無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 「終のすみか」 | トップページ | まだまだリフォーム »

2006/11/11

捨てる技術

水漏れアクシデントから始まった「我が家のリフォーム大作戦」も、やっと目途が
ついてきた。とりあえず床のフローリングだけ、月曜日に工事してもらうことに
なったのだ。

でも業者の予定がいっぱいで、壁のクロス貼りは少し後になる。
洗面台はすぐ交換できるようだが、キッチンの流し台はいろいろ詰めなければ
ならない所があって、まだ見積もりも出ていない。(やれやれ、泣きたい気分)

ここでの難問が家具やら日用品やら部屋にドッサリと置いてある物の片付けだ。
どれもこれもガラクタばかり。でも捨てるといっても簡単にはいかない。
マンションのゴミ置き場に大量に出したら迷惑になるし、ちょっと大きめのゴミは
粗大ゴミとして届けなければならない。

もうこれからは物を買わないようにしよう。溜め込まないようにしよう。
そして思い切って捨てるようにしよう。

ところで「捨てる」といえば、少し前にベストセラーになった本に「捨てる技術」
というのがあった。この本の著者の夫のことがニュースになっていて、それが
とにかくケッサクなのだ。(本当は笑っちゃいけないのだけど‥‥)

その夫は日本画家なのだが、15年ほど前に茅ヶ崎市に貸し付けていた自作の
絵画3,600万円相当が、いつの間にか捨てられていたというのである。
担当者が変わるうちに、その存在に誰も注意を払わなくなって、大掃除の際に
燃やされてしまったらしい。

これだけなら茅ヶ崎市の職員のズサンさを非難するだけで終わりだが、この
画家の妻が書いた本が絡むとちょっと違ってくる。
そのベストセラーの見出しには、こんな言葉が踊っているからだ。

 「捨てるテクニック10か条」
   第1条、見ないで捨てる
   第2条、その場で捨てる

私大笑いしちゃいましたよ、このタイトルを見て。申し訳ないけど。
茅ヶ崎市の職員が「この本を参考にしました」なんて言い訳したら、画家や
奥さんは何て言うかしらね。

« 「終のすみか」 | トップページ | まだまだリフォーム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 TMさん。こんにちは。
 私も「片づけられない女(^_^;)」なんですが、同僚とかの綺麗好き、片づけ上手を見ていると、何でもかんでも捨てていますね。私はなかなか捨てられず、紙切れ1枚も後で要るかも知れないしと取り置いています。引越の時にひとり暮らしなのに3t車が来たし、段ボール箱30箱ありました。それも、特に必要でもない思い出の品やガラクタばかり…。こんなもので収納は一杯になっています。本当に片づけ下手で、下手に片づけるとどこに片づけたか解らなくなってしまうので、返って散らかっている方が良いんです。大体、あの辺りにあったと感覚で覚えていますから(^_^;)。

アトムズさん、こんにちは。
私も、いろんな物をとっておいたんですが、結局使わないんですよね。
「もったいない」という気持ちを振り切って、身の回りをスッキリしようと思います。
捨てると言っても簡単にいかないのが個人的な品々。昔のアルバムなんか、思い切って捨てようと思っているんですが、捨て方が難しい。
父親のお葬式の時に貰った香典袋の束、これなんかどうやって捨てたらいいんでしょう?燃やすのが一番手っ取り早いんですが、狭いマンション暮らしではそれも無理ですし。
使わない食器は、ゴミ袋に入れておいて、燃えないゴミに入れて少しずつ出すことにしました。
ところで私が粗大ゴミとしてマンションのゴミ置き場に出しておいた家具が、一夜明けたら無くなっていました。マンションの誰かが持って行ったんでしょう。500円のゴミ券を貼って、室と名前も書いてあるんですから、一声かけてくれればいいのにと、ちょっと気分がよくないですわ。

お久しぶりです。
自分の部屋もモノ(半分ゴミ)であふれています。
かたづけようと、休みのたびに思うのですが、いっこうにはかどりません。
TMさんの様に思い切らないとだめですね。

>茅ヶ崎市の職員が「この本を参考にしました」なんて言い訳したら、画家や奥さんは何て言うかしらね。

笑ってはいけませんが、本当におもしろいジョークです。

gaoyecnさん、こんにちは。
今日はリフォーム会社の人や工事の人など、全部で4人来てくれたので、フローリングは一日で終わりましたが、まだ壁のクロス貼りという大仕事が残っています。部屋中埃っぽくて喘息になりそうです。
でもフローリングにして部屋の雰囲気がガラッと変わりました。
これからはシンプルライフを心がけ、こまめに掃除するようにしないと。でもこれが口で言うほど簡単じゃないんですよね。

ほんとに物を整理整頓し、捨てるか残すか判断するのってものすごく疲れますよね。
今朝の生ごみでは、賞味期限の切れた冷凍食品と乾物を捨てました。
あっという間に月日は流れ、期限内に食べるの忘れて、もったいないけど捨てやすいです。
どんなものにもそれなりに賞味期限みたいなものはあると思いますが、表示されてないと、ついつい置いてしまいますね。

ろうまさん、こんにちは
すっかりご無沙汰いたしておりました。
着々とお部屋のリフォームされているの、参考になります。
物を捨てるって難しいですね。
神戸に来るまで引越し歴13回、引越しの度に物を捨てていましたがここ神戸に来て既に8年目、生家で過ごした次に長い期間今の住まいに住んでいるので物がどんどんたまっています。そのうちよくテレビで見るごみ屋敷になるのでは?と心配になります。忙しいと片付けられない、物が溜まる、見つからないので新しいものを買う、さらに混乱という悪循環です。活動性も鈍り、私のPCも似た状態でこころぐもすっかり更新していない状態。
先日マリポーサさんが骨折して入院されました。出先で転んで膝の手術という緊急事態にも係らず、友人に自分の部屋の見取り図を書いて必要なものを取ってきてもらったとか。私なら何がどこにあるかまず探すのに一苦労だなぁ、と反省して少し片付けに取り組もうとしているところです。片付けたら中断中の旅行記など再開しようかと思ってます。まぁ望み薄かなぁ。

