無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 大連(5)経済発展する大連 | トップページ | 大連(7)大連現代博物館 »

2006/07/29

大連(6)ヘンな博物館に入る

ガイドブックによると、金石灘は海岸やゴルフ場などがあるリゾート地で、今後は
テーマパークなどもオープンするようだ。

保養や娯楽のためのエリアだからだろう、金石灘駅前広場には観光タクシーや
観光馬車が待ち構えていた。

_0242s

電車に乗るのが目的だった私はすぐまた引き返すつもりだったが、ガイド
ブックを見ると近くにミュージアムがあるようなので、せっかく来たのだからと
立ち寄ることにした。

海岸から反対方向に駅から5分ほど歩くと、映画のセットのような白い建物が
視界に飛び込んできた。他にめぼしい建物は見当たらないから、これがきっと
「蝋人形館」「毛沢東バッジ館」「貴石の館」(←正式名称は別)だろう。

_027s

右手の本館風建物が「蝋人形館」だが興味ないのでこちらはパス、左隣の小さめの
建物に入る。ここは1階に「貴石」、2階に「毛沢東バッジ」が展示されていて、
入場料はそれぞれ10元ずつ。

それにしても蝋人形と石と毛沢東、この組み合わせ、いったいどういうポリシーが
あるの?おまけにホワイトハウス風の館ときている。

でも中国人観光客向けの施設ということなら理解できないでもないかな~。
大型バスで中国人団体が来ていたから、ターゲットはそっちなんでしょうね。
観光地らしさが大事なんじゃないかしら。

年のせいで最近小さいものが見えにくいので「バッジ」はやめ「石」を見ることに
した。

_0362s

入口にはお土産売り場もあって、中国各地で拾ってきた(?)石が売られていた。
石が好きな人には楽しめるかも知れない。

_0382s

入口で冷えた緑茶のペットボトルを買って飲んだ。天然蜂蜜入りとあってほんのり
甘い。ほっと一息つきながら、「ディズニーランド風の建物に毛沢東バッジとは!
毛沢東ももうすっかり歴史上のアイドルになってしまったんだなぁ」と、時代の
移り変わりをしみじみ感じる私だった。

« 大連(5)経済発展する大連 | トップページ | 大連(7)大連現代博物館 »

旅・中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/11143027

この記事へのトラックバック一覧です: 大連(6)ヘンな博物館に入る:

« 大連(5)経済発展する大連 | トップページ | 大連(7)大連現代博物館 »