無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 広州の中のヨーロッパ「沙面」 | トップページ | 金融危機 »

2008/10/24

検索フレーズのことなど

ブログの更新ができなくても、自分のブログの「検索フレーズランキング」は
いつも見ている。いろんな人が、いろんな目的で、私のブログを見てくれている。
嬉しいことだわ。

でも「風俗、錦糸町、ロシア」なんてフレーズがあると、ちょっと恥ずかしい。
たぶん「錦糸町」で私のブログにヒットしたんだろうけど。

錦糸町といえば、妊娠している脳内出血患者が受け入れを断られた「墨東病院」は
錦糸町駅から歩いてすぐのところにあり、我が家からも近い。

昔は気楽に診てもらえる病院だったけど、最近は「紹介状」がないと受付して
もらえないようだ。少し前に頭が痛くて墨東病院に電話したら、ケンモホロロに
断られてしまったもの。

重篤な救急患者を最優先にするのなら、それも仕方ないと思うけど、急患さえ
診てもらえないんじゃ、いくら近くに立派な病院があっても「絵に描いた餅」
だわ。

ところで「石黒敬七」という検索フレーズがよく載っているが、この名前を知って
いる人は少ないんじゃないかしら。
石黒敬七はわが故郷柏崎の出身で(明治生まれ)、世界中の珍品を集めた人と
して有名なのだ。(それが仕事だったわけじゃないだろうが、それ以外のことは
知らない)
柏崎にその収集品を展示した「とんちん館」という博物館があったのだが、今も
あるかどうかは?

私の検索フレーズ「ベスト10」の9割がたは「海外旅行」関連だ。
やっぱりインターネットと海外情報の相性はバツグンだものね。
ガイドブックには載っていない最新情報やマイナー情報も、インターネットなら
ゲットできる。有難いことだわ。

今回の広州のホテル「広州賓館」も、もちろんネットで見つけネットで予約した。

Img_1806ss

空港からのリムジンバス5号線に乗り二つ目の駅で降りると、目の前がホテルの
エントランスという交通の便のよさ。地下鉄の駅もホテルのすぐ前にある。

Img_1550ss

高級ホテルじゃないけど、これでシングル1泊298元(5,000円弱)はお得じゃない
かしら。

Img_1552ss

中国のホテルには必ずある「お茶セット」も、もちろんあった。

Img_1553ss


« 広州の中のヨーロッパ「沙面」 | トップページ | 金融危機 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

検索ワードは面白いのでこのブログ訪れたときはいつも見てますよ。

ニュースで聞いた墨東病院、お近くでしたか。
東京では救急病院が日本で一番たくさんあるだろうに、
受け入れ拒否もまた一番多いのだそうですね。

以前報道番組でキューバが医療がとても進んでいると聞きました。
ちょっと意外でびっくりでした。
どこにでも満遍なく、広く薄くではなくて、
どこか優先的に、ここは譲れないというところに税金投入して有効に使って欲しいですね。

うららさん、こんにちは。

このあいだ読んだ「貧困大国アメリカ」(岩波新書)に、亡命キューバ人の子供が医者にかかれず亡くなった。このとき母親が「これがキューバだったら、あの子は助かったわ」とつぶやいたという話が載っています。

NYで暮らしていたHANAさんからも、病気になったために生活苦に陥る人が多いという話を聞いたことがあります。

アメリカには日本のような「健康保険制度」が無いうえに、医療費がバカ高いので、普通に暮らしていた中流階級が病気になったために破産するケースが、とても多いそうです。

でも日本の医療も、だんだんアメリカ化していくようで、不安ですね。

天漢日乗: 東京でも産科崩壊の危機 都立墨東病院産科来春閉鎖or周産期医療センター機能停止か?
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2006/12/or_804c.html
東京で子供が産めなくなる日(その2) - うろうろドクター - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/16924024.html

…今回の「東京陥落」よりずっと前から、墨東病院を始めとした東京の救急はSOSを出していたんですよね…。

マスコミ、役人、その他、「医療の事なんて俺らには関係ねえよ」という人間が、そのSOSを聞かなかったために「東京陥落」が起きた。

そして今でもなお「医者のモラルの問題」とか「全国各地で救急搬送を拒否した病院は患者を捨てた」とか言う人間が跋扈する事実…。(「医師は応酬義務を果たしていない」と味方を後ろから撃つ人間までいるし…。)

いつになったら、医療に無理解な人間による「医師叩き」「病院叩き」が無くなるのでしょうかね…。

都筑てんがさん、こんにちは。

墨東病院で亡くなった方の遺族は、「墨東病院のスタッフには感謝している」と話したそうですね。
厳しい環境のなかで、誠心誠意医療にたずさわっている医師や看護士も、もちろん沢山いらっしゃることでしょう。
どんな仕事でもそうですが、良心的な人もいればそうでない人もいます。その見極めが、素人にはなかなか判断できません。むずかしいところですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 広州の中のヨーロッパ「沙面」 | トップページ | 金融危機 »