無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« オンラインニュース斜め読み | トップページ | ワイン文化 »

2007/07/15

天空列車

カード会社の広報誌に「青蔵鉄道」の特集が載っている。
NHKが特別番組を放映したから、さぞかし日本人観光客が増えただろうな。

青蔵鉄道は「乗る機会があったらいいな」と思う程度だが、この鉄道がラサと
結んでいる西寧と青海湖には、つねづね行きたいと思っていた。

でも青海湖に行くのなら、やっぱり菜の花咲き乱れる季節に行きたい。
高山病が心配だけど、酸素ボンベをいくつも持っていけばいいわね。

ところでこの雑誌によると、ラサのポタラ宮は地元の旅行社でも1週間くらい
前から予約しなければならないほどチケット入手が困難なのだとか。

私がラサに行ったのはだいぶ前だが、ポタラ宮にはスンナリ入ることができた。
高山病でフラフラしていたから、延々と続く階段を上がるのは大変だったけど、
「ここまで来てポタラ宮を見学しないで帰れるものか」と、気力を振り絞って
てっぺんまで行ってきた。

Potarakaidans

ビックリしたのは、チベット人が想像していたよりずっと社交的だったこと。
巡礼にやってきチベット人が、外国からの観光客に気軽に声をかけていた。
もっとも意味は通じてなかったが。

Lasaobasans

ともあれ観光ブームのラサは、街の景色もどんどん変わっていくだろう。
観光は平和産業だから盛んになって欲しいが、観光公害はちょっと気にかかる。
中国人(漢民族)は無神経というか無頓着だからなぁ。

もっとも日本人も京都にタワーを建てたりしたので、他人のことは言えないけど。

« オンラインニュース斜め読み | トップページ | ワイン文化 »

旅・中国」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
今日は新潟でまたもや大きな地震、ご実家は被害なかったですか?
こうしたニュースを見ながら、夕方「天空から深海へ」
という環境問題を考えながらの紀行番組を見ました。
青蔵鉄道に乗ってラサへ行ってました。
飛行機のように乗客が酸素を吸引できるようになっていました。
チベットは温暖化が一段と激しくて、氷河がとけだしたこともあり、
どんどん砂漠化が進んでいるそうです。
早く行かないと、と思うけど、高山病が心配です。

うららさん、ご心配くださって有難うございます。
柏崎在住の妹一家は皆無事で安心しましたが、こういう地震があると原発の存在が気がかりです。新潟は地震が多いですから。

「天空から深海へ」という番組は私も見たかったです。
でも今日は昼間でかけ、それ以外はずっと地震関連のニュースを見ていたので、見逃してしまいました。

青蔵鉄道が出来る前は、ラサへは成都から飛行機で行くか(私はこれで行きました)鉄道と同じようなコースをバスで行くかでした。バスで行った人はみんな高山病で苦しんだそうです。

でも高山病は性別年齢に関係なく、なりやすい人とそうでもない人がいるようです。私は一人旅の疲れもあって、高地ではいつも具合が悪くなります。でも大抵の人はそれほどでもないんですよ。
ぜひチベットに行ってみてください。

TMさん

9月に、土日を除いて7日間の休暇が取れることになりました。
久しぶりの大型連休なので、どこに行こうか思案中ですが、ラサも行ってみたいですね。

でも最近中国はいまいち行きたい気持ちになれないし、ヨーロッパはユーロ高で予算オーバーだし、悩んでいます。

多拿花さん、こんにちは。

実は私も9月に1週間ほどの旅行を計画しているんです。
でも行き先はまだ未定。
1週間って中途半端なんですよね。ヨーロッパ、マグレブ、アメリカは、時差ボケのことを考えると、ちょっときつい。
プランの一つだったウズベキスタンは、ちょうど良いフライトがない。

今のところ、最有力候補は大韓航空でウルムチに行きクチャとトルファンを廻るプランです。NHKの新シルクロードで知った「ラピスラズリの青」の町「クチャ」に憧れているもので。

多拿花さんは中国にどっぷりつかっている日々ですから、休暇はまったく異なる所になさったら?
メキシコなんてどうですか?
成田から週2便アエロメヒコが直行便を飛ばしていると知って、本気で検討中の私です。でもハリケーンが不安材料ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/15760821

この記事へのトラックバック一覧です: 天空列車:

« オンラインニュース斜め読み | トップページ | ワイン文化 »