無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 妹とソウルへ(1) | トップページ | 韓国の美容整形 »

2008/02/24

妹とソウルへ(2)

翌日はこの旅行で一日だけの観光タイムなので、私としては初ソウルの妹と街歩き
したかったのだが、妹が「チャングムの誓いツアー」に参加したいというので、
そちらに申し込んだ。

まあ私としても「ツアーで観光」は滅多にないことなので、ちょっと楽しみでも
あった。

朝8時に大型バスでホテルを出発した。バスはほぼ満員で、ガイドは昨日空港に
迎えにきた韓国女性だった。
20年前から日本語ガイドをやっているというこの女性、達者な日本語だけでなく
話が面白い。とくに韓国社会についての辛口の意見が新鮮だった。

どこの国にも問題はあるけれど、IT社会となった現在でも伝統と因習が根強く
残っている韓国はそうとう窮屈そうだ。

「チャングムの誓い」はNHKで放映されたが、そのドラマを撮影したセットが
ソウル郊外にあり、今はテーマパークとして公開されている。

Img_1258

最低気温が氷点下のソウルなので、人気のないテーマパークは地面が凍りついて
いた。でもお天気が良かったので、寒さに震えるというよりきゅっと気持が引き締まる
感じだった。

Img_1276

ガイドさんの話だと、放映からもう3年経っているので備品などもだいぶ少なく
なっているとのこと。

オープン当初は韓国人見物客もやってきたのだろうが、私たちが行ったとき一緒に
なったグループはどれも日本人観光客だった。

私はドラマを最初から終わりまでじっくり見るのが苦手なので、「チャングム」も
断片的にしか覚えていないが、ほとんどの観光客はドラマを熟知していて「あ~
ここがあの場面ね」などと盛り上がっていた。

Img_1278

中高年女性が多いこのツアー、どうしてもチャングムのセットを見たいというより
「チャングム」を肴にみんなで楽しみたいのだろう。大人の修学旅行みたいな
もんでしょうね。

お昼は梨泰院の団体向け民族レストランで「ミニ韓定食」を食べた。
韓定食の内容は決まっているのか、前の夜食べた韓定食とほぼ同じようなおかずが
出てきた。

それから、チャングムテーマパークの前後にいくつかの免税店やお土産店に立ち
寄った。旅行会社にしてみれば、チャングムは誘い水みたいなもので、こちらほうが
メインなのだから仕方ない。
また買い物好きな観光客にとってもお土産屋覗きは楽しいだろう。

Img_1286

スタンダードなブランドショッピングのほかに、仁寺洞にあるヨン様写真館の
ようなビルにも立ち寄った。

このビルの3階だか4階が写真展示のフロアで、ヨンさまグッズも売られている。
ビル1階のお土産屋さんで一生懸命品定めをしている妹を残して、私は「骨董街」
と言われる仁寺洞の通りを散歩した。

Img_1281

透明なケースのような建物でカバーされている塔。仁寺洞ってこれ?
ガイドさんの説明だと、この公園はちょっといわくがあるので、昔は日本人に注意する
よう言っていたとか。
この塔のようでなくても、南大門も何らかの保護が必要だったと思う。

Img_1288
塀でかくされた現在の南大門。

P10207742
一年前にソウルに行ったとき撮った南大門。

散歩途中にこんな日本語の看板もある喫茶店があった。

Img_1283

初めてソウルに来た時はどこもかしこもハングルばかりだったので、道を歩いて
いて自分の居場所が分からなくなったものだが、現在は英語や日本語の表示が
あるし、日本語で話しかける韓国人もたくさんいて本当に歩きやすくなった。

免税店めぐりの終わりは「南大門市場」だ。
ここで妹がスーツケースを買いたいと言い出したので、私たちだけ二人自由行動に
させてもらった。妹はあちらこちらでお土産を買ったので、品物がバッグに入りきれ
なくなったのだ。

