無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008/12/31

 良いお年を

今日は大晦日、そして母の命日でもある。

いつもはお正月向けの仏花を買うのだが、今回は可愛いブーケを2束買って、
一つは仏壇にもう一つはテーブルに飾った。

ウォーキングを兼ねて駅周辺のデパ地下やスーパーをみんな廻って、お刺身と
煮物用の根菜類を買ってきて煮しめを作った。作ったのはそれくらい。

元旦のお雑煮用に切り餅も買ってきた。いつもは妹がお餅を沢山送ってくれるの
だが、今年は姪が病気なのでそれどころじゃない。でも少しはお餅も食べたいと
思って買ってきた。

お酒は福島県二本松市の「大七純米生もと」。年末年始はやっぱり日本酒、それも
お燗したお酒にかぎるわ。

デパートはどこもそれ程混雑していなかった。
不況の年は「アメ横」が賑わうとかで、去年より何十万人も多くの人が訪れた
ようだが、その分デパートやスーパーの人出が少なくなったのかもしれない。

今は「紅白」見て、チビチビやって、時々「一人マージャン」やっている。
牌を捨てると次の牌が出てくるという方法で、18回を牌を捨てて終了となる。
もちろん上がればそこで終了。単純なんだけど、これがけっこうクセになって
しまうのよね。

年々お正月らしさが無くなっていくけれど、今年はとくに100年に一度の経済危機
とかで、とても「おめでたい」気分になれない。

今日の新聞には「夜逃げの手伝いをする夜逃げ屋が大忙しで、順番待ちが40人」
という記事が載っていた。仕事も家も失って途方に暮れている人や、必死に病と
闘っている人など、生きるだけで精一杯という人もたくさんいるだろう。

これといったトピックもなく平凡に毎日暮らせることが、本当はとっても貴重
なのかもしれない。

もうすぐ新年。皆様どうぞ良いお年を!

2008/12/30

年賀状(アナログとデジタル)

やっと年賀状を作った。

いつもは年賀状に旅行の写真を使うが、来年が丑年なので今回はフィレンツェで
撮った「カウパレード」の牛のオブジェを使うことにした。

カラフルで明るい牛のアートなので、お正月にふさわしいんじゃないかな。
元旦にブログにもアップするつもり。

年賀状を出すときになると、すっかり疎遠になってしまった人に送るべきかどうか
迷うことが多い。暮らしに追われていると、同じ職場で働いているのでないかぎり、
どうしても会う機会が無くなってしまう。

その代わり、ブログなどネットの友人は増えている。
最近はメールで年賀状を送る人も多いけど、それだけでは物足りないという人の
ために、mixiが年賀状サービスを始めたらしい。

ネットでは匿名がふつうなので直接には年賀状を出せないが、会員制のmixiが
本人に代わって年賀状を郵送するというサービスらしい。

でも、そこまでする意味あるかしらね?
名前や住所は知らなくても、メールでいつでもコンタクトとれるんだし‥‥。

メールは日常生活の欠かせない手段になった。
迷惑メールなんて弊害もあるけれど、いつでも何処でも相手に意思や用件を伝え
られるメリットは大きい。

姪が病気で妹がつきっきりの看病をしているが、その妹とのやりとりはいつも
メールだ。相手の都合を考えるとなかなか電話できないが、メールならいつでも
送れるし、言葉を選んで書けるので、電話では言えないことも伝えられる。

その一方で、メールアドレスが変わったりして連絡できなくなる人もいる。
今年の年賀状に「失業中」と書いてきた友人にメールを送ったけれど、返事は
なかった。

近況を知りたくても、年賀状を出したくても、住所もメールアドレスも知らない
のでコンタクトできない人もいる。メールアドレスは今の社会の必要最小限の絆
なのかも知れない。

F10000021s
(年賀状を出してからウォーキングのため東京駅に行ったら、旅行客で大混雑
していた。エキナカの名店街では、かりんとうを買う人の長い列ができていた。
いつも「かりんとう」を買う人の列が出来ているけど、何故なのかしら?)


