無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 大連(6)ヘンな博物館に入る | トップページ | 大連(8)現代博物館のつづき »

2006/08/05

大連(7)大連現代博物館

大連にはこれといった目ぼしい博物館、美術館はなさそうなので(あまり良く
調べて行かなかったけれど)、ガイドブックに載っていた「現代博物館」に行って
みた。

広大な星海広場近くにある大連現代博物館は、白亜の4階建てで敷地面積30,400㎡
フロア面積23,000㎡という堂々たる建物だった。でも3階と4階はただ今閉鎖されて
いるとのこと。切符売り場で「それでもいいか?」と聞かれたが、とにかく暑い日で
涼しいところで休みたかったのでチケットを買って入った。

でもこの思惑は外れてしまった。博物館内はほとんど冷房が効いていなかったのだ。
その理由は分からないでもない。入館者がほんの数人しかいないのだから。

わずかな入館者のために、巨大な建物を冷房するのはムダだと私も思う。
地球環境のためにもここは我慢我慢。まあ人のいない広い展示フロアなので、
外にいるよりはお日様が照りつけないぶん過ごしやすい。

1階は大連の歴史フロアで、当然日本統治時代の展示物が多かった。
ここに住んでいた日本人は懐かしさを感じるのではないか。

_078s

_074s

2階は現代大連の産業に焦点をあて、ビジュアルな展示方法で小学生でも楽しみ
ながら学習できるようになっている。日本企業がたくさん進出しているからか、
全体的に日本に好意的な内容だった。中国の博物館では「抗日」をテーマにした
内容が多いが、ここ大連の博物館は過去のいきさつをおいといて実利をとった
のかも知れない。

_069s
(これは売り物でなく博物館の展示品)

今回の大連旅行をきっかけに、私の周辺にも旧満州に住んでいた人が沢山いる
ことが分かった。つらい体験をした人や、当時子供でよく覚えていないという人は、
聞かれでもしないかぎり話さないから、大連港から引き上げてきたという人は
まだまだ身近にいるに違いない。

2_086s
(この大連港から20万人もの日本人が引き上げていった)

« 大連(6)ヘンな博物館に入る | トップページ | 大連(8)現代博物館のつづき »

旅・中国」カテゴリの記事

コメント

ろうまさん、こんにちは
現代博物館というから早とちりして現代アートかと思ってしまってました。映画「胡同のひまわり」を見た影響からかもしれません。現代生活の博物館のようなものでしょうか。まだまだ予習しなくては駄目ですね。金曜日に東京に仕事に行ったついでに観光局に行って大連関連の資料を貰おうと思ったのですが、余りありませんでした。係員の人は最初はあまりやる気なしでしたが、いろいろしつこく聞いてみたら教えてくれました。明日から広州経由で桂林に行く予定ですので、そちらのほうは資料がたくさんありましたが、大連は観光客は少ないのかもしれません。今年は特典航空券と格安ツァーで中国語の勉強を楽しくしたいと思ってます。修行にならなければ良いのですが。原油高とユーロ高でヨーロッパはかなり遠くなっているような気がします。

HANAさん、こんにちは。今はもう広州でしょうか?私も次回は広州に行こうと策を練っているところです。広州からマカオに日帰りで行けるんですね。マカオでポルトガル料理を食べてきたいわ。でも日程の都合があって、予定している日になかなか特典航空券がとれないんですよ。
ヨーロッパは私も当分行けそうにないです。来年あたりヨーロッパorメキシコに行けたらいいな~と思っているんですけどね。ところでHANAさん、中国語は相当上達なさったでしょうね。英語がペラペラのHANAさんですから、中国語の上達も早いと思っていました。中国旅行のお話を聞かせてくださいね。

おひさしぶりです。
大連の旅を楽しく拝見しています。
実は自分も8月21日から24日まで大連旅行をします。
TMさんの記事でも紹介があった大連賓館(旧ヤマトホテル)に宿泊します。
1914年に建造された伝統あるホテルに泊まりたくて、今回の旅を計画しました。

昼は街をぶらぶらするのと、パンダがいる森林動物園やご紹介のあった大連現代博物館に是非、足を運びたいと思います。

gaoyecn さん、こんにちは。
大連はこれといった観光名所はないんですが、日本との深いつながりがある土地だと思うと感慨があります。私は大連賓館のすぐ裏にある博覧大酒店に泊まりました。中山広場は日本統治時代の建築物を見るのに最適の場所ですよ。とくにヤマトホテルは、また行く機会があったら是非泊まってみたいホテルです。博物館では、現代縛物館からそう遠くない所にある自然博物館に行きたかったです。日本に帰国して分かったのですが、あの地域は恐竜化石で世界的に有名なんですって。自然博物館は中国でも代表的な博物館のようです。

gaoyecnさん、追伸です。
さきほどブログを拝見しました。大連には何度もいらしているんですね。北京大学で中国語の勉強をされていたんですから、中国各地もたくさん旅行なさったことでしょう。
中国は広いし歴史も長いので、みどころはいくらでもありますね。無料の航空券を利用して、これからも訪れたいと思っています。

ろうまさん、こんにちは

今桂林です。
桂林3泊広州1泊の予定です。
桂林は観光化されていて外国人も多く割合旅行しやすいです。
私の中国語はまだまだ???の段階で通じないことが多くローカルレストランでは苦労しています。
広州国際空港は新しくなってびっくりしました。
トイレも綺麗になっていて。

また、帰ったら何か報告できれば良いのですけど。

HANAさん、こんにちは。桂林は昔から有名ですから、観光客もたくさんいるでしょうね。

それにしても、中国各地の急激な変化や主な観光地の整備ぶりには目を見張りますね。
外国人観光客も増えているでしょうが、それをはるかに上回る勢いで中国人観光客が増えているような気がします。

広州は中国でも最も大きく変わった街だと、先日のニュース番組で言っていましたが、その辺りの印象はいかがでしたか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/11286199

この記事へのトラックバック一覧です: 大連(7)大連現代博物館:

« 大連(6)ヘンな博物館に入る | トップページ | 大連(8)現代博物館のつづき »