無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 徳島のイルミネーションの町 | トップページ | 少し春の気配 »

2008/02/03

せめて旅プラン

JALが4月から国際線を最大8割引にするらしい。
最近はPEX(正規割引運賃)が充実しているので、ときには格安航空券よりも
メリットが大きいことがある。ビンボー旅行者にはうれしいニュースだわ。

でもいくら航空券が安くなるといっても、やっぱりお金は必要だし、旅するには
時間も必要だ。あ~あ、宝くじでも当たらないかな~。

テレビで旅番組を見たり友人の旅行記を読んだりすると、すぐに行きたく私なの
で、旅行プランだけは充実している。「明日旅立ってください」と言われても即
対応できる旅がざっと10くらいはあるんだけどね。

土曜日のNHK「探検ロマン・世界遺産」はメキシコのテキーラだった。
私もこのあいだのメキシコ旅行のときに空港の免税店でテキーラを買ったが、
強いお酒なので飲み方が難しく、自分用に買ってきた小瓶はまだ残っている。

Img_0476

そうそうメキシコ旅行の写真を見ていたら、テキーラの原料である「りゅうぜつ
らん」のような潅木が写っていた。
この写真はメキシコシティの三文化広場。
アステカの遺跡を壊し、それを建築資材にしてカトリック教会を建て、その後
周囲に現代のビルが建ち並んだので、三つの文化が並存している広場として
観光名所にもなっている。

Img_0250

NHKの番組でもいっていたけれど、メキシコはアステカでもなくスペインでも
なく、その両方の血と文化を受け継いだまったく新しい国なのだ。
古代遺跡もいいけれど、現代メキシコ文化もバラエティに富んでいて魅力的だ。
またメキシコへ、今度は地方にも行ってみたい。

そのほかの旅行プランとしては、(順不同)
(1)サンクトペテルブルグのエルミタージュ美術館
(2)NYとフィラデルフィア
(3)ウルムチからトルファン、カシュガルまで、シルクロードの町や村めぐり
(4)ベルリンから東欧各国を2週間くらいで廻る旅
(5)ローマを拠点にしてイタリア各地を訪れる旅
(6)ポルトガル縦断、地方色豊かなワインと食事を楽しむ旅
(7)インドのブッタガヤ
(8)モロッコの青の町エッサウィラ
(9)中国各地の世界遺産めぐり
(10)世界各国の古代ローマ遺産めぐり(特にイギリス)

まだまだあるんだけど、このくらいで。今年実現できるのはどの旅かしら?
思いつきで旅に出てしまう私だから、このリスト以外になる可能性も大なのだ
けれど。

« 徳島のイルミネーションの町 | トップページ | 少し春の気配 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
 メキシコは若い息吹が感じられるような国ですね。行ったことはないのですが。TMさんが行きたいと思っておられる国で私が行ったのは、ローマ周辺のイタリア、ポルトガル少し…くらいです。ローマは、街の真ん中に遺跡がデーンと残っていて、車も避けて端っこを通り、電車は地上を通れないから地下鉄なんて、徹底した歴史・伝統を大事にする国家体制が感じられましたね。だからイタリアは経済的に発展しないんだ…なんて意見がありますが、どっちが大事かですね。コロッセオにも、学校の歴史で習ったのとは比べものにならない圧倒されるような感動を受けました。
 ローマは危ないと言われて、Tシャツにジーパン、斜めがけの質素なバッグで用心していました。ツアーで行ったのでが、自由時間に、他の人はブランドショッピングに行って、私も行きたかったのですが、友人に史跡巡りをしようと言われてしぶしぶ行ったシスティーナ礼拝堂の一番上まで階段を上り、ミケランジェロの天地創造を一望の下に見渡した時は息を呑みました。
 やはりイタリアは史跡と美術館ですね。

翠さん、こんにちは。

ローマの旧市街(つまり中心部)は、たとえ自分の家でも
勝手に修理したり改築したり出来ないのです。届け出て許可が必要でした。街全体が博物館といわれるローマを、後世に残さなくちゃなりませんから、まあ当然のことかもしれません。

ポルトガルは、ローマは別にして、ヨーロッパでは一番好きな国です。小さい国なのに、地方色豊かな食事とワインがあって、しかもリーズナブルなので、貧乏旅行者にはうれしい国なんですよね。

でもEUになって豊かになってきたので、あの素朴さもだんだん消えてしまうかもしれません。寂しいですね。

こんばんは
旅行プラン拝見しましたがどこも素敵ですね。
私も近いうちに行ってみたいところは、2、3、4番です。

TMさんはいつも一人でお出かけになりますけど、
英語圏じゃあない国々もたくさんありますが、
ほんとにその勇気と行動力に感心します。

今年はどこの旅行記が読めるか楽しみにしています。

うららさん、こんにちは。

勇気も行動力も、うららさんの方がはるかにスゴイですよ。
一人旅は、慣れれば誰でも出来ることですもの。
費用や休みなど制約があるので、どうしても個人旅行になってしまいますが、気楽な友人とツアーに参加するのも楽しいでしょうね。
今月中旬に、妹に付き合ってソウルに行きます。
一人では入れないレストランで、韓国料理を食べるのが楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/17937471

この記事へのトラックバック一覧です: せめて旅プラン:

« 徳島のイルミネーションの町 | トップページ | 少し春の気配 »