無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 低値安定の日々 | トップページ | 秋元順子 »

2008/11/23

農薬ネオニコチノイド

休日はもっぱら地下街ウオーキングとブックストアめぐりしている。
さんざん歩いて、本を立ち読みして、ときどきカフェでひと休み。
ブックストアは私の情報源だ。

最近はどこでもベンチやテーブルが設けられているので、最新版の雑誌なども
タダでゆっくり読むことができる。有難いことだわ。

新宿の「ジュンク堂」と丸の内の「丸善」が気に入っているが、西新宿にオープン
したばかりの「ブックファースト」も、新宿駅西口すぐ近くなので利用しやすい。

今日は丸の内の丸善に行った。今話題の書籍が目立つ場所に並べられているので、
現在の社会の関心事が分かる。
「新型インフルエンザ」「金融危機と経済危機」「オバマ次期米大統領」「裁判員
制度」等々。

そのなかで、今日立ち読みしてしてきた本は、
「今日、ホームレスになった」(報道、ルポルタージュ)と
「悪魔の新・農薬ネオニコチノイド」の2冊。
「悪魔の新・農薬ネオニコチノイド」は「ミツバチが消えた沈黙の夏」という
副題がついている。

ミツバチは、自然環境の変化を真っ先に感知するので「環境指標生物」と呼ばれ
ているが、そのミツバチが世界各地で大量死している。その原因と考えられて
いるのが、農薬の「ネオニコチノイド」なのだ。

現在発売中の「AERA」に「緑茶が危ない」という記事が載っている。
「日本の果実や緑茶が、ネオニコチノイド系農薬のアセタミプリドで著しく汚染
されており、それによる体の障害が発生している」というもの。

それを読んで、もう少し詳しく知りたくなり、この本を立ち読みした。

ネオニコチノイドの毒性の恐ろしさは「神経毒」で、 患者には、うつ病、自殺、
引きこもり、暴力衝動などの症状がある。理由もなくすぐかっとなるなど、人格が
変わるのだという。怖いわね。

最近は無差別殺人や理由のない殺人事件が多いが、もしかしたら毎日口にして
いる食品に原因があるのかも知れない。

S
いつも寝ている公園のネコちゃん。誰が近づいても、ゆったり構えて動かない。
いろんな人が背中をなでていく。街の人皆このネコちゃんに癒されている。

« 低値安定の日々 | トップページ | 秋元順子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ミツバチの異変については、以前からとても興味を持っていました。
農薬「ネオニコチノイド」が原因なのですか。
お茶にも使われているなんて。

この2年間、中国在住だった知人に頼んでジャスミン茶をたくさん買ってもらってました。
最近中国の食品のことが常に話題にのぼるので大丈夫かなと心配はしていました。
でも中国だけでなく、この日本製のお茶や果物が危ないと聞くとね。
私の神経は大丈夫だろうか・・・

うららさん、この新しい農薬の使用量は、とくに日本で多いそうです。緑茶が危ないと言われると、いちばん身近な食品だけに、いったい何を信用すればいいのか分からなくなりますね。

ネオニコチノイドは、その名の通り「ニコチン」から作られているそうです。ニコチンの毒は青酸カリ並みとか。やっぱりタバコは怖いものなんですね。スモーカーは、自分のためにも周囲の人のためにも、禁煙してほしいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 低値安定の日々 | トップページ | 秋元順子 »