無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« メキシコより帰国 | トップページ | アエロメヒコ(2) »

2007/09/24

アエロメヒコ(1)

今回メキシコに行く気になったのは、テレビで世界遺産メキシコシティを見た
こともあるが、昨年11月から運航を開始したアエロメヒコの存在が大きい。

Img_0064s

Img_0070s
(日本路線が開通した期待と喜びが伝わってくるような、アエロメヒコのカウンター
と搭乗口)

それまでメキシコなど中南米に行くときは、アメリカを経由するのが一般的
だった。でもこれが難物で、単に通過するだけの人でもいちいちアメリカへの
出入国手続きをしなければならない。長蛇の列に並んで入国したかと思ったら、
すぐまた長蛇の列に並んでセキュリティチェックを受け出国するのだ。

アエロメヒコの成田~ティファナ(メキシコのアメリカ国境の町)~メキシコ
シティへのフライトは、そんな面倒を避けられるだけでなく、アメリカ入国を
拒否されるリスクも回避できて、日本人観光客だけでなくさまざまな人々に
メリットをもたらした。

それに気づいたのはアエロメヒコの乗客構成を見たときだった。
まず圧倒的にラテンアメリカン系の人々が多い。アジア人は少数派。そのアジア
人も、日本人より韓国人、中国人(台湾&大陸)、ベトナム人などが目に付く。
成田発でこんなに日本人が少ないフライトなんて初めてだわ。

アエロメヒコは週2便で、行きは日本を午後発ちティファナにお昼頃(現地時間)
到着する。(所要約11時間)

Img_0072s
(機体にディエゴ・リベラのサインがあった)

まずティファナで降りる乗客から先に出て、メキシコ・シティまで行く人はその後
「トランジットカード」を受け取ってからイミグレに向かう。

イミグレーションを表すプレートが、スペイン語、英語のほかに日本語、中国語、
韓国語でも書かれていた。アエロメヒコ成田便が運航するまで、ティファナ空港に
来るアジア系は余りいなかったはずだから、この表示は最近書かれたものだろう。
ティファナで半分くらいは降りたから、ここを基点にして南米各地へ向かう人が
多いのだと思う。

行きはともかく帰りは真夜中11時45分発と、メキシコシティの空港の最終便
になる。最初はどうしてこんなに遅いのか分からなかったが、出発間近になって
ラテン系だけでなくベトナム人女性グループなど他のアジア系の人たちが集まって
くるのをみて理由が分かった。

つまり南米各地からの乗客が集まるのを待っていたのだろう。
この人たちの多くは成田で出国せず、国際線乗り継ぎフロアに向かっていったし、
成田で降りた乗客の中にもブラジルやペルーから来た人がかなりいた。
ブラジルやペルーから来た人は健康質問票に記入しなければならないから分かる
のだ。

ティファナ(ちなみに帰りは真夜中3時着)では、トランジットカードを受け
取ってイミグレに向かう。また同じ席に戻るのだが、ティファナで降りたり乗っ
たりする人がいるので、手荷物は皆持って行かなければならない。
これが面倒臭くて帰りは機内持込にしなかった。

メキシコ発のアエロメヒコは朝6時45分着で成田に到着する最初のフライトに
なるが、この日は追い風で早く着きすぎるおそれがあるということで、ティファナ
空港で待ち合わせをした。
成田空港は朝6時半過ぎでないと着陸できないらしい。

ティファナ空港は24時間対応らしく、夜中3時でもフライトが何便かあった。
グワダラハラ行きのアナウンスを聞きながら、この次はここで乗り換えてもいい
なと思った。

フライトがあるから深夜でもスナックバーが開いている。
Img_0268s_2

とくに搭乗口近くにあったワインバー兼ショップは、「試飲50ペソ又は5US
ドル」と日本語で表示されていて、ちょっと入りたくなった。

Img_02702s_2

他のスナックカフェでも料金は皆ペソで表示されていたので、もしペソが残った
としてもここでコーヒーを飲んだりして使うことができる。USドルもOKだが、
端数はドル払いできないので、小銭をちょっと残しておけばよかった。

ところでメキシコではペソの表示に$が使われている。
(ワイン試飲の看板をご覧ください)

私は最初これをアメリカドルと勘違いしてビックリした。すべてペソならこれでも
いいのだが、空港ではUS$表示もあるから混乱してしまう。たいていは$の
前にUSが付いていたり、DLLSと書いてあるが、紛らわしいことに変わりは
ない。(US$1=$10)

« メキシコより帰国 | トップページ | アエロメヒコ(2) »

旅・メキシコ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
無事お帰りなさい。

まず空港の問題、日本は発着時間帯も含めて遅れてますよね。
これでは世界のハブ空港となりえない。
USA経由はえらいめに遭いますもんね。

値段表示の$は紛らわしいなぁ。
10倍も違うとまだ気づくかもしれないけれど、これが数倍だったら言葉が通じないとき困りますね。

ディエゴ・リベラについて何にも知らないので教えてください。

うららさん、こんにちは。
お疲れはとれましたか?

世界各地とくにアジアに、設備の整ったハブ空港がたくさん建設されていますね。日本各地からソウル経由でヨーロッパ方面に行く人は多いでしょう。だって便利ですもの。日本はもうすでに相当遅れをとっていますわ。

ディエゴ・リベラはフリーダ・カーロの夫です。もともとはリベラの方が著名な芸術家だったのですが、いまや世界的にもフリーダのほうが人気が高いので、どうしてもその陰にかくれてしまいます。私もフリーダ・カーロの映画を見るまではリベラの名前も知りませんでした。

これからボチボチ旅行記をアップしたいと思います。
お忙しいでしょうが、また読んでくださいませ。

こっちにも書きますね。
タイトルでアエロメヒコ(1)となっているので、続編もとても楽しみ。
ところで、メキシコの通貨の略ですが、N$ではなかったですか?でも、画像は$ですね。

ヒョウちゃん、こんにちは。

メキシコ通貨の表示はどこでも$でした。
街中のレストランでメニューを見たとき、ドルかと
思ってビックリしましたわ。

アエロメヒコ(2)で、機内のことなど書きました
ので、お読みくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/16547725

この記事へのトラックバック一覧です: アエロメヒコ(1):

« メキシコより帰国 | トップページ | アエロメヒコ(2) »