私としてはここでお土産を買いたかったのだけれど、滞在時間が短かったので
あきらめた。時間にしばられてしまうのがツアーの不便なところだ。
すぐ近くの明洞でおりるつもりだったので、手前の南大門で解散ということに
してもらえば良かったのだが、荷物を載せたバスがすでに移動してしまっていた。

明洞では数人がおりただけで、他のお客さんはみなホテルに直行した。
明洞周辺が中心地なので、初ソウルの妹と食事をするために降りたのだけれど、
まあとくに見るべきものがあるというわけでもないので、焼肉を食べて地下鉄で
ホテルに戻った。

ところで「土産物店めぐり」で私が買ったものは、

Img_1296

チャングムのテーマパークで買った「龍のひげ」というお菓子。飴を細くして
ひげのように巻いたもので、綿菓子のように口に入れたとたんに溶けてしまう。
でも家に持ち帰って冷蔵庫に入れておいたら、固くなって「ひげ」のようでなく
なった。

それから、ガイドさんのトークに乗せられて買った「BBクリーム」。
色つき乳液のようなファンデーションのようなクリームだ。まだ使用していない
ので、効果のほどは不明。

最終日は朝5時まえにモーニングコールでたたき起こされ、空港に行く前にまた
免税店に立ち寄った。ここで試食した「宮廷のキムチ」が美味しかったので、
お土産用と自分用に買った。

ガイドさんによると、キムチは食べる時期が大事らしい。あまり醗酵させても
ダメで、一食分ずつ小分けにして冷凍しておき、半日ほど常温でおいてから食べた
ほうが良いらしい。

こうしてバタバタとソウルの旅は終わった。
ホテルがロッテホテルワールドだったので、まだ行ったことのない江南を見る
ことが出来たし、のんきな気分で観光できるツアーも時々はいいわね。

Img_1294
ロッテワールドに隣接しているホテルの周辺。

国内国外に限らず、これからもいろんなかたちの旅を楽しみたいと思う。

« 妹とソウルへ(1) | トップページ | 韓国の美容整形 »

旅・韓国」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
ツアーはラクチンなのと引き換えに、
行きたい所、見たい所を我慢しないといけないですもんね。

冬のソナタしか見たことないのですが、
なんで日本の中高年の女性はあんなに韓流ファンなのか不思議な思いです。
身近な友人も二人がはまっていて、何度も韓国旅行していますわ。

うららさん、こんにちは。

じっとドラマを見続けるのが苦手なので、冬ソナも満足に見ていない私ですが、中年女性が共通の興味をもってみんなで楽しむのはいいことだと思いました。
国際親善にもなるし‥‥。

ひとくちに中高年女性と言っても、その年齢幅が相当広いんですよ。共通の話題のもとでは、年の差なんてなくなるんですから、面白いですね。

 こんばんは。旅行記面白く拝見しました。私は韓国料理が苦手なので、韓国へは行けませんが、「チャングムの誓い」は全部通して見てファンだったので、TMさんの旅行記は興味深く読ませて頂きましたが、チャングム関係の見学よりそれ以外の方が面白かったです。やはり、ドラマはそれ自体に値打ちがあるのであって、そのセットとか使用品とか見ても何になるのかなあという思いが私にはあるのですが、人によって考え方は違うでしょうね。

 南大門の去年の写真と今年の写真、貴重なお写真を見せて頂きました。

 ガイドさんも、20年前に沖縄に行ったときのバスガイドさんが、ちょうどTMさんの韓国のガイドさんと同じで意識が高く、政治や社会批判をしていました。「発展途上」にある社会の女性は同じですね。20年前の日本の女性も、自分も含めてそうだったような気がします。

翠さん、こんにちは。

今回ツアーに参加して、ガイドさんの役割がとっても大きいと思いました。たくさんの観光客を引き連れて時間通りにツアーを進めながら、バスの中では面白いお話で楽しませてくれますからね。

