無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 守口市長選 | トップページ | ふるさとアンテナショップめぐり »

2007/08/18

中国は観光立国めざす?

来月メキシコ旅行をすることになったので、旅行関係の本でも見ようと、午後から
日比谷図書館まで足を運んだ。
今日の東京は最高気温が27℃と久々に涼しい曇り空で、外を歩くのもそんなに
苦にならなかった。

日比谷公園では盆踊りの準備をしていた。
開放された芝生の広場にテーブルとベンチがいくつか並んでいて、周囲を模擬店が
取り囲んでいる。日比谷らしく「松本楼」も出店していた。
「オムレツライス」700円が美味しそうだったな。

図書館では新聞を読んでいて旅行関係の本を読み損ねてしまった。
まあ旅行まで時間があるから、この次はじっくり資料調べすることにしよう。

業界紙の中に、日本と中国お互いの好感度がアップしたという記事が載っていた。
いがみあっても何の利益にもならないと、お互いに気づくといいけどね。
同じアジア人だから文化も価値観も同じだろうとつい思いがちだが、実際に中国を
旅してみると両者が驚くほど異なっていることに気づく。

この間教育テレビの中国語講座に関口知宏が出ていて、「中国人は人見知りしない
のか!とにかく皆人なつこい。実際に行ってみなければ分からないことが多い」と
話していた。感情を抑える日本人と率直に気持ちを表す中国人の間には、誤解も
多いに違いない。

同じ新聞の中には中国の「楽山と峨眉山」に関するコラムもあった。
この二ヶ所はセットで「世界遺産」に登録されていて、多くの観光客が訪れて
いるが、とくに韓国、日本、シンガポールなどからの外国人が多いのだそうだ。

楽山大仏はもっとも私の心に残っている世界遺産だ。
大河岷江を船で行くと、いきなり大仏が視界に飛び込んでくる。
予備知識が余りなく、どの程度の大きさなのかも予想できずいきなり大仏を
見たものだから、その雄大な姿に圧倒されてしまった。
予備知識のなさが、かえって感動を大きくしたような気がする。

そういえば私の記憶に強烈に残っている風景は、どれも予期していないときの
ものだった。イスタンブールのホテルのベランダからみた夜景、マチュピチュから
の帰り列車の窓から見た深夜のクスコの街、どちらもいきなり眼前に現れた。

事前に余り調べすぎると、意外感が弱まって感動も薄れてしまう。
マチュピチュよりもクスコの夜景の方が印象強かったのは、たぶん「いきなり」
出くわしたからだろう。

コラムには「観光客を見込んで楽山市が空港造りを計画している」とも書いて
あった。成都からバスで3時間ほどかかるから、楽山に空港が出来たら確かに
便利になる。でも神秘性がなくなってしまうのは否めない。痛し痒しってとこ
かな。

« 守口市長選 | トップページ | ふるさとアンテナショップめぐり »

海外あれこれ」カテゴリの記事

コメント

へ~っ、メキシコに行くんですか?
すごいですね。

私の知り合いが、一週間でブラジルを往復したら腰がおかしくなったと言っていましたが、遠いので気をつけて行ってきてください。

四川の奥地は私も是非行ってみたい場所の一つですが、TMさんのBLOGを見ると旅してみたくなりました。

ではまた。

多拿花さん、こんにちは。

昨年からアエロメヒコが成田からメキシコ・ティファナに直行するようになって、メキシコに行くのがずっと楽になりました。ティファナはアメリカ国境の町で、ロスから車で4時間ほど、南米よりずっと近いんですよ。でもメキシコシティはそこから又5時間ほど飛行機に乗らなくちゃなりませんが。

ところで友人のHANAさん http://hana5.cocolog-nifty.com/ が先日「九寨溝・黄龍」に行ってきて、その旅行記をブログに載せています。素晴らしい自然だったそうです。私も行きたくなりました。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/16160321

この記事へのトラックバック一覧です: 中国は観光立国めざす?:

« 守口市長選 | トップページ | ふるさとアンテナショップめぐり »