無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 中国の問題 | トップページ | 人形町界隈 »

2007/06/10

空いてる展覧会

東京では年がら年中さまざまな展覧会が開催されていて、多くの入場者で混雑
している。だから人疲れしてしまい、芸術鑑賞どころでなくなることもしばしばだ。

でも東京のすべての会場やミュージアムが混んでいるかと言うと、けっしてそんな
ことはない。何しろ数が多いから、ゆっくりと過ごせる所はいくらでもあるのだ。

私の印象では、入場料が無料もしくは安いところはたいてい空いている。
入場料が高い特別展は、元をとらなくちゃならないからマスコミなどで大宣伝
するが、無料のギャラリーやミュージアム常設館は宣伝しないので来訪者が
少なく、おかげでユックリと鑑賞できる。

ところで今日のおすすめは、人知れずというには余りにもメジャーな場所にある
「行幸地下ギャラリー」だ
少し前に私のブログにも書いたことがあるが、新丸ビルと丸ビルの間の広々とした
通路がギャラリーになっている。新丸ビルも丸ビルもたくさんのお客さんで賑わって
いるが、この通路はいつもガラーンとして人影がない。

ここで「障害者の絵画展」が開催されている。(でも今日が最終日だった)

F1000002_1
桜満開

F1000009_1
トリオ

F1000010_1
水草とあめんぼう(これが一番好き)

この前にやっていた「現代アート」より迫力があって、ストレートに見るものの感性に
訴えてくる。理屈なしに「スゴイ!」と感嘆してしまう作品の数々。見る人が少ない
なんて勿体ないわ。


« 中国の問題 | トップページ | 人形町界隈 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/15388580

この記事へのトラックバック一覧です: 空いてる展覧会:

« 中国の問題 | トップページ | 人形町界隈 »