無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« スイーツ | トップページ | ブダペスト新旧マーケット »

2009/03/07

ブダペスト観光と街歩き

旅行が決まってから出発するまで日にちが無かったので、ブダペストについても
知識情報があまり無かった。温泉があるということくらいかな~知っていたのは。

でも最近の私の旅はいつもこんな調子だ。
現地のホテルでガイドブックなど見ながら翌日の予定を立てるのだが、実際は
乗り物を間違えたり道に迷ったりしてプラン通りにいかない。だから帰国して
「あの観光名所を見落としたな~」と反省するのがパターンになっている。

でも目的の無い街歩きが好きなので、この旅のスタイルはこれからも変わらない
でしょうねぇ。

Img_1945s

地下鉄からバスに乗り継いで、「ブダペスト一の観光名所」ブダ地区の丘の上に
上り「ドナウ川とペスト地区市街地」を眺める。

Img_1947s

それから丘周辺を散歩した。でも寒いうえに経済危機の影響で、観光客の姿は
少なかった。丘に建つシンボル的な存在の「マーチャーシュ教会」は改装工事の
真最中。私の旅はいつもシーズンオフなので、世界遺産などの建築物が改修工事
していることが多い。

Img_1943s

丘の一帯にはお土産屋さんやカフェ、レストランなどが並んでいるが、どこも
閑散としていた。

Img_1937s

今は美術館になっている王宮を見学してから、丘のふもとにある「くさり橋」を
渡った。シーズン時なら観光客で混雑するだろう「くさり橋」だが、私が行った
ときには観光客どころか地元の人の姿もなく、おかげで「物売り」や「スリ」に
煩わされることも無かった。

Img_1957s

くさり橋の上は風が強くて怖かったけど。

Img_1958s

王宮の丘のあるブダ地区から、くさり橋を渡って対岸のペスト地区に行くと、
高級ホテルが建ち並ぶ繁華街になる。

地下鉄3路線やゲッレールト方面に行くトラムに乗るには、ここからちょっと
歩いて「デアーク広場」に行けばいい。デアーク広場はブダペストの交通の要の
ような所だ。

くさり橋からドナウ川に沿うように延びている「ヴァーツィ通り」(Vaci)は、
いわば観光客通りのようなもので、歩行者天国の道の両側にはお土産屋さんが
並んでいる。

Img_2005s

この「ヴァーツィ通り」をずっと歩くと、「自由橋」のたもとにあるブダペスト
最大の屋内市場「中央市場」に行きつく。この市場も観光名所で、いろいろな
物産があって楽しいところだ。

Img_2010s

この市場の前から47か49のトラムに乗ると、橋を渡って次に「ホテル・ゲッ
レールト」に停まる。

ドナウ川をはさんだこの観光地めぐり散歩ルートは、ブダペストの魅力が凝縮
されていて、楽しかった。

« スイーツ | トップページ | ブダペスト新旧マーケット »

旅・ヨーロッパ」カテゴリの記事

コメント

ろうまさん、ブダベストの冬寒々とした雰囲気が伝わってきます。

観光客でこみあっているのも困るけどあまり人がいないのもさびしいですね。そのおかげで安く旅できるんですが・・・。

旅はそんなに何度も行けないから予習したいとおもうのですがあまり予習をしすぎると感動がなくなるような気がします。その時その時の感じたことを楽しむ方が良いのだとおもうのでろうまさんの旅は正しい旅なのじゃないかと思います。

旅の情報があふれている今より昔のほうが感動が多かったのは若かったからでしょうか。

冬の 内陸だから さむざむと してるけど
ブダペストの 「プチ帝都」な かんじが
つたわってきますね。

92年に 一度 いったっきりなので
また いきたくなってきました。

HANAさん、最近はすっかりモノグサ度が高くなって、「知識を詰め込みすぎると、感動が薄れるわ」とばかり、ガイドブックも満足に読まずに出かけてしまいます。

でも実際は、本で読んだ知識が頭に残ってくれないんです。
現地&現物を目の前にして、やっと少し理解できるって感じなんですよ。トシには勝てませんわ。

私はオンシーズンに旅行したことがないので、どこに行ってもたいてい閑散としているんですが、おかげでノンビリと歩くことが出来ます。でも今回のブダペストでは、オフシーズンというより経済危機の影響を感じましたね。

うんいるさん、92年のハンガリーは、まだまだ統制経済の名残が強かったでしょうね。その頃と比べると、ブダペストの雰囲気はずい分違っていることでしょう。

「プチ帝都」って感じは、確かにありますね。
ウィーンに対抗していたんでしょうか。

でも今じゃ、「プチ帝都」をしのばせる建築も、「ファストフード」に乗っ取られていますわ。「世界一豪華なマクドナルド」でコーヒー飲んできました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スイーツ | トップページ | ブダペスト新旧マーケット »