無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« メキシコシティで食事(2) | トップページ | メキシコシティ街歩き »

2007/11/03

メキシコシティで食事(1)

旅行前は、「この料理を食べよう」とか「このレストランに行ってみようとか」、
ガイドブックを見ながらプランを立てるのだが、じっさいに現地に行くと時間が
合わなかったり場所が合わなかったりで、なかなか思うようにいかない。

そんなわけで、食事はほとんどホテル近くのレストランで食べた。
まあホテルが世界遺産のメキシコシティ歴史地区のど真ん中にあったので、
レストランさがしに苦労することはなかったが。

ホテルから徒歩10分ほどのストリートに面した「カフェ・デ・タクバ」は、歩き方
に「ディエゴ・リベラとフリーダ・カーロが結婚披露宴をひらいた」と書いて
あったので行ってみた。

Img_0101s

人気のレストランなのでランチやディナーの時間帯は満席のようだが、私が
行ったのは午後5時ごろだったので、すんなり席につくことができた。

メニューを見てもよく分からないので、「その日のコース料理」とグラスワインを
注文した。メキシコに来てからビールばかりだったので、久しぶりに飲むワインは
本当に美味しかった。

前菜やメインなどは、数種類のメニューから選ぶことができる。

Img_0103s
タコスの前菜のあとで運ばれてきたのはポタージュスープ。

ふつうはスープのあとメインディッシュだが、このあとリゾットが出てきた。
Img_0104s
上品な味付けで食べやすかったが、一皿平らげたらお腹がいっぱいになった。
コース料理の困るところは、メインが出てくる頃には満腹になってしまうことだ。

もうこれ以上は食べられないと、メインは「持ち帰り」にしてもらい、コーヒー
だけ飲んでホテルに戻った。(メキシコはどこのレストランでも頼めばテイク
アウトできるようだ)

Img_0106s
メインの料理はビーフシチューのような肉の煮込みだった。
ホテルの部屋で夜と朝の2回に分けて食べたが、お肉は柔らかくソースの味も
濃過ぎず薄過ぎず、冷めてもとても美味しかった。

でもこれはやっぱりレストランでワインといっしょにいただきたかったな。

« メキシコシティで食事(2) | トップページ | メキシコシティ街歩き »

旅・メキシコ」カテゴリの記事

コメント

やっぱりライム写っていますね。
現地の人はどのように使ってるんでしょうね。
ポタージュのクルトンというにはでかすぎるもの、
焦がしたパンですか?
スプーンの大きさから推測しても、容量たっぷり。
メキシコ人ってよく食べるのですね。

うららさん、こんにちは。

このあいだテレビ番組「世界遺産」でメキシコの名酒「テキーラ」を取り上げていましたが、テキーラは強いので、ライムと塩でのどを保護してから飲むのだと言っていました。

でもお酒とは関係なくいつもライムが出てきますから、メキシコ人はライムが好きなんでしょうね。

それからトルティージャ(とうもろこしの粉でつくる)も好きなようで、クルトンみたいなのもこの一種のようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/16958945

この記事へのトラックバック一覧です: メキシコシティで食事(1):

« メキシコシティで食事(2) | トップページ | メキシコシティ街歩き »