無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« ブダペストへ | トップページ | ゲッレールト温泉&ホテル(ブダペスト)(2) »

2009/02/25

ゲッレールト温泉&ホテル(ブダペスト)(1)

ハンガリーの首都ブダペストは温泉都市として知られていて、街中には何ヶ所もの
温泉施設がある。そのなかで最も有名なのが、アールヌーボー様式の堂々とした
建築の「Gellert温泉」だ。

Img_1921s
(どう発音するのかよく分からないが、ガイドブックやインターネットで調べた
なかでは「ゲッレールト」が最も多かったので、私もそう呼ぶことにする)

私はこの温泉と同じ所にあるホテル「Danubius Hotel Gellert」に泊まった。
ホテルの部屋の案内で分かったのだけれど、ホテルと温泉とでは経営母体が異なる
ようだ。でも同じ建物内ということで、ホテルの宿泊客は無料で温泉を利用する
ことができる。

チェックインのとき「温泉を利用しますか?」と聞かれたので、「もちろん!」と
答えたら、部屋の鍵といっしょに磁気カードを渡された。温泉に入るときは、この
カードを持って行く。

見かけは豪華なホテルだが、1918年オープンだから古色蒼然といった趣もある。
建物は5階建で0階(日本では1階)がエントランスロビー、1階がレストラン、
2~4階が(たぶん)客室になっていて、私の部屋は最上階4階のシングルだった。
(ブッフェ式朝食つき税サービス料込みで1泊6,500円くらい)

3フロアで部屋数240もある。つまり1フロアがやたらと広い。
エレベーターから自分の部屋まで、曲がりくねった廊下をだいぶ歩かなくては
ならない。慣れないと迷子になってしまいそう。

そう言えばモスクワのホテルもやたら広くて、ひっそりしていて、ちょっと不安に
なったな~。旧社会主義国にはこういうホテルが多い。そして見かけは宮殿のよう
でも、設備はお粗末だったりするのよね。

ゲッレールトはモスクワのホテルよりはずっと良かったけれど、バスタブの栓が
よく閉まらなくて、お湯がたまらなかった。まあシャワーのお湯がよく出たので、
とくに不便はなかったけど。温泉に入るんだから、部屋のお風呂は付けたしの
ようなものだしね。

Img_1909s

モスクワで思い出したけれど、ホテルの部屋のテレビにBBCはあったがCNNは
なくて、「CHANNEL1 RUSSIAN」と「CCTV9 CHINA」があるのだ。
可笑しいわね(^o^) ちょっとだけ中国語のニュースを見た。

それから、ホテルの広さに比べサービススタッフの数が少なすぎる気がした。
ふつうホテルの朝はハウスキーパーが数人がかりでお掃除しているものだけど、
ここではいつもお掃除カート一台とスタッフ一人しか見かけなかった。
そのせいか、お掃除を手抜きしているように感じたわ。

部屋はスチームが効いて暖かすぎるほどで、夜洗濯した厚手のTシャツが朝には
すっかり乾いていた。乾燥しすぎはお肌にも健康にも良くないので、毎日下着や
ハンカチ、タオルなどを洗濯して干しておいた。

一人旅の私はいつも早めにホテルに戻るので、部屋で食べる食料品やお菓子を
買っていく。ここでもスーパーでワインとハムやチーズを買い込んで、部屋の
ミニバーに入れようとしたが、飲み物がいっぱい入っていて冷蔵庫の扉が閉まら
ない。

それで思いついたのがテラスに出しておくこと。
レジ袋に食品を入れてテラスの照明具に結び付けておいたら、ちょうどよい具合に
冷えるのだ。

Img_2038s

気温は最低でマイナス2~3℃、最高も10℃には届かないと思う。だから夜
だけでなく外出している昼間も食料品をテラスに出しっぱなしにしておいた。
鳥がつつくかと思ったけど、無事だった。

« ブダペストへ | トップページ | ゲッレールト温泉&ホテル(ブダペスト)(2) »

旅・ヨーロッパ」カテゴリの記事

コメント

温泉付き朝食付きホテルが一泊6500円とは円高効果なんでしょうか。

温泉入り放題なんて海外ではなかなかないですね。

しかし、清掃状況がちょっと悪くて設備がお粗末というのはいただけないけどこれだけ安ければしょうがないかも。
ブダペストの中でも古いから安いのでしょうね。

でもテラスが冷蔵庫代わりなんて解決方法はユニークです。建物が古いと窓際なども寒かったりしますが、そんなことはなかったですか?テラスから夜景も見えるようですが、眺めは良かったのでしょうか。それだったらちょっと古くても許してしまうかもしれません。

HANAさん、こんにちは。
土曜日に仕事があるので、今日はお休みです。
今までグタグタしていて、やっと朝ごはんを食べたところです。

最初はいろいろ不満もあったホテルですが(宿泊料を考えれば、不満言うほうが間違っていますけどね)、後半はそんな不満スッカリ消えてしまいました。朝一番風呂と食事がとっても良かったので。

ゲッレールトは四つ星ですが、それ以下のホテルもたくさんあります。円高効果と経済危機で観光客やビジネス客が減っているので、ディスカウントしているんでしょう。

私は一番安い部屋なので「リバービュー」でしたが、高いお部屋は「リバーフロント」じゃないかしら。私の部屋からもドナウの夜景が綺麗でしたよ。でもカメラが高性能じゃないので、写真の出来が悪くて残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブダペストへ | トップページ | ゲッレールト温泉&ホテル(ブダペスト)(2) »