2008/12/27

年末年始の過ごし方

旅仲間の皆さんは海外へ飛んでいってしまい、ちょっと寂しい年末になった。
私は今日も月曜日も仕事があり、「貧乏ヒマなし」を絵に描いたようなお正月に
なりそうだ。

年末年始は家に閉じこもって、熱燗チビチビやりながら、ちょっと学習でもしよう
かな。学習内容は、薬剤とマージャンと英語を予定している。今のところ。
でもけっきょくは「酔っ払って寝正月」になってしまいそうだ。

昔はクリスマス前に海外旅行に出かけ、元旦に帰国するというケースが多かった。
少し早めに日本をたつと航空運賃がグンと安くなるので、年末年始のお休みを少し
ずらしたのだ。

おかげで私は混雑した成田空港を知らない。シーズンオフにばかり旅行していた
ので、空港はいつも閑散としていた。チケットが安い時って、つまり人が飛行機に
乗らない時なのよね。

ヨーロッパから日本に元旦帰国すると、飛行機のなかで2回「新年の瞬間」を
迎える。欧州系エアの場合、まず日本が新年を迎えたとき乗客にシャンパンを
配って乾杯し、その後航空機が所属する国(たとえばKLMならオランダ)の
新年にもう一度同じように乾杯するのだ。(Happy New Year!ってね)
ちょっぴり得した気分になる。

大晦日にインドに行った時、元旦にニューデリーからバラナシに飛行機で移動
したのだが、上空から真っ白に輝くヒマラヤ山脈を眺めることが出来た。

これが私にとって最高のお年玉だったかな。

実はその半年ほど前にも、中国成都からチベットのラサに行く飛行機のなかで、
ヒマラヤのいただきを眺めた。空から2度もヒマラヤを見下ろすことが出来て、
これ以上ない贅沢気分にひたることが出来た。

「飛行機から見下ろす景色が、その旅のハイライト」ってことはよくある。
今年は無理だけど、またいつか飛行機のなかで新年を迎えたいな。


2008/12/24

クリスマスイブ

今日はクリスマスイブだけど、それに特別の意味がない私は、ちょっと寂しい
かしら?

そんなわけで、少しは行事っぽいことしようと新宿のデパ地下に立ち寄ったら、
ケーキ売り場には長い行列がでいていた。

F1000045s

ケーキは諦めて、久しぶりにRF1のサラダを買おうと思ったが、時間が遅かった
せいかほとんど売り切れだった。
隣のベーカリーで焼きたてフランスパンの試食販売をやっていたので、それを
買って、それからシャンパンを買って、残っていたサラダを買って、チーズと
オリーブを買って、帰宅してから一人で乾杯した。

クリスマスイブにはシャンパンが似合う。
食べ物には手を抜いても、お酒には手を抜かない私なのだ。

ニュースで言っていたのだけれど、今年は家でクリスマスイブを過ごす人が多く、
それでケーキの売り上げが好調なのだとか。

でも家族でケーキを食べられるのは幸せな人たちで、歴史的大不況の最中、明日の
暮らしもどうなるか分からないという人たちが、世間には沢山いることだろう。

半年前に初めての子供が生まれたばかりの姪が、急病で近く手術をすることに
なった。妹は仕事を辞め、娘の看病に専念するという。

とても心配だけれど、私には何もできない。
病気にならなかったら、今頃は初めての赤ちゃんを囲んで、クリスマスを楽しんで
いただろうに。でも今はとにかく姪の回復を祈るばかりだ。

錦糸町駅前の広場では、大道芸の人がパフォーマンスを披露していて、この寒空に
かなりの見物人が集まっていた。

F1000040s

そのすぐ隣では、クラブかバーの若い女性が、男性の腕をつかんで飲み屋街の方に
連れて行った。クリスマスイブを若くてキレイなお嬢さんと過ごすのもいいけれど、
くれぐれもぼったくられないようご用心!まあ「要らぬお世話」だけれどね。

皆が迎えたクリスマスイブだけれど、過ごし方は人それぞれ。きっと誰もが何ら
かの悩みを抱えているんだろうなぁ。

2008/12/21

亀戸天神辺り

お昼ごろ買い物にでかけたら、年末とは思えない暖かさ。
それでちょっと足を延ばして「亀戸天神」辺りまで散歩してきた。

亀戸天神は、錦糸町駅と亀戸駅のちょうど中間のところにある。

F1000032s
元旦は参詣の人で行列が出来るが、今はひっそりとして静かで、枯れた藤棚が
侘しい感じ。

F1000029s

元旦には多分来られないと思って、いろんなお願いをしてきた。(←お賽銭100円でwink

境内には、神社に謂れのあるいろんな石碑や立札がある。
F1000026s
(しはらくは 花の上なる月夜哉  芭蕉)

