無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007/10/30

無線LAN

ネットカフェに行って「無線LAN」を試みたがつながらなかった。
たぶん電波が合わなかったのだろうと、タダで無線LANできる「FREE SPOT」を
探したら、リストの中に千代田区立図書館があった。

それで「私のモバイルパソコンがちゃんと無線LANできるかどうか」調べるために
図書館に持って行った。

「千代田区立図書館」は、合同庁舎と千代田区役所が入った九段会館近くの高層ビル
の9階、10階フロアにある。

「あなたのセカンドオフィスに。もうひとつの書斎に。平日夜10時までご利用
いただける、いままでにない図書館です」がうたい文句のこの図書館は、大手町
界隈に勤務するサラリーマンがターゲットのようだ。

真新しい室内にはAV設備が充実していて、図書館なのに本の匂いがしない。
近代的オフィスのような雰囲気の中で、昼間からたくさんの人が液晶モニターに
向かってビデオを見ていた。

無線LAN対応で電源が使える席は空いていなかったので、近くの椅子でしばらく
待った。広いフロアにたくさんのモニターがあるが、居心地がよいのできっと常に
満席状態なのだろう。

ようやく空いた席に座る。B5パソコンをおいても十分余裕がある机には、電源の
差込口が付いていた。隣の席とのあいだには仕切りがあるが、皆さん静かに本を
読んだり学習したりしているので、音を立てないよう気をつかう。

あれこれいじっていたが思うようにいかなくて、やっぱりパソコンに不備がある
のかと諦めかけたとき、ふっとインターネットに繋がった。
「やった!」
それからは、しばらくネットサーフィン(←もう死語?)したり、メールをダウン
ロードしたりして、時間を過ごした。これでパソコンが無線LANできるって
ことを確認できたわ。電池も充電できたし。

旅先でも自分のパソコンでインターネットできたら、自宅にいるのと変わらずに
書き込みもできるし、写真も取り込めるし、日記を保存しておくこともできて、
本当に便利だと思う。

荷物になるのが最大のネックだけれど、今度は海外にも持っていってみよう。

2007/10/20

メキシコいろいろミュージアム

ガイドブックにはたぶん載っていないが、メキシコシティでこんな「おもしろ
ミュージアム」を見つけた。

まずはメキシコ各地の民芸品を集めたミュージアム。
ここは近代的なビルで1階から4階までが展示フロアになっている。

Img_0082s
これも民芸品らしい。

ガラス張りのエレベーターもあり、モニタールームもあって、まだ出来たばかりの
印象をうけた。入場無料なので、街歩きのトイレ休憩にピッタリじゃないかしら。

メキシコの民芸品といえば、まず思い浮かぶのが「骸骨」だ。
Img_0088s
とにかく骸骨はメキシコの人々に愛されていて、歴史的な建築物を飾る壁画にも
お土産屋さんにも骸骨が顔を覗かせている。
Img_0087s
最初は「気味悪いなぁ~」なんて思っていたけど、見慣れてくると可愛くなって
きた。でも日本人向けお土産にはどうかな~?貰っても困るかも知れないわね。

もう一ヶ所は、間違えて入ってしまった歴史博物館。
博物館といっても児童の学習資料館程度の規模だが、せっかく入ったのだからと
見学してきた。こちらも入場無料。

1階が西洋文明のフロアで、2階が東洋文明のフロアになっている。
東洋のフロアは日本、中国、韓国とそれぞれの部屋に別れていた。

Img_0157s
日本の部屋では、屏風や茶室など、日本的なものが寄せ集めて展示されていた。
でも狭い部屋に脈絡なくいろんなものがあるので、これで日本文化を理解する
のはムリだろうね。子供たちにはサムライがいちばん分かりやすいかな。

Img_0163s
センスがよいと思ったのは韓国の部屋で、入口におかれた液晶モニターで「韓国
料理のビデオ」が流れていた。

中国の部屋もあまり特色なかったが、じつは、この博物館にとても印象に残った
ところがひとつあった。

それは、日本とは別に「アイヌの部屋」があったことだ。
Img_0159s

メキシコの人は「先住民」という存在にたいして敏感なのかもしれない。
でもどうして日本だけ?中国にも多くの少数民族がいるのにね?

