無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 韓国旅行(6)ソウルで食事 | トップページ | 丸の内・行幸地下ギャラリー »

2007/04/22

変わり続ける東京

ウォーキングをするため2週間ぶりに東京駅丸の内側に行ったところ、工事中の
幕が取り払われてスッキリしていた。

F1000066

来週には「新丸ビル」が新装オープンするようだ。
これで丸ビルと新丸ビルとOAZOが駅地下広場でつながった。

F1000068
OAZOへ向かう通路。

キレイなトイレは一足先にオープンしていた。
これが公衆トイレなんだから、外国からの観光客もビックリするでしょうね。

F1000065

東京駅八重洲口では、東京駅をはさんでグラントウキョウ・ノースタワーとサウス
タワーを建築中で、今年中にはホテルなどがオープンするらしい。

「変貌するからこそ東京」なんだろうけど、まあこう年がら年中変貌を繰り返して
いると、新しいビルより古いビルのほうが価値があるってことになるでしょう。

今週のニューズウィーク日本語版に、銀座の「三信ビル」のことが載っていた。
「この伝統ある素晴らしい建築が壊されるなんて勿体ない」という内容だった。

三信ビルには韓国観光局のオフィスがあるし、宝塚劇場にも近いので、何度か
行ったことがある。暗いが落ち着きのあるインテリアで、時代が後戻りしたような
感覚を味わえた。

でもこの間行ったら、韓国観光局はじめほとんどのオフィスは閉鎖されていて、
小さなレストランだけがひっそりと営業していた。

丸の内界隈には伝統を感じさせる建物がけっこうある。
新しいビル群の中にあって、それらの建物はますます存在感を増している。

F1000020
「明治生命館」の内部は無料で見学できる。

広くスッキリとした街路と歴史のしみこんだ建築物は、丸の内・大手町に威厳を
与え、そのステータスを高めていると思う。それがなくなったら丸の内の価値も
なくなるわ。

« 韓国旅行(6)ソウルで食事 | トップページ | 丸の内・行幸地下ギャラリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 TMさん。東京駅、最近、東京へは航空機利用になったので、久しく行っていません。丸の内側の煉瓦作りの駅舎は好きなのですけどね。地下通路も奇麗になりましたよね。同僚が東京の丸ビルは丸くないのに何で丸ビルと言うのかと疑問に感じていたので、あれは丸いからじゃなくて「丸の内ビルディング」の略称だと言っておきました。そうですよね?梅田の丸ビルは丸いから丸ビルなんだと思いますが。

アトムズさん、こんにちは。

丸いから丸ビルだなんて可笑しいですね。
もちろん丸の内ビルディングの略です。

でも梅田には丸い丸ビルがあるんですね。
丸ビルとは関係ないですが、最近大阪ミナミに大きな施設が
できたそうですね。

日本列島とくに都会はあちらこちら新装オープンだらけ。
その結果味わいのある古い建物が取り壊されるのは残念です。
赤レンガの東京駅はどうやら保存されるようですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/14811599

この記事へのトラックバック一覧です: 変わり続ける東京:

« 韓国旅行(6)ソウルで食事 | トップページ | 丸の内・行幸地下ギャラリー »