無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ロンドン・ナショナル・ギャラリー | トップページ | ミステリーの都ロンドン »

2009/04/02

阿修羅展

おとといから国立博物館・平成館で「阿修羅展」が始まったので、さっそく今日
見に行ってきた。「まだ展覧会は始まったばかりだし、平日のお昼だからそんなに
混んでいないだろう」というもくろみは見事に外れ、入場待ち40分の長い列が
できていた。

Img_2250s_2

やれやれ、入館者よりスタッフのほうが多かったブダペストの美術館と、足して
2で割りたいわ。それにしても、何でこんなに人が多いの~?
特別展は、会期が終わりに近づくにつれ、入館者がどんどん増える傾向にある
から、ゴールデンウィークなんか大変でしょうね。

まあ文句はこれくらいにして、やっぱり阿修羅展はよかった。
興福寺で見たら、あんなに間近でまじまじと見つめることなんて出来ないんじゃ
ないかしら。阿修羅像の周りをぐるっと一回りするんだけど、何しろ見学の列が
すすまないものだから、ためつすがめつ拝観させていただいた。

それから、八部衆像、十大弟子像も、ひそかな表情にいろんな意味が込められて
いるようで、それぞれのお顔に見入ってしまった。
あどけない少年のような沙羯羅像が可愛かったわ。

強い主張のあるヨーロッパの宗教芸術にくらべ、日本の仏像はひっそりと静かで
穏やかだ。今はやりの言葉でいうと、「肉食系」と「草食系」の違いかな。

阿修羅展で大混雑の平成館から本館に行くと、こちらは外国人観光客が多かった。
円高で外国人観光客が減ったと聞いたけど、上野やアキバあたりを見るとそうでも
なさそうだ。

Img_2255s_2

上野公園は桜が満開で、昼間から花見客がいっぱいいた。

« ロンドン・ナショナル・ギャラリー | トップページ | ミステリーの都ロンドン »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

初めて旅する阿修羅。私も見たいのですが、5月にニュージーランド旅行を控えているので自重しないといけない。
まてよ成田夕方発だから早く行けば見れるかなぁ~無理しない方がいいかなぁ~
今迷っています。

残念です。月曜出発の月曜着。調べてみたら月曜日は休館日だそうです。それと初めての東京ではなかったのね。
朝日新聞に初めての・・と書いてあったような気がしましたhappy02ポリポリ

マンデーさん、こんにちは。

5月にニュージランドですか。楽しみですね~。
ニュージランドに行った人が、皆さん口をそろえて「良かった」と言います。自然の素晴らしさは言うまでも無く、人々のホスピタリティも心に残るようです。

私はまだ行ったことがないので、戻られたらぜひお話を聞かせてください。

それから、5月の阿修羅展はきっと大変な混雑でしょう。
5月4日の月曜日は開館するようですが、連休の真っ只中ですから、押し合いへし合いで心静かに仏像を拝むなんて心境にはなれないでしょうね。東京は人が多すぎますわ。

東京で阿修羅像が公開されるのは57年ぶり2回目ということですが、あまりにも混雑しているようなら展覧会終了後に奈良の興福寺まで行って、ゆっくり対面するほうがいいかも知れませんね。

それにしても、誰がどんな気持で、阿修羅像をこの世に残したんでしょう。

ろうまさん、阿修羅展、すごい人で早くも開館時間が延長されているようですね。

関西には来ない(もともと奈良にあるから当然でしょうかhappy01)のですが九州には回るようですね。
でも博物館で見るのはお寺とはまた違った見方ができるかもしれません。ただ、押し合いへしあいは嫌です。

フィギアも早々に売り切れたようですごいなぁ。やはり東京は人が多いですね。

それにしても仏像にこんなに人が来るなんて驚きです。今だけ、っていうのに弱い人が多いのかな。

HANAさん、私もまさかこんなに混雑しているなんて、思ってもみませんでした。でも書店には「阿修羅」関連の本が並んでいますから、かなり話題になっていたようですね。

以前平成館で開催された「日光・月光菩薩展」でも感じたのですが、同じ仏像でも、お寺で拝観するのと博物館で見るのとではやはり違いますね。もちろん展示方法も違いますが、芸術品としてじっくり鑑賞する気持が強くなります。

そういう目で見て、あらためて魅力を再認識することが多いです。日光・月光菩薩像は、肉感的な体つきにビックリしました。今回の「阿修羅」や「八部衆」「十大弟子」は、それぞれ微妙な表情に惹かれました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロンドン・ナショナル・ギャラリー | トップページ | ミステリーの都ロンドン »