無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« ゲッレールト温泉&ホテル(まとめ)(4) | トップページ | スイーツ »

2009/03/03

ブダペストの乗り物

ブダペストはそんなに大きな都市ではない。

パリの広さが東京の山手線の内側くらいというが、ローマ旧市街地はパリより
面積が小さいし、ブダペストはそれより小さいという印象だ。

そんなブダペストを地下鉄、バス、トラムがくまなく走っているので、楽々目的地に
行くことができる。

観光に欠かせないのが「乗り放題チケット」だ。
これさえあれば、いちいち刻印する手間も省けるし(普通チケットは、ローマと
同じく、乗る前にチケットを刻印機に差し込んで刻印しなければならない)検札を
気にすることもない。(でも私が滞在中、一度も検札が来たことはなかったけど)

私は正味二日間の滞在なので「1日券」を2枚買ったけど、3日券もある。
ホテルに「ビジネスセンター」があり、ここで購入することが出来た。

乗り放題チケットのメリットは、深く考えずに乗り降りできることだ。
道が意外と曲がりくねっているので、私が「たぶんこの方向だろう」と推測しても
たいていは違う方に行ってしまう。でも間違っても簡単に方向転換できるし、
迷いながら街中散歩もできるので、けっこう楽しい。

Img_1927s
(迷い込んだ道のかたわらで見つけた日本料理店)

ブダペストは「ドナウの真珠」と呼ばれるほど美しい建物が多いので、こういう
楽しみ方もいいんじゃないかしら。

でも行きたい場所が決まっているときは、ホテル脇に停まる路面電車(トラム)の
47番か49番に乗って終点のデアーク・テール(Deak Ferenc ter)まで行く。
ここはブダペストの地下鉄3路線が交わっている唯一の駅で、地下鉄を利用すれば、
ガイドブックに乗っている主な観光地に行くことが出来る。

地下鉄といえば、ブダペストのM1(メトロ1)は「100年以上の歴史を誇る
現代の地下鉄の始祖」とかで、世界遺産にも登録されている。
地下鉄としてはロンドンについで世界で二番目だが、電車の地下鉄としては世界初
なので、「現代地下鉄の始祖」なんだとか。(ロンドンは蒸気機関車)

Img_1973s

M1は木造のぬくもりがある駅ばかりで、地上からほんの少し階段を下りたら
そこはもうホームだ。

Img_1982s

Img_1984s

同じく世界遺産に登録されている「アンドラーシ通り」から乗って、終点で降り
ようとウトウトしていたら、数人いた乗客がみんな降りる。
「あら、途中止まりかしら?」とホームに下りて次の電車を待っていると、また
乗客がみんな降りる。
そう、その駅が終点だったのだ。でもあまりにも乗っている時間が短かったので、
終点だと気づかなかったわ。

M1は人に優しい地下鉄だが、M2とM3はそれとは対照的で、旧共産圏特有の
長い猛スピードエスカレータに乗らなければならない。モスクワやプラハで経験
したので、何とか乗るコツはつかんだが、それでもやっぱり怖い。大きな旅行
カバンを持っていたら、この地下鉄にはとても乗れないわ。

もうひとつ、「くさり橋」のたもとから、ブダ地区の王宮の丘に上がる「ケーブル
カー」にも乗ってみた。(これは1日券は使えない)

Img_1954s

歩いてもたいした距離ではないだろうが、歩き回って疲れていたので、ケーブル
カーがあって助かった。

Img_1955s

« ゲッレールト温泉&ホテル(まとめ)(4) | トップページ | スイーツ »

旅・ヨーロッパ」カテゴリの記事

コメント

所変わればで、柵のペンキが黄色とか、ケーブルカーの形とか面白いですね。
壁のタイルの貼り方も違うなぁ~
普通、旅行記は世界遺産的建物とかが多いですが、
TMさんの記録や画像を見ていると、街歩きがしたくなります。

ろうまさん、街をあるきまわるのに乗り放題の一日券は便利で私もよく使います。日付で一日とするところと24時間で一日とするところがあって気をつけているとお得度が増しますね。

一日券があっても乗り物が不便だったらだめだけどブダペストはなかなか良さそうです。検閲がやかったとのことですが、私はリスボンでもロッテルダムでも遭いました。昔は東欧圏もしょっちゅうしていたようですが。

地下鉄がそんなにふるいだなんて思いもよりませんでした。ロンドンとかパリは古いと思っていましたが。でも路面電車のほうがひょっとしたら普及していたかもしれませんね。

地下鉄、トラム、バスなどを乗り倒したといえば思い出すのはプラハ、リスボンです。リスボンはケーブルカーも一日券で乗れましたが、これはちょっと素敵なデザインですが会社が違うのですね。

歩いて回るのも良いけど車窓風景を楽しむのも大好きです。CO2削減のためにトラムなどがどんどん増えているのはうれしいです。

うららさん、ヨーロッパの都市はどこも昔からの建物が残っているので、街歩きがとても楽しいんですよ。
今度ぜひお友達とフリー旅行してみてください。

この写真の地下鉄メトロ1は、世界遺産になったからか、レトロな雰囲気が漂っていました。でも他のM2やM3は、まったく違う、普通の地下鉄です。東京の地下鉄との違いは、エスカレーターのスピードが速いこと。赤ちゃんを抱いた人やお年寄りが、よく怪我をしないものですわ。

HANAさん、ホテルのビジネスセンターで発行してもらった1日券は、オフィスの女性が日付と開始時間を書き込んでいました。その時間から終日利用できるそうです。でも検札が来ないんだから、開始時間なんてあまり意味ないですけどね。

メトロ1は可愛い地下鉄でしたよ。他の路線はモロ旧共産圏仕様でしたけどね。他の都市と同じくブダペストも、地下鉄が一番利用価値あると思います。

プラハもリスボンも路面電車の似合う街ですね。中国では大連かしら。どこもメガロポリスにはない雰囲気を持っていて、街歩きが楽しいです。

ゴトゴト走るトラムに揺られ、ぼんやりと見知らぬ街並みを眺めていると、「浮世の憂さ」も忘れますわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゲッレールト温泉&ホテル(まとめ)(4) | トップページ | スイーツ »