無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 世界遺産「開平の望楼と村落群」(5) | トップページ | 世界的不況のようだけど »

2008/10/05

田村能里子の壁画(銀座)

今日は、銀座にある「ファンケル銀座スクエア」に行って、「田村能里子」の
壁画を見てきた。

化粧品会社のビルなので1階はお客さんが多かったが、2階のギャラリーは静かで
上品な雰囲気だった。

F1000009s

フロアにはテーブルと椅子があり、化粧品会社向けらしい華やかな田村能里子の
作品が飾られている。無料なのでひと休みするのに最適な場所だ。

F1000003s

銀座に来ても歩くのは地下街ばかりだったので、こんな素敵な休憩場所がある
なんて知らなかったわ。

丸の内から有楽町、銀座にかけて、中高年向きの洒落た「ひと休みスポット」が
たくさんある。

昔は新宿が好きだったけど、最近は人込みにいささか疲れ気味。
たまになら新宿も好いんだけど、毎日四方八方からやってくる人に跳ね飛ばされて
歩いていると、余裕のある丸の内・銀座界隈が懐かしくなる。

ところで、「田村能里子」の壁画を鑑賞できるギャラリーには、彼女の制作の
様子を撮ったビデオが流れている。

F1000004s

もちろん「ファンケル銀座スクエア」の作品「FUN-FUN」の制作画像も
あるが、私が惹きつけられたのは「西安の唐華賓館」の壁画だ。
彼女が40代半ばになって初めて制作した壁画が、このホテルの「二都花宴図」
なのだ。

ロマンチックでありながら力強くて、やっぱりこの壁画を見にもう一度西安に
行かなくちゃと思った。どちらかというと、私は初期のころの作品のほうが好き
だわ。

ビデオには、田村能里子が「西安に行くたびに、この壁画を一晩中かけて拭いて
いる」様子も流れていた。

それにしてもエネルギッシュな女性だな~。素晴らしい。

« 世界遺産「開平の望楼と村落群」(5) | トップページ | 世界的不況のようだけど »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
先日、田村能里子展に行ってきましたが、
ここは無料で観れるんですね。
この場所に絵がマッチしてるように感じました。
今度、機会があったら寄ってみようと思います。

shionさん、こんにちは。

「ファンケル銀座スクエア」はファンケルビルの2階にあるんですが、壁画以外にも田村能里子の絵画があって、しかもスタッフの人が声をかけたりしないので、とてもリラックスできる休憩スポットです。お水のサービスもありますから、銀ブラの途中に休憩するのに最適じゃないかしら。

関東圏以外の人にも、銀座に来たら立ち寄って欲しいです。
立地条件は最高なのに、利用している人は少ない気がしました。

他にも田村能里子の壁画がある施設がいくつもあるので、時間があったら訪ねてみたいと思います。

はじめまして!

私も、一度は拝見してみたいのです。

ハガキや、カレンダーで お目にかかっていますが、自分の目で見てみたいです。。。

お会いできる日を、楽しみにしています。

ひとみさん、こんにちは。
田村能里子さんの壁画を見ることができる建物は、数ヶ所あるようですね。無料のところも多いですから、チェックしておきたいです。
私がいちばん見たいのは西安のホテル「唐華賓館」の壁画です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界遺産「開平の望楼と村落群」(5) | トップページ | 世界的不況のようだけど »