無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« クリスマスイブ | トップページ | 年賀状(アナログとデジタル) »

2008/12/27

年末年始の過ごし方

旅仲間の皆さんは海外へ飛んでいってしまい、ちょっと寂しい年末になった。
私は今日も月曜日も仕事があり、「貧乏ヒマなし」を絵に描いたようなお正月に
なりそうだ。

年末年始は家に閉じこもって、熱燗チビチビやりながら、ちょっと学習でもしよう
かな。学習内容は、薬剤とマージャンと英語を予定している。今のところ。
でもけっきょくは「酔っ払って寝正月」になってしまいそうだ。

昔はクリスマス前に海外旅行に出かけ、元旦に帰国するというケースが多かった。
少し早めに日本をたつと航空運賃がグンと安くなるので、年末年始のお休みを少し
ずらしたのだ。

おかげで私は混雑した成田空港を知らない。シーズンオフにばかり旅行していた
ので、空港はいつも閑散としていた。チケットが安い時って、つまり人が飛行機に
乗らない時なのよね。

ヨーロッパから日本に元旦帰国すると、飛行機のなかで2回「新年の瞬間」を
迎える。欧州系エアの場合、まず日本が新年を迎えたとき乗客にシャンパンを
配って乾杯し、その後航空機が所属する国(たとえばKLMならオランダ)の
新年にもう一度同じように乾杯するのだ。(Happy New Year!ってね)
ちょっぴり得した気分になる。

大晦日にインドに行った時、元旦にニューデリーからバラナシに飛行機で移動
したのだが、上空から真っ白に輝くヒマラヤ山脈を眺めることが出来た。

これが私にとって最高のお年玉だったかな。

実はその半年ほど前にも、中国成都からチベットのラサに行く飛行機のなかで、
ヒマラヤのいただきを眺めた。空から2度もヒマラヤを見下ろすことが出来て、
これ以上ない贅沢気分にひたることが出来た。

「飛行機から見下ろす景色が、その旅のハイライト」ってことはよくある。
今年は無理だけど、またいつか飛行機のなかで新年を迎えたいな。


« クリスマスイブ | トップページ | 年賀状(アナログとデジタル) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

飛行機の中で新年の乾杯って、いいなぁ~
スチュワーデスさんが音頭をとられるのでしょうか?
ヒマラヤ越え同様、一度体験してみたいです。

うららさん、こんにちは。

飛行機の中で新年になると、機長の挨拶が流れ、スクリーンに映像が映し出されることが多かったです。その少し前にスチュワーデスさんからシャンパンが配られました。

でも最近はアルコール有料のところが多いですから、こんなサービスも無いかもしれません。

今日の検索ランキングを見ると、広州関連が3件、韓国関連が3件あります。お正月を近場のアジアで過ごす人が、情報集めるためにアクセスしたんでしょう。

上空からのヒマラヤは感動しますよ。私はいつも通路側の席に座るんですが、「ニューデリー~バラナシ」や「成都~ラサ」のような国内線の場合、フライト時間が短いので、窓側の席で景色を眺めることにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスイブ | トップページ | 年賀状(アナログとデジタル) »