他のアジア諸国はひとまとめで展示されていたので、よけいに「アイヌの部屋」が
特別に思えた。

2007/10/14

メキシコ国立人類学博物館

メキシコ・シティ観光の最大の目的は「国立人類学博物館」に行くことだった。

国立人類学博物館は、ディエゴ・リベラやフリーダ・カーロの強烈個性のかげに
ちょっと隠れてしまったけれど、中南米各地の古代文明の発掘品や遺跡の模型は
質量ともに見ごたえ十分だった。

Img_0172s

中南米の古代文明というと不気味不思議というイメージがある。
「不気味」のイメージは、やはり生贄の習慣があったからだろう。
生贄の心臓をのせたという「チャック・モール」がとぼけた顔をしているのも、
不気味さに拍車をかける。
これが閻魔さまのように怖い顔をしていたら、いかにもという感じで、むしろ
不気味さが薄れたかもしれない。

メキシコ到着の翌日にさっそくこの博物館を訪れたのには訳がある。
まずここでティオティワカンについて学習して、それから遺跡に行けば、多少は
理解が深まると思ったからだ。

博物館1階は中南米の古代文明ごとに部屋がわかれていて、第5室が「ティオ
ティワカン」になっている。ティオティワカンは紀元前2世紀ごろ造られた宗教
都市のようだが、巨大なピラミッドを建造した人々がどこから来てどこに消えた
のかは分かっていない。

Img_0175s
月のピラミッドの前に建っていた巨大像の実物。
(各遺跡の発掘品のほとんどがこの博物館に収蔵されている)

その後この地にやってきたのがアステカ人で、第7室はアステカ文明の発掘品が
展示されている。スペインに滅ぼされる以前のメキシコシティの模型からは、
カテドラルなど壮麗なヨーロッパ風建築が建ち並ぶ現在のソカロ周辺を想像する
ことができない。(最初の写真がアステカの都の模型)

このアステカ室というより博物館の最大の目玉が「アステカ・カレンダー」だ。

Img_0173s

詳しい説明はよく理解できなかったが、永遠に時を知ることができる暦らしい。

世界有数の博物館だから展示室は広い。ぼんやり眺めながら歩いているだけでも、
不気味・不思議文明のパワーがひたひたと押し寄せてきて、すっかり疲れてしま
った。博物館に入る前に「独立記念日のパレード見物」で体力を消耗してしまった
のもひびいている。

こうなったらいくら見学してもダメと、館内のレストランで遅いランチを食べた。
「メキシカン・プレート」という、いかにも観光客うけしそうな料理にしたが、
これは期待はずれだった。

Img_0171s

2階はメキシコ各地の先住民文化や習慣のフロアになっている。
こちらも今のメキシコ文化を知るうえで興味深かった。

沖縄の「うたき」のような宗教儀式の場や、音楽テープから流れるぼそぼそと
話しかけるような歌声など、どこか懐かしさをおぼえるものもあったが、見る
者を圧倒するのは暮らしをいろどる鮮やかな色彩だ。

Img_0167s

こういうの見ると、今のメキシコ文化のベースはやはり先住民の古代文明だと
いう気がする。そこにスペインの熱いラテンの血が混じって強烈な原色の世界が
つくられたんだろう。

今はカトリックを信仰するメスティーソや先住民だが、私には、彼らが祈って
いるのがキリストのかたちをした祖先の神のように思えるのだった。

2007/10/07

ティオティワカン遺跡(2)

ティオティワカンは広くて暑くて、体力勝負以外のなにものでもなかった。

Img_0015s
まずこの「太陽のピラミッド」に行くまでに、遺跡の間をだいぶ歩かなくちゃ
ならない。舗装道路を歩くわけじゃないから、少し歩くだけでも足が疲れる。
高原の陽光は刺すようにきつい。直接降り注いでくる感じ。