F1000027s
(幹はみな老いをわすれて梅の花)

帰る途中にあるショッピングモール「オリナス」では、子供達がクリスマス
ソングの合唱を披露していた。
F1000018s

2008/12/19

金曜日の盛り場

金曜日の夜、そして忘年会の季節ということで、錦糸町駅周辺の盛り場は賑わって
いた。100年に一度の大不況だから、ハイクラスの夜の街はどこも景気が悪い
だろうが、その分だけ庶民的な街に人が流れているのかも知れない。

お決まりのオジサン連中だけでなく、若い女性グループもけっこう目につく。
馬券売り場にやってくるオッサンしか行かないような居酒屋にも、女性の姿が
多いのだ。そしてどこもギッシリ満員だった。

私好みの庶民的酒場は、たいていガラス張りで、外から店内が見渡せてしまう。
帰宅の途中いつもお店の前を通って、ちょっと寄りたいな~と思ったりするが、
一人じゃ気が引けるし自宅に近すぎるのもネックになって、雰囲気を感じるだけで
終わっている。

一度だけ友人と、気になっていた居酒屋の一軒に入ったことがある。
気楽で、美味しくて、安くて、なる程これなら人気が出るだろうと納得した。

やっぱり盛り場は賑やかなほうが良いわね。
呼び込みのお兄さんや外国のお嬢さんばかりだと、街を歩くのがちょっと心細く
なるもの。

2008/12/16

トイレをリフォームした

今日はトイレのリフォームをした。

工事が終わるのを待っている間に、蛍光灯を交換し、溜まったままになっている
資料を整理した。

蛍光灯の交換はけっこう力仕事なので、「ヨシッ!」と気合を入れないと、なか
なか取りかかることが出来ない。
来年は蛍光灯でなく電球式の照明器具に変えようかと思っている。
こちらのほうが、電球の交換が簡単そうだから。

おとといの日曜日はマンションの大規模修繕工事の説明会があった。
マンションも築二十数年にもなると、いろいろなところが傷んできて、修繕には
手間もお金もかかる。工事費はどうやら積立金でまかなえそうだが、いろいろな
新しい設備をつけるとなると、それだけでは足りなくなるだろう。

マンションとともにマンション住人もだんだん高齢化していく。
「この次の大規模修繕は、もうやれない」という理事も多い。
マンションの老朽化と住人の高齢化は、これから大きな社会問題になっていく
だろう。

私の住んでいるマンションは、周囲に緑は少ないし、部屋は狭くて日当たりが
悪いし、他にも不満はたくさんあるが、繁華街近くにあるので買い物に便利と
いうメリットがある。私をとっては、この利便性のほうが大事かな。

「年をとると部屋を借りられなくなる」という話を聞いて、若い頃あまり深く考えも
せずにこのマンションを買った。今でもローンを払い続けているのだけれど、
部屋を借りるよりもローン返済額のほうが安いので、管理だの修繕だのと面倒
臭いことを差し引いても、プラスのほうが少し上回っている。

「派遣社員が失業と同時にホームレスになる」という最近のニュースを聞くと、
ぜいたくは言えないと思う。とりあえず雨露しのげればそれでいいわ。

まあ貧乏暮らしには慣れているから、その経験をいかして、楽しい倹約生活を
考えなくちゃ。

2008/12/07

円高生かす旅

年末年始はどこにも行かず、自宅でじっとして極力お金を使わないつもりだ。

その代わり2月に1週間くらいヨーロッパに行こうかと思っている。
雇い主にも2月にお休みもらうかも知れないと話しておいた。

格安航空券のサイトを見たら、KLMで5万円前後+燃油代46,400円となっていた。
2月には燃油サーチャージがもう少し安くなるんじゃないかしら。

金融危機のあおりで破産の危機に陥っている国があるから、安上がりの旅をする
ならそういう国が良いような気がする。そんなこと関係ないかしら?
他人の不幸につけこむようで、何だか気がとがめるけどね。

破産しそうな国というと、まず頭に浮かぶのがアイスランドだけど、真冬に行く
ところじゃないし、ウクライナも寒そうだし‥‥となるとハンガリーかな。
ブダペストで3泊くらいして、アムステルダムに2泊ストップオーバーして、
機内1泊して6泊7日の旅。

