無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 旅行から戻りました | トップページ | ブダペストへ »

2009/02/21

ロンドン・ブダペストの旅「英国航空」

旅の思い出にひたる余裕もなく、翌日から今日土曜日まで3連日で仕事でした。
明日はお休み、うれしいです。久々に日本酒を熱燗でいただき、いま好い気分です。

好い気分にのって、忘れないうちに旅行記を書きたいと思います。
まずは旅行の足について‥‥。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ロンドン・ブダペストの旅「英国航空」

今回の旅が決まったのは、旅行出発のほんの2~3日前のことだった。
勤め先の希望で「旅行するなら2月10日~1週間ほど」ということになり、
急遽旅のプランを立てることにした。

貧乏旅行者の私は、「行きたい場所」より「(安く)行ける場所」が旅の目的地に
なってしまう。今回は、BA(英国航空)の「3月末まで日本~ヨーロッパ往復
35,000円、割増料金なしでロンドンにもストップオーバーできる」という魅力的な
キャンペーンがあったので、それに的を絞ることにした。

さっそくいくつかの代理店に当たり、BAのサイトでも検索してみた。
でも予定の日程だと、帰りの便が満席でキャンセル待ちになってしまう。
もう出発まで何日もないんだから、のんびりキャンセル待ちなんてしていられ
ないよね~。

どうしようか、別のプランを考えようか、と思っていたところ、大手旅行社から
「航空券代45,000円+燃油代、各種手数料など63,000円=108,000円、帰国便を
1日遅らせる」という条件が提示され、「もう、それで行く!」ことにした。
代金はカード払いOK、それからEチケットということも有難い。

乗換の時間など考え、ロンドン当日乗換でハンガリーのブダペストに行き3泊、
ロンドンに戻り4泊、そして日本に帰ることにした。

成田でチェックインのとき通路側の席を頼んだら、「今日は満席なのでプレミア
エコノミーにグレードアップします」と思わぬプレゼントをもらった。
飛行時間11~12時間だから、これは嬉しいわ。

プレミア・エコノミー(正式名称は?)は、普通のエコノミーに比べると、シートの
幅だけでなく前の席とのスペースもだいぶ広い。おかげで足を伸ばして楽な
姿勢でいることができた。

ロンドンから日本への帰国便はお昼のフライトだったが、泊まったホテルが空港
行きエクスプレスが出るパディントン駅のすぐ近くだったので、だいぶ早く空港に
着いた。チェックインまで時間がかかりそう。

Img_2196s

カウンターでチェックインしたら通路側の席がゲットできないかもしれないと思って、
自動チェックインに挑戦することした。面倒くさいことを早く終わらせて、ゆっくり
朝食を食べたかったし‥‥。

Img_2194s

まずパスポートを差し込む。それからEチケットNO.を入力すると席が表示
される。他の席を選ぶことも出来るが、通路側だったのでそれでconfirmすると
ぺらぺらの紙に印刷された搭乗券が出てきた。

最後に「Security checkの前にPassport & Visa Checkに行け」という表示が
出るので、そこでチェックしてもらう。

Img_2197s

ヒースローのセキュリティチェックは結構大変だった。
靴を脱がなくちゃならないし、私なんぞ荷物を機内に持込むものだからそれを
全部かごに載せなくちゃならない。それに金属製のものは何も身に着けていない
のに、ピーピーブザーが鳴るのだ。だからほとんどの人が身体検査を受けていた。

飛行機が着くロンドン・ヒースロー空港ターミナル5は、オープンしたばかりの
BA専用のターミナルで、ピカピカのロビーには免税店、カフェ、気軽な日本料理
レストランなどがあった。

Img_2199s
(日本帰国前には、この日本レストランでこんな鮭の朝ごはんを食べてしまった)

そうそう、同日乗換でブダペストに行くとき、「またロンドンに戻るんだから」と
ATMからポンドをキャッシングした。
レートは1ポンド≒143円。レートを示して「これでいいか?」と確認してきた
ATMはここだけだったわ。

« 旅行から戻りました | トップページ | ブダペストへ »

旅・ヨーロッパ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ヒースロー空港って混んでるそうですね。
だいぶ余裕をもって並んでいても最後ドタバタだと聞きました。
海外便の自動発券、パスポートを機械に入れるのは最初勇気がいりますね。
やはり言葉が堪能でないと難しそう・・・

ところで航空機の代金108,000円は、東京・ロンドン・ブタペスト全部廻って、空港利用料とかも含むということですか?
日本・英国間は安くても、イギリスから他の国への代金って結構高いのでしょう?

