無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« ミステリーの都ロンドン | トップページ | 中小企業のアイディア商品 »

2009/04/08

イタリア中部地震

イタリア中部の都市ラクイラでは、地震の被害者が250人以上になった。
あらためてイタリアは地震国だったと思い知らされる。

イタリアは都市国家が集まってできた国なので、今も各地に中世そのままの町が
たくさんある。

Sanjimi0030s

たいていは小高い丘の上にあって、城壁に囲まれ、町の中心広場に建つ荘厳な
カテドラルが観光名所になっている。
たぶんラクイラもそんな町のひとつだと思う。

Sanjimi0028s

歴史的建造物の町は観光客の憧れだけれど、昔ながらの石造りの建物はひとたび
大地震が起きたら瓦礫の山になってしまう。

ラクイラはローマからも近い。
ローマの街を歩きながら、「ここで地震が起きたら壊滅的な被害が出るな~」と
思うことがあった。

Malta_126s

街そのものが博物館のローマは、古い重量感のある石造りの建築物ばかり。
数多くの教会も古代ローマの遺跡も、空間がたっぷりあって、耐震ということは
あまり考慮されていないように見える。

地震が起きないことを祈るしかないわ。

« ミステリーの都ロンドン | トップページ | 中小企業のアイディア商品 »

海外あれこれ」カテゴリの記事

コメント

イタリアは車で1時間も走れば歴史ある街に着くぐら至る所遺産だらけ。
しかもそこで歴史ある建物に住み続けているのが日本と違いますね。
今回の地震で、たまたま今イタリアへ新婚旅行に姪っ子を送り出したといわれる方がとても心配されてました。

沈みかけているベニスも早く見ておかないとと思って行きましたが、私が行った時はアッシジも地震の修復が終わったばかりでラッキーでした。
現在建築家の安藤氏がベニスの何らかの建造物に取り組むって報道見ましたが、どこでしたっけ?

イタリアの建物は石造りなので、耐用年数が長いんですね。
ずっと住み続けられるメリットと、なかなか立て替えられないというデメリットが混在しているんじゃないかしら。耐震化するといっても木造建築ほど簡単じゃなさそう。

ローマの旧市街地は、昔から法律によって改築などが厳しく制限されていて、届け出て許可がおりないと、自分の家の修理も勝手には出来ませんでした。

だからこそ歴史的市街地が保存されてきたわけですけど、街全体を耐震化するってわけにいきませんから、地震が起きないよう神頼みするしかないですわ。

ヴェネチアには何度か行っていますが、年々水没化がひどくなっていますね。モダンなイメージのある安藤さんと中世の代表のようなヴェネチアの街とでは、ミスマッチのような気がしますが、どんな成果が上がるか楽しみです。

昔は鉄道のサンタルチア駅(ヴェネチア)からサンマルコ広場まで最短距離で歩けたんですが、だんだん道に迷うようになって、最近ではついに水上バスでないとたどりつけなくなりました。私の脳の老化も、ヴェネチアの水没化に負けないスピードで進んでいるようですbearing

アッシジには地震後は行っていないんですが、カテドラルは無事修復できたようですね。古代から続く町や文化遺産を守ろうという気持を、住民が持ち続けているからでしょう。

ろうまさん、イタリアの地震への募金が神戸では始まりました。

古い建物がたくさん残っているのは地震がすくないからだと思いますが、日本と同じ火山国で地震が起こる要素はあるのだから何らかの対策を考えないといけないのでしょうね。

一日も早い復興を祈ります。

HANAさん、こんにちは。

さすが神戸は意識が高いですね。
今のところ、東京ではそういうニュースは見聞きしません。
イタリアの地方都市は遠いし、欧米が援助すると思われているのかも知れませんね。

ローマには2000年以上も昔の古代の建築物がたくさん残っていますから、少なくともその間は地震がなかったってことですね。もし直下型地震が起きたとしても、地下には網の目のうようにカタコンベが広がっていますから、揺れは吸収されるような気もします。(←素人考え)

怖いのはやっぱり東京のほうだわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミステリーの都ロンドン | トップページ | 中小企業のアイディア商品 »