に残ったら困りますね。
実用品として化粧品など買って帰った時代もあったんですが、こちらも自分の好みのものがあれば貰っても迷惑なのか、もう要りません、と言われちゃいました。


あまり人には言わないで行ってくればお土産も必要ないんですけど、なかなかそういうわけにもいかず。
職場にも一緒に動いている人だけには言っていきます。
でもお土産はなし。お互いお土産選びしたくないので割り切ってます。

弟の家には食べ物を買って帰ることが多く、いつも怪しげな食べ物に一家でチャレンジしてもらってます。

HANAさん、こんにちは。

私も最近は、出発寸前に「旅行に出かけます」というメールを妹に送るていどです。その代わり旅先から絵葉書を送るようにしていますけど。

姉妹のなかで一番ビンボーな私が旅行ばかりしているので、ますます貧乏になってしまいますわ。でも「旅は最高の健康法」を錦の御旗に、これからも世界各地いろんなところに行くつもりです。

これからお土産は「お酒とチョコレート」のみにしようかしら。ちょっと荷物になるのが難点だけど、腐るものじゃないし、余ったら自分で飲み食いできますもんね。

ところで話は変わりますが、先日スーパーで「沖縄の八重山パイン」というのを見つけました。「桃のようにスイート」と書いてありましたよ。買いたいと思ったけれど、1個980円もしたのでやめました。沖縄で買ったらもっと安いんでしょうね。

その土地ならではの食品には怪しげなものも多いけれど、「意外なほど美味しい」こともあるので、身内&自分のお土産にはいいですよね~。

ジェリーの取引先の社長室には、ガラス扉のショーケースに旅の土産が飾られています。
TMさんのようなお人形とか、それこそエッフェル塔のような飾りであったり。
わぁ~、同じの私も買ってきましたよ、なんて会話がはずみます。
我が家にはそんな立派なサイドボードも飾りだなもないので、食器棚の食器の前に並べたりしています。
私は行き先々で猫の置物を買うことにしていました。
でもここ数年は置く場所もなくなり、ほとんど食べ物しか買わなくなりました。

うららさん、こんにちは。

スペースがあれば、世界各地のお土産を並べておくのも楽しいですよね。わが故郷出身の「石黒敬七」という人は、世界各地日本各地の面白そうなものを集めまくったことで有名なんです。(今はあまり有名でもないかな)

そのコレクションを展示した「とんちん館」というミュージアムが、むかし柏崎にありました。今はもう無いみたいですけど。

猫好きの人にお土産買うのはラクですわ。世界中に猫グッズがありますから。それだけ猫ちゃんは愛されているんですね。私も猫になりたいwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国みやげの余り物 | トップページ | またまた余ったお土産です »