うららさん、おはようございます。

108,000円には往復の航空券、燃油代、空港使用料、税金のほか、旅行代理店の手数料2,000円も含めて全部です。小さい代理店だと手数料は取らないでしょうが、それ以外の諸費用はどこで購入しても同じくらいでしょう。

たいていの欧州系エアは、周辺の国なら同じ料金で行けますが、そのエアラインのハブ空港(BAの場合はロンドン)に行って、そこから乗り換えることになります。その際ハブで一度降りて滞在できない場合や、できても割増料金を取る場合などあります。BAはロンドンでのストップオーバーが無料だったので、お得でした。(空港使用料はヒースロー分がプラスされます)

自動チェックインは、たくさんのマシーンがあって利用者は少なかったので、時間をかけてやってみました。英語を聞くのは苦手でも読むことなら何とかなるという日本人は多いでしょ?私もそのタイプなので、ダメなら途中でやめればいいと思って挑戦してみました。

結果的には、待つ時間も並ぶ時間も省けて良かったです。
でも席がグレードアップになるチャンスはなくなりね。

こんにちは、帰国早々お仕事お疲れ様です。

ロンドン経由でブダベスト行きが45000円なのにその他のほうが高いなんて何だか詐欺に遭ったような気になりますよね。
でも考えてみれば以前と合計金額だとそれほど変わっていない、という感じです。ちょっとは安いかもしれないですが。特典航空券の場合もこの税金、サーチャージ類は取られますから何だか損した気分になります。

以前は2月というのはどちらかというと1月より学生さんの旅行が増えてちょっと高目なんですけど最近ははやり不景気の影響かそれほど上がっていないですね。
ロンドンの空港使用料は結構高いのでストップオーバーすると高くなりますね。

しかし、プレミアムエコノミーにアップグレードされたのはラッキーでしたね。個人旅行者でも一人旅はUGされやすいらしいです。しかし海外の空港でも自動チェックイン機を使おうなんて流石です。成田ではカウンターでしたか?

BA専用ターミナルなのに日本食レストランがあるのですね。昔は考えられないことでした。アンカレッジで美味しくないうどん屋さんが流行っていたのを思い出しました。

HANAさん、こんにちは。

4月から燃油サーチャージが安くなるようですが、チケット代よりはるかに高いなんて、ホントに詐欺みたいですわ。原油高騰で始まったこのシステム、原油が安くなっても続きそうですね。

プレミアムエコノミーへのGUは本当にラッキーでした。
成田空港ではカウンターで手続きしたんですが、グレードアップしてもらえたので、自動チェックインしなくて良かったわ。

でも帰国便は、何とか通路側の席を確保したいという気持が強かったので、いつになるか分からないカウンターのチェックインを待っていられなくて、自動チェックインを試してみました。

BA専用ターミナルの日本レストラン(wagamama)ですが、あのターミナルでレストランらしきものはここだけだったんですよ。だからお客も日本人以外がほとんどでした。カフェやバーはいくつかありましたけどね。

イギリスはオーガニックブームらしいんですが、日本料理は健康に良いというイメージがあるのかしら?スーパーにもデリにも「お寿司」がありましたからねぇ。

ところでアンカレッジのうどん、懐かしいです。私もいちど食べたことがあります。でも「アンカレッジのうどん」なんて言ったら、「いつの時代だ?」なんて言われちゃうかも知れませんねwobbly

「アンカレジのうどん」とともに懐かしく思い出すのは「モスクワ・チェレメチボ空港の日本レストラン」です。日本レストランと言っても「カレーライス」とか「うどん」のような「立ち食いそばメニュー」だけでしたけど。

 ろうまさん、まいど_(._.)_

 UKで日本食は人気高いですよ。中華や韓国料理に比べて高級料理というイメージがあるみたいです。コースメイトでも「寿司は作れないのか」って聞いてくる奴いたし^^;。

 でもTESCOというUKの大手スーパーが作って売っているお寿司は「犯罪的」にまずそうです(苦笑)。こっちの魚屋の店頭に並ぶ魚もあまり活きのいい魚はないし。。。。おいしい握り寿司は絶対無理ですね。

 ではでは(^^)/~~~

おりんぴあさん、こんにちは。

日本食は人気があるんですねぇ。パディントン駅にも回転寿司があったし、構内の食品スーパーにもお寿司のパックがありましたもの。

スーパーで売られているのは、巻き寿司が多かったですね。お寿司と言うよりご飯を使ったサンドイッチみたいでした。アボカドを巻いた「カリフォルニア巻き」のようなお寿司が美味しかったです。

でも唯一のレストランが日本料理というのにはビックリしましたわ。そういえば、北京第三ターミナルのメインレストランも日本料理だったんですよ。「何で中国料理じゃないんだ?」と不思議でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅行から戻りました | トップページ | ブダペストへ »