でもまだ先のことだから、不確定要素がいっぱいあって、旅行できる可能性は
50%くらい。まあプランを考えている時がいちばん楽しかったりするから、
お正月はこれを肴にお酒を飲むことにしよう。

日本とアメリカの企業年金

株価の急落で、老後の生活を支える年金が危機に陥っているという。

国の年金制度も危ないけれど、個人が自己責任で管理する日本版401Kも、
金融危機の影響をまともに受けて、相当目減りしているらしい。

年金資金を投資や投機につぎ込むなんて、何だかヤバイって気がするな~。

「老後の年金は自己責任で増やせ」と言われても、投資に縁のなかったサラリー
マンには負担が大きいよね。プロでさえ、いまの状況は予測できなかったんだ
から。

ところで日本版401k「確定拠出型年金」は、何らかの投資をしなくちゃダメなの
かしら?「タンスにしまっておきます」なんて訳にはいかないのかしらねぇ?

だいぶ前にCPAの試験を受けたことがあるが、会計学の項目のなかで一番理解に
苦しんだのが「アメリカ企業年金会計」だった。

日本の401kは個人に責任があるのに対し、アメリカは企業が責任を負う「確定
給付型年金」だから、運用によって発生する積立不足や超過を計算して計上しなけ
ればならない。この計算がやたらと複雑で、受験した時は何とか理解したけれど、
今はほとんど忘れてしまった。

そういう年金だから、株価の急降下でアメリカ企業は莫大な債務を抱えている
んじゃないかしら。このまま株価が回復しなかったら、企業はいったいどうする
んだろう。底なし沼に落ち込むような気がする。

私が心配するようなことじゃないけれど、アメリカ発の経済危機で世界中がとん
でもない状況に陥っているので、やっぱり不安になってしまうのだ。

2008/12/04

今年ももう師走

土曜日に仕事をするので、今日はお休みとなった。
それで近くの病院に行ってインフルエンザの予防接種をしてきた。

最近薬局に風邪の人が多くやってくる。
苦しそうな様子でゴホンゴホンと咳をするので、見ているだけでうつりそうな
気がするが、今のところ何ともない。

でもこの冬は、年明け1月頃インフルエンザの大流行が予測されているので、
ワクチンがなくなる前に注射してもらおうと思ったのだ。

インフルエンザの予防接種は自費なので、ネットでいくつかの医院にあたって
みて、2000円台でやってくれる所をみつけた。お天気も良かったので、ぶらぶら
散歩がてら行ってきた。

普段はあまり近所を歩かないので、ちょっとした発見があった。
もうすぐ赤穂浪士討ち入りの12月14日ということで、街角にはこんな(↓)
旗が。

F1000001s

両国の吉良邸はもう無いが、ほんの一部が公園として残されている。

F1000003s

この近くには、地元出身の有名人「葛飾北斎」がらみの看板(高札?)もあった。

F1000006s

墨田区は地元のスターである「北斎」を観光の目玉にしようと、記念館建設を
計画したりお祭りをやったりしている。

F1000013s
(北斎をテーマに子供達が描いたイラストのTシャツ)

せっかく日本一高いタワーができるんだから、その中に記念館を造ればいいのに。

帰りにコンビニで新聞を買った。紙面は「経済危機」関連の記事のオンパレード。

「日本IBMが人員削減をすすめている」「大手自動車メーカーの派遣切りで、
ホームレスが急増する」「新卒者の内定取り消しが相継いでいる」

これまでに非正規労働者3万人が職を失ったという。

景気がこれからもドンドン悪くなると、企業の倒産が続出し、派遣だけでなく
正社員も失業することになるだろう。

そんなことになったら、誰でも大変だけど、特に未成年の子供がいる人は辛い
と思う。親としての責任を感じれば感じるほど、追い詰められてしまうんじゃ
ないかしら。

自分ひとりだったら「なるようになる。イザとなったらホームレスでもいい」と
開き直ることもできるけどね。

未曾有の経済危機には政治家の手腕がものをいうと思うけど、3KY(漢字が読め
ない、空気が読めない、解散時期が読めない‥‥これで3KYだとか)の首相では
当てにできそうもない。

質素な暮らしをするしかないわね。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »