無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« メキシコ国立人類学博物館 | トップページ | 無線LAN »

2007/10/20

メキシコいろいろミュージアム

ガイドブックにはたぶん載っていないが、メキシコシティでこんな「おもしろ
ミュージアム」を見つけた。

まずはメキシコ各地の民芸品を集めたミュージアム。
ここは近代的なビルで1階から4階までが展示フロアになっている。

Img_0082s
これも民芸品らしい。

ガラス張りのエレベーターもあり、モニタールームもあって、まだ出来たばかりの
印象をうけた。入場無料なので、街歩きのトイレ休憩にピッタリじゃないかしら。

メキシコの民芸品といえば、まず思い浮かぶのが「骸骨」だ。
Img_0088s
とにかく骸骨はメキシコの人々に愛されていて、歴史的な建築物を飾る壁画にも
お土産屋さんにも骸骨が顔を覗かせている。
Img_0087s
最初は「気味悪いなぁ~」なんて思っていたけど、見慣れてくると可愛くなって
きた。でも日本人向けお土産にはどうかな~?貰っても困るかも知れないわね。

もう一ヶ所は、間違えて入ってしまった歴史博物館。
博物館といっても児童の学習資料館程度の規模だが、せっかく入ったのだからと
見学してきた。こちらも入場無料。

1階が西洋文明のフロアで、2階が東洋文明のフロアになっている。
東洋のフロアは日本、中国、韓国とそれぞれの部屋に別れていた。

Img_0157s
日本の部屋では、屏風や茶室など、日本的なものが寄せ集めて展示されていた。
でも狭い部屋に脈絡なくいろんなものがあるので、これで日本文化を理解する
のはムリだろうね。子供たちにはサムライがいちばん分かりやすいかな。

Img_0163s
センスがよいと思ったのは韓国の部屋で、入口におかれた液晶モニターで「韓国
料理のビデオ」が流れていた。

中国の部屋もあまり特色なかったが、じつは、この博物館にとても印象に残った
ところがひとつあった。

それは、日本とは別に「アイヌの部屋」があったことだ。
Img_0159s

メキシコの人は「先住民」という存在にたいして敏感なのかもしれない。
でもどうして日本だけ?中国にも多くの少数民族がいるのにね?

他のアジア諸国はひとまとめで展示されていたので、よけいに「アイヌの部屋」が
特別に思えた。

« メキシコ国立人類学博物館 | トップページ | 無線LAN »

旅・メキシコ」カテゴリの記事

コメント

よらせてもらいました
2年ごとぐらいにメキシコには行くんですがこのミュージアムどこにありますか?

しょうさん、こんにちは。

この博物館は「民芸博物館」(←正式名称は?)で、さきほどネットで検索したら場所が載っていました。

アラメダ公園の近く、高級ホテルのすぐ近くだったので、ここで間違いないと思います。

博物館の場所:メキシコシティ、セントロ アラメダ公園から徒歩5分。シェラトン・セントロ・イストリコホテルの後ろの通り。
住所:Revillagogedo#11 Esq.Indepenndencia Centro Historico
Tel:5510-2201
開館:火ー日 10:00~18:00(木 21:00まで)
入場料:40ペソ 日曜日無料

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/16815169

この記事へのトラックバック一覧です: メキシコいろいろミュージアム:

« メキシコ国立人類学博物館 | トップページ | 無線LAN »