無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« バスで北京市内へ | トップページ | 中国旅行に欠かせない地図とバス »

2008/04/29

ウルムチ到着

北京発ウルムチ行きのフライトは早朝だったので、寝坊しないか心配だったが、
ホテルのモーニングコールも私の目覚まし時計も無事作動して、余裕をもって
飛行機に乗ることができた。

北京からウルムチまでは約4時間かかる。日本から北京へ行くより遠い。
時差は北京とのあいだが2時間で、ウルムチと日本が3時間。
でも公式にはすべて北京時間が使われているようだ。

これまで中国の国内線には3回乗ったことがある。
昆明から麗江に行ったときは、まだ中国人の旅行ブームが始まったころで、往復
とも乗客に記念品が配られた。たしか中国南方航空だったと思う。

それから今問題になっているチベット・ラサに行くときに乗った四川航空。
上空から陽光を受けてキラキラ輝くヒマラヤ山脈や、深い山奥のエメラルド色の湖
などを眺められて、最高に贅沢なフライトだった。

もう一回は新疆航空で、これから向かう新疆ウイグル自治区を本拠にしている。
こちらではおやつに干しぶどうが配られ、ローカル色があるな~とちょっと嬉し
かったのを覚えている。

離陸してしばらくすると機内食が配られた。
イスラム教徒が中心の新疆ウイグル自治区へ向かう飛行機なので、「清真」と
いうシールが貼られたムスリム向けの食事も用意されている。
でもムスリムのみというわけでもなさそうなので、私はこちらを頼んでみた。

Img_1341

この選択は当たりでしたね。
周囲のほとんどの人が選んだ普通食は「おかゆ」と「サンドイッチ」の組合せで
味気ない感じがしたが、私が選んだ「清真」食はご覧のホットミールで、味も
とても良かったのだ。

飛行機は予定通りウルムチに到着した。
機内放送が現地の気温などを伝えていたが、北京が暑かったのでウルムチも暑い
だろうと単純に信じていた私は、ほとんど聞いていなかった。

だから空港ビルの外に出て、あたり一面に白いものが舞っているのを見ても、
最初はそれが雪だとは信じられなかった。手のひらに受けて、空気がひんやり
するのを確かめて、やっと「ウルムチは冬」という現実を認識したのだった。

Img_1346

砂嵐対策として捨ててもいいボロばかり着てきたが、これじゃ防寒対策に服や
ソックスを買わなくちゃならない。ともあれ早くホテルに行こうと、空港ビル
前のタクシー乗り場に行った。

でもこれがそう簡単なことじゃなかった。
つぎつぎとタクシーは来るのだが、大きな荷物を抱えた人が我先にと乗り込んで
順番も何もあったもんじゃない。
いちおう整理係らしき人がいるのだが、注意する風でもない。
いくら待ってもタクシーに乗れそうにない私は、手持無沙汰で立っている係りの
オジサンに「私はさっきから待っているのに、いつまでもタクシーに乗れないじゃ
ないの!」と文句を言った。(←もちろん日本語で)

言葉は通じなくても言っている意味は通じる。(ジェスチャーが大事)
係りのオジサンはいちおう次のタクシーを私のところまで誘導した。
でもその車にも乗り込もうとしたオヤジがいたので、「これは私のタクシーだ!」
と体当たりして跳ねのけたのだった。

郷に入れば郷に従えで、旅に出ると間違いなく人格が変わるのよねcoldsweats01

« バスで北京市内へ | トップページ | 中国旅行に欠かせない地図とバス »

旅・中国」カテゴリの記事

コメント

TMさんがタクシー乗り込むまでのシーン、
まるで映画をみるように想像できましたよ。
おもしろかったです。

昔から空港の税関とかで、ちゃんと並ばないのは中国人って決まってましたよね。
最近はオリンピックや上海万博に向けて、
一生懸命マナーよくしようと国をあげて努力してるようですけど。
オレンジや黄色や緑のナイロンベスト着た指導員たくさんいますね。

機内食、これからはイスラムやインドなど、
宗教的に制限のあるものを頼むことにしますわ。

うららさん、こんにちは。

順番なんて関係ないという国は、世界中に沢山ありますよ。
私の印象では、中国はずっとマシです。
一番すごかったのはエジプトかな~。

中国ではバスに乗りまくっていますが、そんなにマナーが悪いと思ったことはないんです。10年前だって、ちゃんと順番にバスに乗っていましたからねぇ。
(そもそも入口が狭いから、順番じゃないと乗れませんわ)

ただ中国人は日本人のように控えめじゃないので、周囲を気にせず自分の思うままに行動しがちですね。外国に行ったら自分とは違う常識があるってことを、知ってほしいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/41028907

この記事へのトラックバック一覧です: ウルムチ到着:

« バスで北京市内へ | トップページ | 中国旅行に欠かせない地図とバス »