遺跡のわずかな日陰には犬が2匹昼寝をしていた。
Img_0016s

私もどこかでひと休みしたいけど日陰がない。遺跡内にレストランはあるが、
ピラミッドから離れているので、ちょっと行くというわけにいかない。
飲料水と軽食は遺跡見学の必需品だと思う。

世界第3位の大きさの「太陽のピラミッド」には、登る人がかなりいた。
でももっと奥にある「月のピラミッド」は、さすがに皆さん疲れるのか登る人は
まばらだった。
Img_0017s

私は最初からピラミッドに登る気などまったくなかった。
運動音痴だから急な階段は危険だし、それに毎日メキシコシティ地下鉄の階段を
上り下りしていて、階段はもうじゅうぶんって感じだったのだ。

遺跡の周囲にはサボテンなどが植えられ、少しの木陰もあったので、すわって
バナナを食べた。

遺跡見学をしていつも感じるのは、「時は確実に過ぎていき、何もかも風化させて
しまう」ということだ。
遺跡だけでなく、たとえばフリーダやトロツキーの家を訪れたときにもそれを感じた。

日々暗殺の不安とたたかった中庭で、日本からきたオバサンがノンビリひと休み
する時代がくるなんてことを、トロツキーは想像だにしなかっただろうなぁ。

そう思うと感慨深いものがこみ上げてくるのだった。

ティオティワカン遺跡(1)

メキシコ観光の目玉といったら、やはり先住民が残した遺跡だろう。

メキシコ・シティ郊外には、世界遺産になっているアステカの遺跡「ティオティワカン」
がある。メキシコ到着二日目に「国立人類学博物館」に行って知識を仕入れ、翌日
さっそく遺跡見学に行くことにした。

朝ホテルを出て地下鉄で北方面バスターミナルに向かった。
メキシコ・シティはバス路線が発達していて、市内には大きなバスターミナルがいくつ
もある。

まずバスターミナルで朝食をとり、水とバナナを買った。
巨大バスターミナルには、カフェ、有料トイレ、待合室やコンビニなどあるが、日本の
鉄道駅とちがうのは、聖母像が祭られているところだ。
Img_0018s
メキシコ人は信心深いのだろう、靴磨き屋さんにも聖母画とお花が飾られていた。
Img_0021s

巨大バスターミナルの左隅に「ピラミッド行き」のチケットカウンターがあった。
遺跡は「ピラミッド」というバス停なので、そこに行くかどうか確かめてチケットを
買った。とにかくバス路線の数が多いので、間違えないようにしないと。

シーズンオフのせいかバスは空いていて、乗客は地元の人と観光客それぞれ
10人程度だった。席は自由席。(混んでいるときは、指定席になるらしい)

バスが走り出してしばらくすると、途中のバス停から、ギターを手にした若者二人が
乗り込んできてやおら大声で歌い始めた。曲は私も知っているスタンダードナンバー
ばかり。

最初は普通の乗客かと思ったが、歌が何曲もつづくうちに、これはチップ目当てだな
と気づいた。それにしてもうるさい。せっかく車窓風景を眺めながらウトウトしようと
思っていたのに、プロというには程遠い歌をむりやり聞かされて、イライラしてしまった。

このピラミッド経由路線は観光客が多いので、いつもこうやって乗り込んでくるのだろう。
数曲歌い終わったあと数人の観光客から小銭をせしめて、若者はバスを降りたが、
私は払わなかった。迷惑料を貰いたいくらいだったから。

でもメキシコにいて騒音公害なんて言っていたら、お門違いと叱られるかもしれないわね。

ちなみに、メキシコの地下鉄にも物売りが乗り込んでくるが、ここは「CD売り」がやたら
多く、大音響で音楽を流しながらそれに負けまいともっと大きな声で口上をがなりたてる。
一人が次の車輌に行ったと思ったら、また次の売り子がやって来るので、地下鉄に
乗っている間は「やかましい系」の物売りを我慢しなくちゃならない。

