無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 円高生かす旅 | トップページ | 金曜日の盛り場 »

2008/12/16

トイレをリフォームした

今日はトイレのリフォームをした。

工事が終わるのを待っている間に、蛍光灯を交換し、溜まったままになっている
資料を整理した。

蛍光灯の交換はけっこう力仕事なので、「ヨシッ!」と気合を入れないと、なか
なか取りかかることが出来ない。
来年は蛍光灯でなく電球式の照明器具に変えようかと思っている。
こちらのほうが、電球の交換が簡単そうだから。

おとといの日曜日はマンションの大規模修繕工事の説明会があった。
マンションも築二十数年にもなると、いろいろなところが傷んできて、修繕には
手間もお金もかかる。工事費はどうやら積立金でまかなえそうだが、いろいろな
新しい設備をつけるとなると、それだけでは足りなくなるだろう。

マンションとともにマンション住人もだんだん高齢化していく。
「この次の大規模修繕は、もうやれない」という理事も多い。
マンションの老朽化と住人の高齢化は、これから大きな社会問題になっていく
だろう。

私の住んでいるマンションは、周囲に緑は少ないし、部屋は狭くて日当たりが
悪いし、他にも不満はたくさんあるが、繁華街近くにあるので買い物に便利と
いうメリットがある。私をとっては、この利便性のほうが大事かな。

「年をとると部屋を借りられなくなる」という話を聞いて、若い頃あまり深く考えも
せずにこのマンションを買った。今でもローンを払い続けているのだけれど、
部屋を借りるよりもローン返済額のほうが安いので、管理だの修繕だのと面倒
臭いことを差し引いても、プラスのほうが少し上回っている。

「派遣社員が失業と同時にホームレスになる」という最近のニュースを聞くと、
ぜいたくは言えないと思う。とりあえず雨露しのげればそれでいいわ。

まあ貧乏暮らしには慣れているから、その経験をいかして、楽しい倹約生活を
考えなくちゃ。

« 円高生かす旅 | トップページ | 金曜日の盛り場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
我が家も先月はベランダのビニール屋根と玄関ポーチの軒裏側の張替えで10万円かかりました。
今度は外壁塗装の一部に劣化が見つかった。
でもこれはお金もかかるし大層な工事になるので思案中です。
でもやらないと雨が入るともっとひどくなるし・・・

こうした修理が個人でなく団体となるとわずらわしいものになりますね。
マンションの外装は想像しただけでも大変でしょうね。

うららさん、こんにちは。

トイレは、床の張替えからウォシュレットまで総取っ替えしたんですが、考えてみればウォシュレットはまだそんなに古くないんですよね。それを新しくしなかったら5万円は浮いたのにな~と、うじうじ後悔しています。

私はマンション新築時からの住人なんですが、このマンションは繁華街に隣接しているので、部屋を貸している人が多いんです。だから所有している住人は、いつも理事にならざるを得ないんですわ。

今は免除してもらっていますが、私も最初からずっと理事をやっていました。これもかなり負担なんですよね~。

大規模修繕は今回で二度目ですが、熱心にやってくれる住人がいるので、本当に助かっています。積立金だけで工事費をまかなえて、自己負担が生じないのも有難いです。

でもリフォームで散財したので、お正月は安酒飲んで一人マージャンでもして過ごしますわ。マージャンのほうは、自己流でやっているのでさっぱり上達しません。機会があったらどこかクラブにでも入ろうかと思っています。

トイレのリフォーム完了おめでとうございます。

ウォッシュレットだって新しいもののほうが使い勝手も良くなっているだろうし、一緒に更新したほうが後で付けるときにうまくいかなかったりするからよかったんじゃないですか。良くなったことだけ考えてあとのことは考えないほうが気持よくなりますよ。

私も今のマンションが10年を超えました。ここは海が近いのであちらこちら錆つくのが早くてマンションの寿命も短いのかもしれません。水回りが壊れてリフォームされたことがありましたね。10年超えるといろいろつぎつぎ出てくるのでしょうね。私も換気扇とかが変な音をしているので取り換える必要があるかなぁ、とおもっているのですが、まだ動いているので取り換えられません。おそらくそれほど高いものじゃないので早くしたほうが良いと思うのですけど。

大規模修繕が来年に行われるようですが、やりたい人を募ってましたが応募してきた人は少ないようです。
全員の意見を取りまとめて実際に工事が完了するまで担当するなんて大事業ですからやりたい人は少ないのではないかな。

昔はマンションは仮の住まいという考え方でしたが終の棲家になっている人が多くなっていると思います。私も今のマンションが最も長く住んでいる部屋なのですがだんだん古くなったらどうしたらよいのかわかりません。
今までは新しいところばかりに移っていたので・・・。

水回りをいつリフォームしなければならないのか考えるだけで頭が痛くなります。ローンはもうないのですが、リフォーム費用はばかにならないですからね。

HANAさん、私も一ヶ所にこんなに長く住むなんて思ってもいなかったんですよ。
私は引越し魔で、2年に一度は新居を見つけて都内を転々としていたんですが、錦糸町に住んでからはそういう訳にもいかなくなりました。

でもやっぱり引越ししたいんですよね~。

錦糸町は気に入っているんですが、もっと広い部屋に移りたいんです。今のところは部屋が二つだけなので、妹が泊まりにきた時なんぞ、ダイニングキッチンにお布団敷いて寝てるんですわ。物置程度でいいからもう一部屋あったらな~と、いつも思っています。

大規模修繕を素人の住民だけでやるのは大変ですが、熱心に取り組んでくれる人がいて、本当に助かっています。でも皆が高齢化していきますから、修繕にしても管理にしても、これからは入居者だけでやるのは難しくなるでしょう。

管理も委託できるようにする法律が考えられているようですが、やむを得ないことでしょうね。

引越しできないとなると、やっぱりリフォームして少しでも快適に暮らすということになりますが、どちらにしてもお金が必要ですね。それが悩みの種ですわ。

旅行のお金は出しても、住宅の手入れには余りお金をかけたくない私です。
だからマンションはあちこち不備だらけなんですが、でも旅が出来るのなら我慢しますわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 円高生かす旅 | トップページ | 金曜日の盛り場 »