無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 高齢化社会を生きる | トップページ | ロンドン観光の足は地下鉄 »

2009/03/24

ロンドンB級グルメ

ロンドンのホテルは、パディントン駅から徒歩3分という好立地だったが、周囲は
人通りの少ない住宅街だったので、ひとりで歩くのはちょっと怖かった。

そんなわけで、午後6時前にはホテルに戻るようにしていた。だから夕食はいつも
部屋で「お持ち帰りボックス」の料理を食べていた。

まあでも、出来るだけ経費節減しようと思っていたから、ちょうど良かったわ。

ロンドンは今オーガニックブームとかで、駅の食品スーパーも街中のデリも、
やたらオーガニックの文字が多い。それからお寿司も、健康食品と思われている
のか、いろんなお店で売られていた。

ロンドン最初の夜は、時間もだいぶ遅かったので、駅の回転寿司でお寿司の
詰合せを買ってきた。14ポンドと高かった。

翌日は、ガイドブックに「オーガニック食品スーパー」と紹介されていたお店で、
「持ち帰り用ボックス」にいろいろ詰めてもらった。
ホテルで開いてみたら、お料理がごちゃごちゃになっていたわ。
ちょっと欲張り過ぎたかしら‥‥。

Img_2103s

箱は大、中、小とあって、私は中の箱(4.7ポンド)に、ずらっと並んだお惣菜
から「コレとコレ」と指差して詰めてもらった。美味しかった。

Img_2147s

(↑)これは駅の食品スーパーで買ったランチボックス。2つで11ポンド。
ここにはワインのミニボトルがたくさんあったし、果物、パン、ハムやチーズ、
それから旅先ではいの一番に買うミネラルウォーターもあって、それなりに快適な
ホテルライフを過ごすことができた。
(こんなの快適とは言えない、と言うムキもあるでしょうが‥‥^^;)

Img_2098s

大英博物館のレストランでは、ちょっとはり込んでこんなランチ。21.5ポンド。
ちょっと物足りなかった。

Img_2132s

ナショナルギャラリーのセルフサービスカフェでは、クスクスみたいなランチ
ボックスとコーヒーでひと休み。両方で8ポンドくらい。

(1ポンド≒132円)

« 高齢化社会を生きる | トップページ | ロンドン観光の足は地下鉄 »

旅・ヨーロッパ」カテゴリの記事

コメント

ろうまさん、ポンドは暴落しましたね。

私が行った7月には1ポンド218円ぐらいしました(ノ_-。)
何でも高かったです。

イギリスってスーパーのお惣菜も、サービスエリアのコーヒーも高くてここにいたらダイエットできると思いました。

本当は日本の感覚からいえば1ポンド100円ぐらいで良いと思います。

私がヨーロッパに行った時も、毎日のようにスーパー等で食料を買っては食べてました。(^◇^)
ロンドンでは店が早く閉まってしまいましたが、インド人の店が遅くまで営業してるので助かりました。
USAでは車の旅なので、買い溜め気味にもなりますが。

結果的に安くなると言うか、少し安くなって量は倍食べられるかなあ・・って感じでしたが。
レストラン等は時間がかかって、効率が悪いせいもありますが。
食事に拘らなければ、テイクアウトは気軽に済ませられていいですね。(^o^)/~~~

HANAさん、1ポンド218円とは法外ですねbearing

そんなレートじゃ、とてもロンドン滞在なんて出来ませんわ。地下鉄に乗ると千円くらいかかるというのも、決して誇張じゃなかったんですね。

私も1ポンド100円くらいで釣り合うんじゃないかと思います。スーパーで買い物して円に換算すると、たいていは高いと感じましたからね。

欠食児さん、やっぱり貧乏旅行者はスーパー買出しですよね。(←欠食児さんを勝手に貧乏と決めつけている)

私はスーパーが大好きで、海外旅行先では駅とスーパーに行くのが楽しみなんです。
車社会のUSAでは、スーパーではなく広大なショッピングモールってことになりますけどね。

カリフォルニアの州都サクラメントのショッピングモールで、フードコートのお料理をテイクアウトしたら、分厚い紙ナプキンがドッサリついてきてビックリしました。何でもドッサリの国ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高齢化社会を生きる | トップページ | ロンドン観光の足は地下鉄 »