韓国はITなど日本より先をいっているところもありますから「途上国」とは言えないでしょうが、ガイドさんの個性がおおきいような気がしました。

ソウルには韓国料理だけでなく世界各国のレストランがありますから、「百聞は一見にしかず」で一度いらしてみてください。

こんばんは。韓国の人たちには、もう日本人が失ってしまった心の純粋さを感じるときがあります。南大門の焼失に対する悲嘆の気持ちもそうですね。韓国に行ったら、もっと実感するかもしれませんね。お料理のこと、きっと私はツアーの団体旅行ばかりで、お仕着せなので、食べたいものが食べられなかったのだと思います。個人で旅行される方のような勇気がなくて…。いつも入国管理で、係の人が英語でぺらぺら質問してくるのに対応できなくて(リスニングが苦手なのです)モタモタしているので。

翠さん、こんにちは。

ツアーにはツアーの楽しさがあり、個人旅行には個人旅行の楽しさがありますね。自分がいちばん楽しめる旅が最高の旅だと思います。

私は何でも食べるようにしているんですけど、疲れたり飽きたりするとやっぱり和食に戻ります。そういう体になっているんですね、日本人は。

久しぶりに覗いたら韓国に行ってたんですね。(^◇^)
σ(o^_^o)は未だ行った事がありません。
いつでも行けると思うと、帰って行く機会が無いみたいで。

その代わり、明日から1週間ほど種子島へ出張です。
観光する暇は無いけど、暖かいだろうなあ。
では行って来ま~す。(^o^)/~~~

欠食児さん、こんにちは。

韓国はマダですか?意外とそんなもんですよね。
いつでも行けると後回しになってしまうんでしょう。
韓国は特典航空券の必要マイルも国内なみですから、
一度いらしてみてください。

韓国にはデパートやファッションビルの最上階などに
フードコートがあるので、一人旅でも食事するところに
困ることはないです。でも焼肉はたいてい二人前から
です。

韓国へは、もう1年と2ヶ月行っていません。この10年で最も長いブランクです。despair

透明ケースの搭は”円覚寺址十層石塔”で国宝第2号に指定されています。ちなみに第1号は南大門です。仁寺洞は地域を表す町名、いわば”仁寺町”ですので、特定の物(建物)を表しているわけではありません。

「日本人に注意が必要」と言われた場所は”タプコル公園”で、日本統治時代に抗日運動の口火の切られた場所です。今でも8/15の光復節(開放記念日)には集会が行われ、デモの起点になります。

仁寺洞が骨董通りになった起源は、19世紀、生活に困窮した両班(韓国貴族)が備品を売り払ったのが始まりと言われています。今ではすっかり観光化されていますので、昔からの骨董店の多くは長漢洞に移ってしまっています。

「大長今」は良く出来たドラマだと思います。済州島のロケ地は巡りました。他、韓国映画・ドラマのロケ地は何ヶ所か周っていますが、旅の行程の一部であり、それを目的とはしていません。それと、”ロケ地”には興味があっても、人工的に作られた”セット”には然程の興味は持っていませんね。この夏には、ゴルフやりに済州島に行くつもりでいます。

諸葛亮さん、詳しいご説明ありがとうございます。

ガイドさんも確かそのような説明をしてくれたと思うんですが、ツアーも終わりの頃だったので疲れが出てウトウトしてしまい、よく聞いていなかったんです。「あ、聞いていれば良かった」と思ったときはもう遅くて‥‥。

透明な建物の中に入った塔は国宝第二号だったんですね。
もっとよく見てくれば良かったわ。

夏は済州島でゴルフですか。楽しみですね。
私もこの次は慶州に行きたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/40242028

この記事へのトラックバック一覧です: 妹とソウルへ(2):

« 妹とソウルへ(1) | トップページ | 韓国の美容整形 »