無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 災難はいきなりやってくる | トップページ | いきなり災難(2) »

2006/08/26

いきなり災難(3)

私はずっと部屋のリフォームをしたいと思ってきたが、荷物が多いのでなかなか
実行できなかった。今回はとんだ災難だったが、もしかしたらリフォームの絶好の
チャンスかも知れないと気持ちを切り替え、壁紙とカーペットを交換することに
した。

管理会社から紹介してもらった工事屋さんに見積もりを頼んだのだが、お盆休み
明けからドッと仕事が入ったので9月にならないと工事できないという。
いちおうインターネットでリフォーム会社を調べてみたが、この部屋の有様を
何人もの人に見せて恥をさらしたくないので、けっきょく9月までゴミ屋敷のような
部屋で過ごすことにした。

実はその昔、「Do it yourself !」なんて言葉につられ、自分で壁紙を貼り替えた
ことがある。業者に頼むとお金がかかるので、自分でやっちゃおうと一大決心、
「シロウトでも簡単に貼れる」という宣伝文句の壁紙を東急ハンズで買ってきた。

でも思うのとやるのとでは大違い(誰に聞いても、当たり前だ~と言うけどね)、
古い壁紙をはがすだけでも大仕事でその上貼るとなるともうお手上げ、結果は
悲惨な状態になってしまった。

ところどころ剥がれたパッチワークみたいな部屋では、身内以外は部屋に入れ
られない。後悔しても後の祭りとはこんなことを言うのね‥‥やれやれ。

そんな事情があるから、この機を逃さず、昔の恥をぜ~んぶ取り去ってもらおうと
心に決めたのだ。工事屋さんは壁のパッチワークを見て見ぬフリしながら計測
していたわ。「やっぱりシロウトでは無理ですよ」なんて言いながらね。

リフォーム資金は私が払い込んだ民間保険会社の年金保険から借りる。
それにしても私はとことんお金とは縁がないんだわ。他にもあれこれ縁のないこと
あるけれど、一番縁遠いのは間違いなくお金だわ。

「貧乏人からはお金が逃げていく」という真理をしみじみ実感した私だった。
でもグチっていても始まらない。無ければ無いで何とか生きていけると開き直る
しかない。

もちろん韓国旅行はキャンセルした。9月は部屋の復旧に全力投球しなくちゃ
ならないもの。でも発券ずみチケットは1年間有効なので、近いうちにこのコースで
旅行するのは間違いない。

« 災難はいきなりやってくる | トップページ | いきなり災難(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

TMさんへ
記事を読み良く事情が飲み込めました。
自分もマンションの3階に住んでいるので、他人事とは思えません。
でも、TMさんの記事にあったとおり、都会って本当に便利なんですね。
改めて、都会の良さがわかりました。
 
一日も早くリフォームが完成することを、祈っています。
 

gaoyecnさん、コメント有難うございます。
本当に、どこに災難が転がっているかわかりません。
まあでも起きたことは仕方ないです。

>でも、TMさんの記事にあったとおり、都会って本当に便利>なんですね。

でも地震のときは、便利な施設が障害物になりますから、メリットばかりじゃないですね。今回は都会の便利さの恩恵を受けましたけど。

今後はマンションの老朽化が大きな問題になると思います。

TMさん

それにしても災難でしたね。水道事故は他人事ではありません。気のつけようがありませんが、事故の当事者にならないことを祈るばかりです。

ちなみに、かつて上海の新築マンションに引っ越した後、その夏にいきなり天井から水が漏れてきたことがありました。何でも空調の排水工事が手抜きだった様で。中国では、一年経たないとどんな障害が起きるか予想出来ません。

いつも突発事故と背中合わせの生活をしていたことの緊張感が今は懐かしいですが。

多拿花さん、こんにちは。

トラブルが発生して初めて知ることって多いですわ。
落ち着くまでには、まだまだ時間がかかりそうです。

中国のマンション、ちょっと怖そうですね。
数年後に何が起きるかスリル満点だったりして。

中国の建築現場では竹で枠組み造っていますが、あれは中国独自の建築方法なんでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/11610551

この記事へのトラックバック一覧です: いきなり災難(3):

« 災難はいきなりやってくる | トップページ | いきなり災難(2) »