無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« カサブランカ | トップページ | CPA体験記(1) »

2008/06/30

フィレンツェの落書き

イタリア・フィレンツェの世界遺産「サンタ・マリア・デル・フィオーレ」に
落書きした日本人が問題になっている。

Himg0005
サンタ・マリア・デル・フィオーレ

そのうちのひとつ、高校野球の監督が新婚旅行中に書いた名前入り落書きが
インターネットに流れ、高野連が調査するという動きになって、この監督は解任
されてしまった。

もちろん、貴重な大聖堂に落書きするなんて非難されて当然だが、堂々と二人の
名前を書いたところを見ると、それほど悪いこととは思っていなかったのだろう。
まわりには世界各国の観光客の落書きがいっぱいあったのじゃないかしら。

そもそもイタリアには落書きが多い。

Himg0018
フィレンツェの地図。これじゃ分かりません。

ローマの地下鉄なんぞ車体にもドアにもデカデカと落書きされている。

Himg0033
ローマの地下鉄。これは模様じゃなく落書き。

イタリアにも落書き禁止の法律があって、罰則もあるようだが、これほど多いと
いちいち取り締まってもいられないのだろう。

今回の日本の処置をイタリア人が聞いたら、なんて言うかしら?
「たかが落書きで解任?」とビックリするんじゃないかしら。

イタリアは犯罪に鈍感な国だと思う。
イタリアの現首相ベルルスコーニは、自分の汚職裁判を棚上げする法案を出すなど
何かと問題のある人物だ。こんな人物を3回も首相に選ぶんだから、イタリア人の
倫理観はいったいどうなっているんだと言いたくなるが、過去にはもっとひどい
首相もいたから、イタリア人からみれば特に問題ないのかも。

まあイタリアほど犯罪に寛容でも困るけど、日本はもう少し融通性があっても
いいんじゃないかしら。今回の高校野球の監督も、生徒の前で「愚かでした。
おおいに反省しています」と謝れば、それで良かったんじゃないかしら。
えらい組織が、自分たちの責任を避けるために、プレッシャーをかけたって
気がする。

悪意のある計画的な犯罪なら別だけど、にんげん誰でも過ちがあるんだから、
もっと大目に見てほしいと、グータラいい加減に暮らしている私は思うのだった。

« カサブランカ | トップページ | CPA体験記(1) »

旅・ヨーロッパ」カテゴリの記事

コメント

やぁやぁ、やっと考え方の通じる方に会えました。他の掲示板で書いたら、「世界遺産に落書き、謝って済む問題じゃ無い。」と言われました。私は、真摯に反省するなら「謝って済む問題」だと思うのですが・・・。

マスコミで大々的に報じられましたが、それは悪い事じゃ無いと思います。これから海外に出かける方へのアピールとしては。しかし決して、落書きした人を責めて罰する事を趣旨にしてはいけません。悪い事は当然ですが、”たかが落書き””たかが悪戯”との意識も忘れて欲しくない。マスコミ扇動に乗り易過ぎる人の多いのが、今後のネット社会に不安を残します。

諸葛亮さん、こんにちは。

「サンタ・マリア・デル・フィオーレ」の落書きのなかで、一番多いのがイタリア人のものだって、当のイタリア人が言っていましたからね。もし文化遺産への落書きに怒るのなら、日本人だけでなくイタリア人はじめ世界各国の落書き人に怒って欲しいですわ。

やっぱり日本人は、海外での日本の評価に敏感なんじゃないでしょうか。文化遺産への落書きよりも、海外で日本の評判を落とした日本人にたいして、厳しい態度をとるんだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カサブランカ | トップページ | CPA体験記(1) »