世界のいろいろな地下鉄に乗ってみると、日本の地下鉄が設備でも環境でもいかに
優れているか痛感する。まるで高級ホテルのロビーみたいだもの。(←ちょっと大げさ )

話題がそれてしまったが、ともあれ1時間ほどでバスは遺跡に到着した。
Img_0009s

フリーダ・カーロ

ホテル近くの小さな広場で「ビバ フリーダ!」という写真パネル展をやっていた。
Img_0034s
今年はフリーダ生誕100周年ということで、6月~8月まで、大々的な回顧展が国立宮殿に開催されていたらしい。 もうすこし早くメキシコにきたら、この展覧会に間に合ったのに‥‥ちょっと残念。

フリーダについては、数年前に映画が上映され、それで初めて知った。
Img_0035s
フリーダの画を彼女についての知識なしに見たら、「気色悪いシュールな絵」という印象を受けるかもしれないが、ここに描かれている姿かたちが彼女の現実生活そのままだと知ったら、まったく違ったインパクトになるだろう。
Img_0040s
大きな障害を負い想像を絶する苦しみと闘いながら、華やかに生きたフリーダ。
このエネルギーはどこから生まれてくるのか。メキシコの血なんだろうか。
Img_0046s
入口がせまく目立たない場所だが、中に入るとかなりの広さがあり、教会の反対側にあるオフィスビルの1階には居心地良さそうなカフェもあった。歩きつかれた時、ひと休みするのにピッタリの小さな公園だった。


2007/10/05

メキシコシティのホテル

私が泊まったホテル「Tulip inn Ritz」は、メキシコ・シティの中心ソカロと
ラテンアメリカタワーやぺジャス・アルデス宮殿をむすぶMadero通りの中ほどに
あった。

Img_0177s
デパートのカフェテラスから見たぺジャス・アルデス宮殿。

ネット検索していて「特別料金、US$40+(TAX)US$6」のこのホテルを見つけた。
ここは他の代理店でも扱っているが、どこもずっと料金は高い。
「歩き方」にも載っているが、そこに書いてある料金は「825ペソ+TAX17%」
だから、私はこの半額以下で泊まったということになる。

このホテルにして良かったと、今しみじみ思う。
隣の部屋の物音がよく聞こえるなど、ホテルの居住性は褒められたもんじゃない
が、その立地条件の良さがマイナス要素を帳消しにしてくれた。

まずホテルが面しているMadero通りには、ファストフードやコンビニが多い。
Img_0096s
マクドナルド。

ホテルの一軒おいて隣にはセブンイレブンがあったので、いつもセルフサービルの
コーヒーを買い、ホテルの部屋で飲んでいた。
何種類ものコーヒーポットが並んでいて、自分で紙コップに注いでレジに持って
いく。
Img_0004s
紙コップの大きさによって多少値段がちがう。
ちなみにこのサイズのカップだと12ペソ。(132円くらい)日本で飲むMACの
コーヒーの2倍以上はある。

Img_0178s

それから、世界遺産のメキシコ・シティ歴史地区にあるので、ぶらぶら散策する
のが楽しい。スペインの街角を歩いているような気分になる。

でも最もうれしかったのは、Madero通りの一角で行われていた「Viva Frida!」と
いう写真パネル展に出会えたことだった。

Img_0139s

今回の私の旅行のテーマは、(いちおうテーマらしきものがあったんです)「国立
人類学博物館とティオティワカンに行って先住民の歴史や文化にふれること」と、
「フリーダ・カーロの足跡をたどること」だった。

このホテルに泊まらなければ、Madero通りをブラブラ散歩することもなく、そう
なると目立たないパネル展に気づくこともなかっただろう。

Img_0032s

メキシコ旅行の満足度は、このパネル展とフリーダの夫ディエゴ・リベラの壁画で
一気に上がった。


« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »