無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 友人の電話 | トップページ | 貧乏ヒマなし »

2007/01/14

湯島天神

今日の新聞に湯島天神の山盛り絵馬の写真が載っていた。

それでフッと思い出した。
そういえば昔、湯島天神でお札やお守りを燃やしていたことがあったっけ。
あれはお正月だったかしら?

そんな機会に是非いっしょに燃やしてほしいものが私にはあるのだ。
父の葬式の時にもらった香典の束だ。亡くなったのはもうずっと昔だが、捨てる
わけにもいかずしまっておいた。

もしかしたら、あの火にくべる神事(何て言う?)をやっているかも知れない。
穏やかな日差しに誘われ、私は湯島天神に行ってみた。

P1020667s

数年前まで上野に勤めていたので湯島天神にはよく来たが、近所をゆっくり散策
するということはなかった。今日あらためて歩いてみると、大通りからちょっと
入った小路などなかなか風情がある。

P1020670s
(干物の味噌漬屋さんか?)

女坂から上がる。いつも他のルートからで女坂は今日が始めてだ。

P1020672s

坂を上がって境内に入ると、露店がずらっと並びお祭りのような賑わいだった。
普段は参拝客も少なく静かだが、お正月から受験シーズンにかけてはまさに書き
入れ時って感じ。

P1020677s

お札を納める場所はあったが、「神様に失礼だから人形や置物などは出さない
ように」との注意書きがあった。香典袋なんてもってのほかだろうね。

P1020678s

仕方ない、また別の神社を探すか‥‥、私はお参りだけして帰ってきた。

P1020682s

ちらほら白梅が咲いていたが、受験生とその家族たちはそれどころでは
ないようだった。皆さん大変だねぇ。

« 友人の電話 | トップページ | 貧乏ヒマなし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 TMさん、こんばんは。湯島天神、昨年、3月末に東京に行った時に寄りました。常宿が東京ガーデンパレスなので、歩いて行けるので、行ってみたのですが…。途中、思いがけず立ち寄れた神田明神が桜満開で、結構、立派だったこともあってか、湯島天神、何だかしょぼかった印象があります。期待が大きかっただけに余計(^_^;)。梅は散り果てていたし、その少し前に行った綾部山梅林に比べると、これまた、かなりしょぼくて、何かがっかりしたのを思い出しました。
 もう、梅が咲き始めているのですね。

アトムズさん、こんにちは。

確かに湯島天神は、名が通っているわりにしょぼい感じがしますね。
明治の頃は、庶民が気楽に参拝にくる下町の神社だったんでしょうが、今はビルの谷間に埋もれ、周囲に庶民の数も少なくなり、普段は訪れる人もまばらです。
まあ外で仕事をしている営業マンなんかには、ちょうど良い休憩スポットでしょうが。

実は元旦に自宅近くの亀戸天神に行ったんですが、すごい人出で参道に入れない人が列を作っていました。もうビックリしてお参りしないで帰ってきました。ここもしょぼい神社なんですけどね。でもその「しょぼさ」が庶民向きなのかも知れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/13492495

この記事へのトラックバック一覧です: 湯島天神:

» 香典相場 香典金額はいくら包めば? [香典の書き方 香典相場]
香典の書き方、香典のマナー知らないでは済まされません、香典書き方、ご存知ですか香典袋の書き方、宗派により、香典の書き方もちがいます、キリスト教の香典の書き方、神道での香典書き方、宗派別の香典袋の選びかた、御霊前と御仏前の違い、ご霊前と書けば仏教以外にも通用します、お通夜のマナーは、お通夜や葬式での香典マナーと香典相場はどのくらい、人がいくら包んでいるのか気になる香典の相場、香典相場の具体的な香典金額から、弔辞の挨拶、弔辞の例文、弔電の文例�... [続きを読む]

» 香典を郵送する場合 [香典の書き方 香典相場]
香典の書き方、香典のマナー知らないでは済まされません、香典書き方、ご存知ですか香典袋の書き方、宗派により、香典の書き方もちがいます、キリスト教の香典の書き方、神道での香典書き方、宗派別の香典袋の選びかた、御霊前と御仏前の違い、ご霊前と書けば仏教以外にも通用します、お通夜のマナーは、お通夜や葬式での香典マナーと香典相場はどのくらい、人がいくら包んでいるのか気になる香典の相場、香典相場の具体的な香典金額から、弔辞の挨拶、弔辞の例文、弔電の文例�... [続きを読む]

« 友人の電話 | トップページ | 貧乏ヒマなし »