無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007/08/30

錦糸町河内音頭

高円寺の阿波踊り、浅草のサンバときて、昨日と今日はわが町錦糸町で
「錦糸町河内音頭盆踊り大会」が開かれた。

Img_0028s

新しいカメラの試し撮りにちょうど良いと、帰宅途中に立ち寄って盆踊りの
スナップショットを撮ってきた。

錦糸町で河内音頭大会をやるようになって、もう何年になるだろうか。
この街のイメージにピッタリの河内音頭は、夏の風物詩としてスッカリ定着した。

Img_0025s

会場は高速道路の下なので、雨天でも大丈夫。騒音も余り気にならない。

Img_0027s

河内音頭はノリがいい。みんなディスコ感覚で楽しそうにリズムに乗っている。
歌い手は河内からやってきたプロの皆さん。アップテンポな河内音頭に
のびやかな声がマッチしていて、聴いているだけで体が動いてくる。

それにしても東京は、節操なく日本や世界のいろんなお祭りをやって
いるわね。

2007/08/25

ふるさとアンテナショップめぐり

暑~い!

家でゴロゴロしているのも体に悪いので、洗濯を終わらせてからウォーキングに
出かけた。でもこんな日に外を歩いたら熱中症になってしまうので、歩くのは
もちろんビルの中や地下街になる。

定期券で行ける場所となると、いつものお決まりコースになってしまう。
いいかげん飽きてしまうが、他に適当な場所がないので仕方ない。

それでも今日はウォーキング以外の目的があった。
新しいデジカメを買ったので、その試し撮りをしたかったのだ。

地下鉄を大手町駅で降りてまず丸の内へ。
オアゾの大型書店「丸善」でぶらぶら本を見て歩く。丸善に限らず本屋はどこも
立ち読み客(←お客と言う?)でいっぱいだった。
こんな日は涼しい大型書店での立ち読みが正解だよね~。

オアゾのあと新丸ビルを通り「丸ビル」に立ち寄る。

Img_0009s
丸ビルから見た東京駅。

それから地下通路を歩いて有楽町の東京交通会館に行った。
この辺り土日はホントに人通りが少なく、黙々と歩くのにはピッタリのコースだ。

Img_0016s

でも楽しい散歩コースとは言えないけど。

東京交通会館には日本各地のアンテナショップがたくさん入っていて、やはり日本
各地からやってきた観光客で賑わっている。
とくに人気があるのが北海道の「どさんこプラザ」だ。ソフトクリーム売り場には
いつも列ができている。

Img_0019s

でもどこもこんなに混雑しているわけじゃない。3階に上がるとこんなにヒッソリ
としている。

Img_0017s

3階フロアには数軒の喫茶店があるし、鉄道線路側と高速道路側の2ヶ所にテラス
もあるので、のんびりしたい人にぜひオススメしたい。

地下1階にもアンテナショップがあるが、こちらも1階ほど混雑していない。
8月いっぱいまで「ふるさとアンテナショップめぐり」というキャンペーンを
やっているので、それにかこつけて和歌山県ショップで「梅酒」を買ってきた。

Img_0020s

もちろん看板に書いてある「梅ジュース」もいただきましたよ。

2007/08/18

中国は観光立国めざす?

来月メキシコ旅行をすることになったので、旅行関係の本でも見ようと、午後から
日比谷図書館まで足を運んだ。
今日の東京は最高気温が27℃と久々に涼しい曇り空で、外を歩くのもそんなに
苦にならなかった。

日比谷公園では盆踊りの準備をしていた。
開放された芝生の広場にテーブルとベンチがいくつか並んでいて、周囲を模擬店が
取り囲んでいる。日比谷らしく「松本楼」も出店していた。
「オムレツライス」700円が美味しそうだったな。

図書館では新聞を読んでいて旅行関係の本を読み損ねてしまった。
まあ旅行まで時間があるから、この次はじっくり資料調べすることにしよう。

業界紙の中に、日本と中国お互いの好感度がアップしたという記事が載っていた。
いがみあっても何の利益にもならないと、お互いに気づくといいけどね。
同じアジア人だから文化も価値観も同じだろうとつい思いがちだが、実際に中国を
旅してみると両者が驚くほど異なっていることに気づく。

この間教育テレビの中国語講座に関口知宏が出ていて、「中国人は人見知りしない
のか!とにかく皆人なつこい。実際に行ってみなければ分からないことが多い」と
話していた。感情を抑える日本人と率直に気持ちを表す中国人の間には、誤解も
多いに違いない。

同じ新聞の中には中国の「楽山と峨眉山」に関するコラムもあった。
この二ヶ所はセットで「世界遺産」に登録されていて、多くの観光客が訪れて
いるが、とくに韓国、日本、シンガポールなどからの外国人が多いのだそうだ。

楽山大仏はもっとも私の心に残っている世界遺産だ。
大河岷江を船で行くと、いきなり大仏が視界に飛び込んでくる。
予備知識が余りなく、どの程度の大きさなのかも予想できずいきなり大仏を
見たものだから、その雄大な姿に圧倒されてしまった。
予備知識のなさが、かえって感動を大きくしたような気がする。

そういえば私の記憶に強烈に残っている風景は、どれも予期していないときの
ものだった。イスタンブールのホテルのベランダからみた夜景、マチュピチュから
の帰り列車の窓から見た深夜のクスコの街、どちらもいきなり眼前に現れた。

事前に余り調べすぎると、意外感が弱まって感動も薄れてしまう。
マチュピチュよりもクスコの夜景の方が印象強かったのは、たぶん「いきなり」
出くわしたからだろう。

コラムには「観光客を見込んで楽山市が空港造りを計画している」とも書いて
あった。成都からバスで3時間ほどかかるから、楽山に空港が出来たら確かに
便利になる。でも神秘性がなくなってしまうのは否めない。痛し痒しってとこ
かな。

2007/08/12

守口市長選

私のブログにもコメントをくださる「うららさん」が、このたび守口市長選挙に立候補するという。

その決断力と行動力、本当にすごい。
必ず守口市を変える力になると思う。

東京在住の私には一票を投じることは出来ないけれど、ささやかながら
ブログで応援したい。

暑い最中なので、ぜひ体に気をつけて頑張ってください。

2007/08/11

路地裏の旅人

先週「NHK 世界遺産の旅」という番組で、「メキシコシティ」をやっていた。
それを見ていたら急にメキシコに行きたくなった。

この番組のホームページを見ると、再放送予定のところに、この間まみさんが行ってきたばかりの「ルーマニア」(8/8)や、つい先日HANAさんが行ったばかりの「九寨溝」(8/9)が載っている。
でも残念ながら、8日も9日ももう終わってしまったけれど。
「HANAさんのブログ」に美しい九寨溝・黄龍の写真が載っています)

パソコン通信の時代から「旅好き仲間」のフォーラムで旅の話題を交換してきた。
その場で、ガイドブックに載っていない「どこよりも早く正確な情報」を知ることができた。
私が一人旅できるのも、旅仲間のおかげ。

それにしても秘境の典型のような「九寨溝・黄龍」が、あんなに観光地として整備されているなんて、ビックリしたな~。ANAのスポットCMをみても、「地球の歩き方」を熟読しても、そこまでは分からないものね。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »