無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« みんな大変 | トップページ | 野町和嘉の「アンデス」 »

2006/09/18

敬老の日

新日曜美術館で「石田徹也」という無名の画家を取り上げていた。
(私が知らなかっただけかもしれないけど)

ひと目見たら忘れられない強烈な絵だ。
誰もがこの絵を見て、心のどこかで共鳴するんじゃないかしら。
でもあんな世界といつも向き合っていたら、逃げ場がなくなってしまうような
気がする。

人間もっといい加減じゃないと生きていけないよ。何せ人生90年なんだから。

日本は65歳以上の高齢者人口が20・7%に達し、欧米などで20%を突破して
いる例はないので、国際的にも最高水準の長寿国だと、敬老の日の今日の
ニュースで伝えていた。

でも「めでたい」とばかりも言っていられない。
何せもうすぐ人口の三分の一が65歳以上の高齢者になるんだから。

もっともそういう社会になればなったで、年寄りが働かざるを得ないから、ボケ
てるヒマなんかないかも知れない。
年金で暮らせないとなると、働くしかないものね。

救いは昔の65歳に比べ今の65歳が1decade若返っているってことかな。
朝のニュースショーに出ていた鳥越俊太郎が65歳だか66歳だと言っていた
けど、どうみても高齢者ってイメージじゃないもの。
寿命が延びた分だけ人生も間延びしているんだと思う。

過去に経験のない未知の社会だけれど、若者がその才能を開くことなく死んで
いった戦争の時代を思えば、贅沢は言えないわ。

恵まれた時代に生まれたことに感謝して、ささやかでいいから楽しみを見つけて
暮らしていかなくちゃ。

« みんな大変 | トップページ | 野町和嘉の「アンデス」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/11950029

この記事へのトラックバック一覧です: 敬老の日:

« みんな大変 | トップページ | 野町和嘉の「アンデス」 »