無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 大連(4)レトロな電車で街見学 | トップページ | 大連(6)ヘンな博物館に入る »

2006/07/29

大連(5)経済発展する大連

クラシックな洋風建築とレトロな路面電車にかつての大連をしのぶとしたら、
目覚しい経済発展を続ける今の大連を実感するのが開発区と快速電車だろう。

大連駅のすぐ近くから出ている「快速電車」は2004年に開通したばかり。
真新しいドイツ製の車輌で、日本の最新電車と変わらない。
電車に揺られていると、ここが中国だということを忘れてついウトウトしてしまう。

_040s
(誰も乗っていないのは、帰りの始発駅金石灘で写したため)

途中工業団地の「開発区」を通り終点のリゾート地「金石灘」まで、料金は8元
(120円)、所要時間終点まで50分。(開発区までは4元)

快速電車の大連駅に自動販売機があったので、ちょっとヨレヨレなのを気に
しながら10元札をそっと差込口に入れたら、無事カードとおつりが出てきた。
このカードをsuicaのように改札口でかざして通る。

中国ではバスに乗るときもバッグごとセンサーにあてて乗る人が多い。
かなり分厚いカバンでも「ピッ」と反応しているから、よっぽど強い電磁波が
出ているんだろう。
東京ではバッグごとセンサーにあてている人をあまり見かけないけど、大阪の
ほうはどうなのかな。

開発区は電車の窓から眺めただけだけど、ビルが林立する計画都市という印象
だった。

ここには日本企業がたくさん進出しているようだ。
ホテルにあった日本語情報誌には、「1984年に認可を受けた中国初の国家
クラスの経済技術開発区。もともと日本を視野に入れていたので、現在約1700社
の企業が進出中、日系企業も約500社」と書いてあった。

118s
(こんな立派な情報誌が何冊もホテルにおいてあった)

私が帰国する日は日曜日だったせいか、大連発の日本行きは東京がANA、JAL
とも2便ずつ、他にも日本各地への直行便が何便もあった。
大連にはこれといった観光名所がないから、訪れる日本人の大多数はビジネス客
と言っていいだろう。

電車が開発区を過ぎ終点の金石灘に近づくと、ちょうど成田空港周辺のように
緑の山野風景になる。でもここにリゾート施設や高級マンションが建つのも時間の
問題だろうな。

_025s
(モダンなデザインの金石灘駅)


« 大連(4)レトロな電車で街見学 | トップページ | 大連(6)ヘンな博物館に入る »

旅・中国」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
今回、自分の大連旅行は動物園、水族館、テーマパークとなぜか、賑やかなところばかりになってしまいました。
ただ、天候にも恵まれ、たくさん歩くことができたので、過去2回より充実していました。
宿泊した大連賓館【(大連ホテル)=ヤマトホテル】は伝統を感じるホテルでした。

gaoyecnさん、大連旅行の写真を拝見しました。
日本人観光客があまり行かないようなところですが、とっても楽しそうな場所ですね。

中国人はテーマパークが好きですね。
私は「三国志」のテーマパークに行ってみたいのですが、あれは何処にあったかしら?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/11137177

この記事へのトラックバック一覧です: 大連(5)経済発展する大連:

« 大連(4)レトロな電車で街見学 | トップページ | 大連(6)ヘンな博物館に入る »