無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 東京のお祭り | トップページ | マイルのルール変更 »

2008/08/01

中国のトイレ

北京五輪の選手村に入った日本人選手が、いちばん喜んだのは、「トイレにトイ
レットペーパーを流せる」ことだとか。
前回のアテネでは、トイレットペーパーを流すことができず、困ったらしい。

日本に住んでいると、トイレットペーパーはトイレに流すものと思い込んでしま
うが、世界的にみたら、トイレットペーパーを流せる国はむしろ少数派だ。

世界の多くの国や地域では、トイレットペーパーを流すことができない。
個室の中にバケツがおいてあって、そこに捨てるようになっている。
超一流ホテルなどでは流せるのかもしれないけど。

排水設備が整っていない、水流が弱いのですぐ詰まってしまう、ペーパーの質が
悪くごわごわで分解しない等々、その理由はいくつかあると思う。

トイレ事情は海外旅行最大の関心事といってもいいだろう。

IT先進国の韓国でも、使用済みトイレットペーパーを捨てるバケツがおいて
あったから、ペーパーを流してはいけないのだろう。日本と同一視してしまい
がちな韓国だが、じっさいに旅行してみると違いのほうが目につく。

016
(アメリカ、トイレットペーパーに鍵がかかっていた)

しかしトイレの話題となると、もう中国の独壇場と言ってもいいだろう。
「あまりにも劣悪なトイレの前に、名所旧跡や中華料理の印象は影が薄くなった」
という、中国旅行した人の話をよく聞く。

私もそう。中国の(特に地方の)ものすごく汚いトイレが脳裏にこびりついて、
他の国トイレがどんなだったか思い出せないくらいだ。
ドアのないトイレとか、ドアがあっても閉めないで用を足しているオバサンとか、
穴だけのトイレとか、いろいろ戸惑うトイレがあったけれど、有料なのに汚すぎる
トイレってのには心底腹がたったわ。

水が流れないのに水洗トイレにしたら、汚物があふれるのは火を見るよりも明らか
じゃないの。やっぱりインフラが整っていないのが、極悪トイレの最大の原因だと
思う。

改革開放で各国から観光客を呼んだはいいものの、トイレ苦情が殺到し、中国も
はじめて「わが国のトイレはノーマルじゃない」と気づいたようだ。
もっとも最近は、とくに北京や上海といった大都市のトイレが、飛躍的に良くなって
いるようで、星三つのトイレとかテーマパーク風のトイレとかが出来ているらしい。

Seian_249
(観光地西安のトイレ)

京都ガイドをしている人が、北京紫禁城のトイレがきれいなのに感心し、「京都は
負けた」と言っていたから、日本も観光地のトイレは褒められたものじゃないのかも
しれない。富士山のトイレも汚いって話だものね。


P.S.
テレビを地デジに変えようと、ケーブルをつないだりカードを差し込んだり
いろいろやってみたが、うまく映らない。メーカーのサポートがお昼までには
電話するというので、待っているところです。

« 東京のお祭り | トップページ | マイルのルール変更 »

旅・中国」カテゴリの記事

コメント

諸外国のトイレ事情はほんとに衝撃的で興味深いですね。
使用した紙を流してはいけないことはわかっていても、
無意識で便器に捨ててしまうほど習慣が身についてしまっています。

インドやモロッコの自分で小さなバケツで水を流すのが気に入りました。
水洗の掃除の行き届かないのよりはずっときれいですから。

うららさん、こんにちは。

そうそう、モロッコのトイレはアラブ式が多かったですね。
水道の蛇口の下にバケツがおいてあるので、そこに水をためて手で洗い、ついでにトイレもきれいに流すんですね。

必ず不浄の左手でやらなければならないって聞きましたが、スラム教徒でないので、そこまで気にしませんでした。誰かが見ているわけじゃないし‥‥。

ちなみに、ドアのないトイレは、何も中国の専売特許ではないそうです。
アメリカなんかも、ドアがないトイレとか仕切りがないトイレがいくらでもあるんですって。NYに行っただけじゃ、分かりませんね。

各国のトイレ事情は本当に衝撃的ですねhappy01
面白い話はいくらでもありますが、話す相手やTPOを考えないと「こいつは何て下品なんだ」と顰蹙をかってしまいますわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京のお祭り | トップページ | マイルのルール変更 »