うららさん、こんにちは。

賞味期限切れの食品、もったいないけど捨てるしかないですね。
私は賞味期限を気にしないほうで、物によっては1~2ケ月過ぎても平気で食べて
しまうんですが、さすがに1年も経ってしまうと捨てるしかないですわ。
ダイエットのためにも成人病対策のためにも家計のためにも、余計な食品は買わ
ないのがイチバンですね。

ところで保存がきく食品といえばお酒ですけど、こればかりはすぐにストックが
無くなります。

HANAさん、お久しぶりです。

マリさんが骨折なんて、どこに災難が転がっているか分かりませんね。
行動的な人ですからジッとしているのは辛いでしょうが、のんびりする好機と
思って養生してほしいです。

リフォームは金銭的にも体力的にもエネルギーがいりますわ。
でもブツクサ言っても仕方ないので、ただ黙々と荷物を片付けています。

片付けるといってもスペースがないんで、リフォームしない風呂場に物を運び
込んだらお風呂が使えず、今日は駅前の天然温泉に行ってきました。
1260円は痛いけど、しばらくは黒湯につかります。

もう物を買わないぞ~と心に誓ったのも束の間、工事の人に「ベッドの重みで
フローリングに傷がつく」と注意され、早速ラグを注文してしまいました。
ヤレヤレ、シンプルライフの道は遠いわ。

そんな状況なので旅行は当分おあずけです。
マイレージ特典で発券した大韓航空(成田→釜山‥‥ソウル→羽田)があるので
一年以内に旅行する予定ですが、いつになることやら。

ところでHANAさん、大連はいかがでした?
数日前の新聞に「日本の若者は上海大好き、日本の中高年は大連大好き」という
ような記事が載っていました。
確かにあれだけ日本料理店があると、食事には困らないですね。
それ以外の大連の魅力は何でしょう?

ろうまさん、こんにちは
大連は楽しかったです。
いろいろ教えてもらったのにご報告しないでごめんなさい。
昔の日本の建物ウォッチングも楽しかったし、中国語のクラスのメンバーとは始めての旅行でしたがよい人ばかりでまたこのメンバーで行ってもよいなぁ、と思ってます。

ツァーだったのですが、私は丸一日観光をパスして自分で路面電車乗ったりしました。
ツァーのほうは土産物屋めぐりが多かったようです。
格安ツァー、はじめての人が多かったけど、中には男性ばかりでリピーターが何人かいました。
ツァーを利用しコピー商品を買い付けている人、夜のデートが目的の人などいろいろでした。
中国は航空券が高いから商売の人もツァーを利用したほうが安く行けるので個人事業主などは利用しているのかもしれません。
私が観光をパスすると言っても没有問題でした。
日本の企業も沢山進出していますから商売はいろいろあるのでしょうね。

ツァーのオプショナルで海鮮料理屋での食事というのがあったのを無視して自分たちで大連一というレストランを予約して行きました。
生簀で生きているのを選んで料理法を指定してというような贅沢を楽しんできました。
メンバーの中に中国語が堪能な人がいて料理法を指示してくれたので助かりました。
個室を予約して行ったのですが、ウニや牡蠣、えび、蟹、蛙などたらふく食べて6人で700元でした。
一人で行くとレストランにはなかなか行けないですが人数いると食事が楽しめますね。

本屋さんに行って中国の子供向けの本を買ったのですが、幼稚園児用の本でピンイン付の本を買ったらCDも付いてきて読み上げてくれて教材としては良かったと思います。
CD付でも安かったです。
それにしても中国の子供向けの本を見てびっくりです。
論語なども小学生必読になってました\(◎o◎)/!
勉強に関してゆとり教育の日本は負けそうですね。

中国は勉強も兼ねてまたあちこち行ってみたいです。

ところでマリポーサさんの回復は順調なようです。
リハビリも始まったとか。
でも15歳から一人暮らしの生活なのに突然の大部屋入院生活は辛かったようです。
ところでマリポーサさん、以前出された英語攻略本が文庫本になって10月に発売されたようです。
近くチェックするつもりです。

HANAさん、こんにちは。
最近の格安ツアーは、もっぱら旅慣れた人が利用しているようですね。観光や買い物をパスできるなら、航空券、ホテルに送迎まで付いているんですから、格安航空券よりお得ですわ。

私も中国各地いろいろ行ってみたいです。今年の7月頃青海湖に行きたかったんですが、青海湖で強力な鳥インフルエンザのウィルスが見つかったというニュースが流れたので止めました。

でもその後かの「青蔵鉄道」が開通して、沢山の観光客があの辺りを通っているわけですから、心配することなかったんですけどね。

マリさんは順調に回復しているようで、まずは一安心ですね。
このアクシデントを機に「夢の印税生活」を始めたらどうかしら。

新しい文庫本は私もチェックしてみます。私の手元にはマリさん本が何冊もあるんですが、なかなか英語力向上に結びつきません。ちゃんと活かさないと著者に申し訳ないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/12642989

この記事へのトラックバック一覧です: 捨てる技術:

» あなたのスタイルに合った家具を選んでみましょう。 [家具 インテリア 情報ナビ]
あなたのスタイルに合った家具を選んでみよう。家具に関する情報を提供していますので、ぜひ活用していってくださいね。 [続きを読む]

« 「終のすみか」 | トップページ | まだまだリフォーム »