無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 江戸三十三観音札所(第二番 清水寺) | トップページ | 江戸観音札所第24番「梅窓院」など »

2009/05/05

佐倉のミュージアムめぐり

4日の休日は、千葉県佐倉市「国立歴史民俗博物館」と「川村記念美術館」、
それから成田山新勝寺に行くというプランを立てた。

佐倉も成田も、成田空港に行く際に何度も通過したことがあるが、気にかけながら
いちども行ったことがなかったのだ。

駅で「ホリディー・パス、2,300円」を買う。成田空港から奥多摩のほうまで、
首都圏のJRに1日乗り放題なので、佐倉と成田に行けば元がとれる計算だ。

成田空港に行く時いつも感じるのだが、千葉を過ぎると車窓には木々の緑があふれ
のどかな田舎の風景になる。
佐倉駅はそんな自然に囲まれ、また有名ミュージアムを抱える芸術の町、古い
建物が残る歴史の町でもあるので、おあつらえむきの身近な観光地なのだ。

JR佐倉駅からバスでまず「国立歴史民俗博物館」に行く。

Img_2325s

博物館は、都心ではとても望めない広大な敷地の中にあり、石器時代から近代
までの日本の歴史にまつわる文物が展示さていた。
模型やセットがたくさんあって、子供でも理解しやすいよう工夫されている。
江戸東京博物館とコンセプトが似ているかな。

Img_2310s
こども向け学習室「寺子屋れきはく」

でもジックリ見て廻る時間もなく、レストランであたふたと「古代カレー」を食べ
次の目的地「川村記念美術館」に向かった。

「川村記念美術館」は交通の便が悪いので、JRと京成の佐倉駅から「無料送迎
バス」が出ている。そのバスが休日に1便だけ「歴博」を経由するので、何と
してもそれに乗りたかったのだ。

Img_2330s

「川村記念美術館」も3万坪という広大な庭園の中にあり、環境は文句なしに
素晴らしいが、私が訪れた日は年に一度あるかないかというほど来館者数が多く、
ざわざわしていた。まあそれでも都心のミュージアムに比べればずっと余裕が
あったけど。

Img_2334s

展示作品は多くはないが、レンブラントの肖像画、印象派の絵画、日本の屏風絵、
抽象的な現代絵画と幅が広く、心に残るものがいくつもあった。展示作品が少ない
ほうが、じっくり鑑賞できていいかも。
ちょっと残念だったのは、長谷川等伯の屏風図が展示されていなかったこと。

特別展「マーク・ロスコ 瞑想する絵画」を開催中なので、入館料は普段より
高くて1500円だった。マーク・ロスコについては何の知識もなかったが、この
画家の「シーグラム壁画」15点が一堂に会すのは初めてのことらしい。

マーク・ロスコは「他の画家の作品といっしょにされず、自分の思い通りに展示
してほしい」と望んだ。その意を受けて、ロンドンの「テート・モダン」と日本の
「川村記念美術館」に「ロスコ・ルーム」が作られた。

そういうわけでロスコ作品だけは別空間になっているが、夕方待ち合わせして
いる妹から「何時ごろになるの?」とメールが来るものだから、瞑想にひたる
気分になどなれないのだった。

Img_2335s

せっかく来たのだからと、自然散策路をちょっと散歩してバス停に行ったら、
乗客があまりに多くて積み残されてしまった。次のバスは30分後‥‥やれやれ。
佐倉駅に着いたのが4時過ぎだから、もう成田山新勝寺はムリだった。

1時間に1本しかない東京駅直通の「エアポート成田」が来たので、それに飛び
乗り、東京駅から中央線に乗り換えて、午後6時に待合せの新宿に着いた。

病み上がりだというのに、こんな過ごし方しちゃいけないわね。
もう1週間以上もお酒を飲んでいなかったけど、夕食は妹とビール小瓶1本を
分けて、久しぶりのアルコールを味わった。

« 江戸三十三観音札所(第二番 清水寺) | トップページ | 江戸観音札所第24番「梅窓院」など »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

広々としてのどかで小旅行をされた感じ。
待ち合わせが新宿ではなくて成田ならもっとゆっくりできましたね。

川村記念美術館、なじみがなかったので調べてみました。
DIC(創業時は「川村インキ製造所」)の創業者・川村家3代の収集品とWikにかかれてました。
財を成した人の志で立派なコレクションが公開されるのはいいですね。
死して遺すもの、金銭の多寡にかかわらず、ゴミ同然のものは処分しておこうと思います。

妹は東京都心をはさんで千葉とは反対のほう(昭和記念公園近く)に住んでいるので、成田に行くには3時間くらいかかるでしょうhappy01成田からソウルに行くより、家から成田空港に行くほうが遠いとぼやいています。

私の住まいは千葉に近いんですが、なかなか行く機会がなかったんです。でも先日新潟の妹とコンサートを聴きに千葉に行ったりして、最近はちょっと千葉づいています。

企業や資産家が、その財を芸術や文化につぎ込むことは、社会貢献のひとつですよね。残す資産が無い私としては、せめて厄介ごとを残さないうようにしたいものです。

東京近郊にはまだまだ好い場所が沢山あるので、少しずつ歩いてみたいわ。
大阪は、近郊に京都、奈良、堺というビッグな街がが控えているので、行きたい場所だらけで困るでしょうね。

 来週、また、東京へ行くのですが、2日目はいつもフリー。いつも帰りの便に悩むのですが、結局、最終便にしました。…ので、丸1日あります。毎回、東京から出かけるのに、どこか良いところはないかと悩むのですが、お勧めスポット、ありませんか?
 前の日記の「江戸三十三ヶ所観音札所めぐり」も面白そうですね。

アトムズさん、こんにちは。

ブログも見ていただいて嬉しいです。

江戸三十三札所巡りは、お寺の本堂がビルだったりして、ちょっと味気ない気がします。でも普段は行く機会のないところを、お寺にお参りするついでに散策するのは、ミニ旅行気分になれてけっこう楽しいですよ。

そうそう、先日は江戸三十三観音霊場の24番「梅窓院」に行ってきました。ここは地下鉄外苑駅前のすぐ近くにあるんです。神宮球場周囲のことは、私よりアトムズさんのほうが詳しいから、もしかしたらご存知かも知れませんね。

「梅窓院」については、明日の夜にでもブログにアップしますので、また読んでください。

今日通勤途中でたまたま「私鉄沿線、花と寺社めぐり」というパンフが目にとまりました。JRや地下鉄の駅にこの手の無料パンフがいろいろおいてあるので、時々暇つぶしに見るんですが、散歩の参考になりますよ。このあいだ千葉の佐倉に行ったときも、JRの駅にあった「小さな旅」というパンフが役に立ちました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸三十三観音札所(第二番 清水寺) | トップページ | 江戸観音札所第24番「梅窓院」など »